アート好きにうれしいニュースです! 2018年12月8日(土)、アニエスベーが日本初進出となるアートギャラリー「アニエスベー ギャラリー ブティック」を青山店2Fにてオープンします。

「アニエスベー ギャラリー ブティック」が青山店2Fにオープン!

アニエスベーといえば、パリで運営するアートギャラリー「ギャラリー デュ ジュール」で、長年にわたり若手アーティストの育成や優れたアート作品の収集を行っていることでも知られ、本国フランス以外でのギャラリーオープンは、N.Y.と香港に続いてここ日本が3か所目。

都心の一等地で100平米!開放的な展示スペース

「ギャラリー デュ ジュール」監修のもと、コンテンポラリーアートを中心にドローイング作品など国内外のアート作品を展示予定という「アニエスベー ギャラリー ブティック」は、青山という最高の立地に100平米のスペースを構え、見ごたえもばっちり。

展示スペースのほか、自社出版の書籍などをそろえたミュージアムショップや、渋谷の「フェイスレコード」がセレクトしたフレンチ専門セクションと、アニエスべーセレクションで、ニューウェーブやポストパンクなどのビンテージレコードを扱うレコードストアも併設されます。

アーティストの世界観を広げやすい、広々とした空間の展示スペース。©Hiroyuki Arakawa
自然光が入るクリーンなギャラリー。©Hiroyuki Arakawa

オープン展で話題のアーティスト・ロースターが来日!

アーティスト・ロースターのドローイング作品©ROSTARR Mr.Ochazuke(2017)

さらに、ギャラリーのオープンを記念して、オープン日の2018年12月8日(土)から2019年2月3日(日)までの期間にN.Y.のブルックリンを拠点に活躍する国際的なストリートアーティスト・ロースター(ROSTARR)の『PAREIDOLIC BEHAVIOUR展』が開催されます。

今回の展示では、ロースターが自身のスケッチブックから抜粋した1998年から現在までの世界未発表を含む貴重なドローイング130点が登場。ギャラリーのオープン日にはなんとロースター本人が在廊予定なので、世界観をより深く感じるならぜひとも足を運んでみて。

ロースター(ROSTARR)/'90年代からN.Y.のブルックリンを拠点に活躍。ストリートカルチャーを背景にしているアーティストとして、国際的に大きな注目を集めている。©Damien Vignaux

アニエスベー ギャラリー ブティック

  • ギャラリー営業時間/13:30~18:30(月曜定休)
  • TEL:03-3406-6010
  • 住所/東京都港区南青山5-7-25 ラ・フルール南青山2F

ROSTARR「PAREIDOLIC BEHAVIOUR展」詳細

  • 開催期間/2018年12月8日(土)~2019年2月3日(日)
  • ※12月8日(金)はアーティスト本人が在廊予定
  •  

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
大貫香織
TAGS: