冬の装いをさらに暖めてくれる高級ブランドのストールを、コーディネートも交えながら一挙に20枚、ご紹介します。シンプルを極めたものや、ゴージャスなものなど、タイプの異なるストールをファッション誌「Precious(プレシャス)」よりまとめてご紹介します。冬のスタイリングの参考になれば幸いです。

【目次】

人気ブランドのカシミヤストール


【1】ベグ アンド コーのベージュ系カシミヤストール

カシミア独特のさざ波のように美しい表情をもつ『Arran』
ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

スコットランド生まれのストールブランド「ベグ アンド コー」。ほんのわずかしかとれないホワイトカシミヤを使用した『Arran』コレクションは、贅沢な光沢感とふっくらとした温もりが魅力。このストールのほか、ショールやマフラーなど4サイズ、さらに33色とカラー展開も豊富です。

【2】ベグ アンド コーのグレー系カシミヤストール

スコットランドが誇る美しい艶感とソフトな風合い
ストール(和光〈ベグ アンド コー〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

創業150年を超えるスコットランドの老舗ブランド「ベグ アンド コー」のベストセラーのカシミヤストール。美しい色味、やわらかな肌触り、防寒性も十分で、真冬の間じゅう大活躍すること間違いなしです。

ハイブランドのストール


【1】エルメスのカシミヤ大判ストール

ウォーミーなチェック柄を艶やかなレザースカートがシャープに引き締めて
ストール(エルメスジャポン)、スカート(Vince 表参道店)、ニット(wb)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ダークトーンの装いに華やぎをもたらす、タータンチェックのカシミヤ大判ストールは高級ブランド「エルメス」のもの。温かな風合いは、黒レザーのクールな表情と好対照。印象の異なる素材を組み合わせることで、メリハリが生まれ、絵になる着こなしに。

【2】フェンディのニットストール

月2回のペースで通うなじみのネイルサロンで今年最後のメンテナンス
ストール・コート・ニット・パンツ・バッグ『ピーカブーエッセンシャリー』・別売りのショルダーストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トラベルミンクのジレは、フードと身ごろのネイビーパーツを外して、ショート丈にアレンジ。ラグジュアリーブランド「フェンディ」のFFロゴのニットストールをぐるぐる巻きにしてポイントに。

【3】フェンディのファーストール

ハウスクリーニングを頼んで朝から自宅の大掃除。夜は映画館で最新作を鑑賞
ストール・ニット・パンツ・バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・別売りのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

伝統的なインレイ手法で、グレーに黒と白のファーを少量ミックスした、ボリューム感のあるフォックスのストールをひと巻きしてつくる、ゴージャスな冬の休日スタイルです。

【4】フェンディの黒ファー×ベルベットのストール

営業・広報支援で携わるパティスリーの顧客イベントを開催
ストール・ワンピース・バッグ『ミニ ピーカブー』・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ひざ下丈の上品なネイビーワンピースには、グレージュ×ブルーのバイカラー使いが魅力のバッグとファーストールをアクセサリー感覚で添えて、華やかさを演出します。

【5】フェンディのファーストール

ラグジュアリーな巻き物ひとつで冬のシンプルスタイルがパッと華やいで!
ストール・ニットワンピース(フェンディ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

冬旅でのドレスアップに重宝するのが、黒のリブニットワンピース。存在感のあるハイブランド「フェンディ」のファーストールがひとつあれば、こんなにも華やかに。ストールはウールカシミヤ地に毛足の長いファーがあしらわれ、先端に大きなポケット型のロゴ入りフォックスファーを合わせたもの。至福の温もりが楽しめます。

【6】フェンディの黒ファー×ベルベットのストール

この一年、お世話になった方々に年末のご挨拶回り
ストール・パンツ・コート・バッグ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

モノトーンのシンプルシックなパンツスタイル。バッグとストールの立体的な素材感で、リッチな華やかさが加わります。

【7】フェンディのファーストール

ベルト付きのファーストール
コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール・バッグに巻いたスカーフ(フェンディ ジャパン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ・バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

クリーミーカラーを重ねて、洗練された佇たたずまいを目指したら、ブルーグレーのフェンディのファーストールをアクセントに。バッグのハンドルはビタミンカラーのスカーフでアレンジを加えて、フレッシュな「巻き物」スタイルを完成させて。

イタリア高級ブランドのストール


【1】アニオナのグレーストール

0
ストール・フーデッドジレ・リブニット・パンツ・グローブ(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(八木通商〈ダニエル&ボブ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/崇髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

濃淡のグレーのカシミヤニットを贅沢に重ねたレイヤードスタイルは、おしゃれを熟知した大人の女性の真骨頂。さりげなくちりばめたミンクファーも心憎いばかり。あえて目立つ色は入れずに、ワントーンで。グローブとおそろいのカシミヤニットストールは、ミンクファーをライン状に編み込んだ、ハイブランド「アニオナ」らしいデリケートなデザイン。

【2】ブルネロ クチネリのチェックストール

今年らしい英国調チェックの大判ストール一枚でリラックス
アルパカウール混のストール・カシミヤのニット・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、シルバーバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

素敵なブランドものの大判ストールが一枚あれば、一日スエットパンツで過ごしてもゆったりが様になります。ラメが煌きらめくチェックのストールは赤を基調に、パッと明るい雰囲気に。スエットパンツもウールカシミヤ入りで贅沢な温もりが。

【3】ブルネロ クチネリの白ストール

ほんの少しきちんと感が欲しいときは白シャツの力を借りて
カシミヤストール・パンツ(ブルネロ クチネリ)、ニット・靴(イレブンティ)、シャツ(ジル サンダー)、サングラス(ロンハーマン)、バッグ(エルメス)、ファーベスト(オーダー品) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレー系の発色が得意なイタリアのラグジュアリーブランド「ブルネロ クチネリ」のストールとパンツの魅力を最大限に生かしたスタイリング。グレージュ×グレーの微妙なグラデーションに、白シャツとブランドストールを効かせることで、全体がくすまずに、きちんと感もアップします。

【4】ロロ・ピアーナのグリーンストール

0
ニット・カシミヤのストール(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ダブルフィンガーのリング・バングル(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ざっくりとした編み目に風合いのあるカシミヤニットとストールは、休日ならではのおしゃれの楽しみ。しっとりとしたグリーンが、ナチュラルで優しい時間に似合います。

【5】ロロ・ピアーナのオフホワイトストール

カジュアルに自信が生まれる研ぎ澄まされた気品
コート・ニット・デニム・ストール(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

透き通るような白は、降り積もったばかりの雪のよう...! フードや大きなパッチポケットなど、一見「ダッフルコート」を連想させる愛嬌のあるジャケットコートはロロ・ピアーナのもの。ベビーカシミヤ100%×ダブルフェイス仕様だから、ここまで高級感漂うルックスに。同系色のストールも同ブランドのもの。

【6】ロロ・ピアーナのブルーストール

コンパクトにねじったらタートルに沿わせて
ストール・コート・ニット(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ストールは、微妙に異なる4色のブルーを見せつつ、くるくると細くねじったら、タートルニットに沿うように二重巻きにしてさらに前で固定。余った端はバラバラにほぐし遊ばせて。

人気ブランドのストール


【1】ウィークエンド マックスマーラのグレーストール

ブランケット感覚の暖かさと存在感で冬ならではの着映えを堪能
ストール(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、コート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

インナーは縦のラインを強調するネイビーで統一。グレージュとのメリハリを効かせる配色ワザで、キリッと辛口なカジュアルが完成します。さらにミドルグレーのブランドニットストールを広げて肩がけすれば、色使いに奥行きが生まれ、ぐっとこなれた印象に。

【2】ランバンのフォックスファーストール

ミックスファーのストール
ストール(ランバン ジャパン)、コート(MOGA)、ニット(Theory luxe)、スカート(wb)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

表情の異なるミンク&フォックスファーの高級ブランド「ランバン」のストールで、冬のブラックコーディネートに華を添えて。白がアクセントになったスリーラインが、モダンな印象をもたらします。ファーの存在感を生かすように、リングやバッグは黒で控えめに。

【3】ベグ アンド コーのグレーストール

ロイヤルブルーとの目新しい色合わせが生むグレージュの新表情
ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ニット(ウィム ガゼット 青山店〈アルダニー〉)、コート(ブラミンク)、デニム(ヤコブコーエン GINZA SIX)、手袋(キートン)、ピアス(ザ・ショーケース GINZA SIX店〈シェイスビー〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ダッフルコートのラフな雰囲気も、グレージュのニットとストールが醸し出すしなやかな上品さと組み合わせれば、大人の余裕あふれる着こなしが実現します。ホワイトデニムがリッチな抜け感づくりのポイントに。

【4】キートンのピンクストール

ハイトーンでまとめたフェミニンな配色とシルエットに心ときめく
ストール(キートン)、ジレ(Theory luxe)、ニット(ウールン商会〈バリーニットウェア〉)、スカート(REYC)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京〈フランク ミュラー〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュのフォックスファーのジレを起点に、白のカシミヤニットとほんのりピンクのスカートやピンクのブランドストールでグラデーションを描いた、スカートカジュアル。

【5】ADOREのファーストール

フォックスファーのグレージュストール
ストール(ADORE)、ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、バッグ(yoshie inaba)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

白ワンピースにボリュームのあるファーストールとカラーパンプスをトッピングした、パーティスタイル。