顔が縦長に見えてしまう面長顔。そんな面長顔を縦長に見せないヘアスタイルを提案してくれるのがRamie GINZA副店長の寺尾拓巳さん。

「輪郭が気になる時の正解は、毛先には厚みとボリュームを持たせること。フェイスライン付近の毛量がさみしいと、より縦長の輪郭を強調させるだけでなく、幸薄に見えてしまうこともあるからです。顎先に厚みを持たせることで髪全体のシルエットが菱形に。顔の重心もグッと引き上がって若々しい印象にもなれますよ」(寺尾さん)

顎先にボリュームを持たせるだけでなく、前髪を長めにつくるのも顔型をカバーするポイントなのだそう。

「前髪は、軽く、薄くするのが今のトレンド。面長さんの場合は、前髪をサイドに流しながら肌が透けるように薄く切る。すると顔の露出部分も菱形になり、縦長な輪郭が気にならなくなります」(寺尾さん)

寺尾さん渾身のヘアスタイルは、面長顔だったことを忘れてしまう完成度! ぜひ参考にしてみてください。

■髪型:細かい毛束がふわふわ動く、美しいシルエットに注目!

面長顔のミディアムヘア代表:相原彩子さん(40歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

相原さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「ベースは毛先に厚みを残したボブスタイル。トップの表面に狭い幅のレイヤーを、毛先に厚みが出るように段も入れています。トップ、毛先、顔周りを巻くだけで、華やかに仕上がります」(寺尾さん)

■スタイリング: 巻くたびに崩すことで、今っぽい仕上がりに

「一気に巻いて、最後に崩すと、髪全体のシルエットが想像と違うスタイルになることも。髪をアイロンで巻く時は、1束巻くたびに手のひらで崩すのが、失敗しないコツです!」(寺尾さん)

スタイリング前

■1:頭頂部をこすりながら、根元にドライヤーを当てる

根元をしっかりとこすることで髪が立ち上がる。髪を左右前後いろいろな方向に振りながら乾かして。

■2: 毛先をすべて内側にワンカール

アイロンは32mmを使用。毛束はランダムにとってOK。

■3: 顔周りの髪を内巻きにする

耳より前の毛束を一気に巻くのがポイント。毛束の中間から毛先までしっかりと巻き込んで。逆サイドも同様に。終わったら、耳後ろの毛束もざっくりととって、数回に分けて内巻き、外巻きと交互に巻いていく。

■4:表面の髪を部分的に巻く

表面の毛束を2cm幅くらいとって毛先から根元まで外巻きにする。左右と後ろの3箇所くらいを目安に巻いて。

〈面長顔ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. トップと前髪は根元をこすって起こす
  2. 巻く時は1束巻く毎に崩す!
  3. パサつきが気になる時は最後にオイルをなじませて

「最後にヘアオイルを馴染ませて、みずみずしさやツヤ感を与えるのもおすすめです。せっかくきれいに巻けても髪がパサついたり広がってしまうと台無しです」(寺尾さん)

Ramie GINZA副店長・寺尾拓巳さん。最近、ボクシングにハマっていると言う寺尾さん。「オルタナティブボクササイズに通っています。1レッスンで1,000キロカロリーも消費できるんですよ。毎回なまった体が悲鳴をあげます(笑)」

問い合わせ先

  • RamieGINZA 
  • 住所/東京都中央区銀座5-5-14 GINZAGATES 9F
  • TEL:03-3569-1171
  • 営業時間:火・水 11:00 ~ 20:30 木・金 11:30 ~ 21:00 土日祝 10:00 ~ 19:00
  • 定休日:月曜
安心感とリラックス感を与えてくれる「RamieGINZA」。上質を求める大人の女性を満足させてくれると好評。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑