年齢を重ねるうち、今まで似合っていたはずのヘアスタイルがしっくりこない…と感じることはありませんか?その原因は、ボリュームを出す場所にあるのかも。

air-GINZA centralの店長・高山大輔さんによると、「年齢によって、どうしても顔の重心は下がってきます。その変化に合わせて重心を上げるようにヘアスタイルも変えないと。リップラインより上にボリュームをつくるのがポイントです」

どうやってボリュームを上につくるのか、そのテクニックを紹介します。

【お悩み】パサついて広がる髪を落ち着かせたい!

ショート代表:大西和子さん(44歳/会社員)のお悩みを解消するには…

■髪型:自然な動きが出るように、トップにレーヤーを入れたボブスタイル

完成
サイド
バック

大西さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

高山さんが提案するこのスタイルは、髪がパサつきやすく、トップにボリュームが出にくい大西さんにぴったり。「ボリュームをリップラインより下に持ってくると、口角まで下がって見えます。ボリュームをより高い位置につくるだけで、若々しい印象になるんですよ」(高山さん)

■スタイリング:トップからサイドはふんわり、裾はキュッと引き締めてメリハリをつくる

「分け目がペタッとならないように、カールアイロンとカーラーでふんわり感をつくります。そのぶん耳のあたりの髪をタイトにまとめてメリハリ感をつくると、顔立ちをシャープに見せる効果もあります」(高山さん)

スタイリング前

■1:頭頂部よりやや後ろの髪を垂直に立ち上げるようにして、毛先をワンカール

カールアイロンで毛先から後ろ方向に巻く。

■2:マジックカーラーで前髪、頭頂部よりやや前、両サイド2段を内巻きに

毛先から巻き込むように7つのカーラーで内巻きにする

■3:指先にワックスをなじませ、耳周りの髪をなで付けるようにして耳にかける

ちょっと固めのワックスで髪をなで付けるようにして耳にかける。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■ボリュームゾーンはリップラインより上につくる
  2. ■頭頂部の毛先を巻くときは毛束を垂直にのばし、根元を立たせることを意識
  3. ■耳周りの髪は、タイトにまとめてメリハリをつくる

「うねって広がりやすい髪もカーラーで巻くことで、扱いやすくなります。分け目が立つようにスタイリングしているので、白髪が目立ちにくいメリットもあります」(高山さん)

air-GINZA central 店長・高山大輔さん。カメラにハマり一眼レフを購入。「風景を撮るのが楽しくて。いつか星空を撮りに行きたいですね」

問い合わせ先

  • air-GINZA central
  • 住所/東京都中央区銀座6-9-3 銀座AKビル5F
  • TEL:03-3573-6565
  • 営業時間:11:00~21:00 日祝日10:00~19:00
  • 定休日:火曜
みゆき通りが交差する銀座の中心にあるまさにプレミアムサロン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑