美容賢者が効果を実感! 「エイジングケア・コスメ」の真名品

着実に美しさを積み重ねていくには慣れ親しんだコスメに固執することなく、最新ワザで加齢トラブルの原因を抹消していく…。肌老化に立ち向かうにはこの方法しかありません。

そのためにはどのコスメでどう対処するべきか──。コスメの知識が豊富なベテラン美容賢者と名品&新名品コスメを選び出し、もう一度ふるいにかけ、今、最も勢いがあり老化対策に特化した“真実の名品”を選定しました。

そこで今回は、ビューティエディター・安部佐和子さんが選ぶ「シワ対策」の真名品と新名品をご紹介します。

【シワ対策の真名品】妥協のない研究開発が実を結んだ! もうシワは怖くない! ブームをつくった真名品、期待の新名品

かなわぬ夢だったシワ消しは、化粧品で解決できる時代へ

かつて、“シワは美容医療でしか解決できない”といわれていたのが、今から20年以上も前。欧米ではボトックスやヒアルロン酸注入といった美容医療メソッドが、一世を風靡、シワに抗う化粧品が影を潜めた時代がありました。

でも、遺伝子解析技術や美容医療の進化に伴い、それらの技術を賢く応用してシワという難題に挑む化粧品が誕生するように。今でも絶大な人気を誇るアルビオンやヘレナ ルビンスタインの真名品たちがそうです。

もしかしたら美容医療に頼らなくてもなんとかなるの? という期待が高まるなか、2017年、日本発のシワ改善美容液がポーラから誕生。この「リンクルショット メディカルセラム」の出現によって、化粧品でシワは改善できる時代へと、大きく躍進します。

これらの名品は、今なお揺るぎない人気を博していますが、次なる候補生たちも続々とスタンバイ。レチノールやiPS細胞研究を応用した資生堂とコスメデコルテ、そして、コラーゲン生成機能を再起動させるシスレーなど、新たなアプローチでシワケアの名手として名乗り出ているのです。

いずれも、機能一辺倒ではなく、日本人好みのテクスチャーや使用感など、使い続けたいと思わせる上質感を追求したもの。「化粧品でシワをケアする」という発想は、単なるブームではなく、私たちのスキンケア習慣に、確実に根づき始めているのです。

■1:まるで再生医療並み!? 深く落ち込んだシワの凹みを押し上げる「アルビオン ライン ターミネート マキシマム」

アルビオン ライン ターミネート マキシマム 30g ¥30,000
アルビオン ライン ターミネート マキシマム 30g ¥30,000

皮膚を再生する独自成分と表情筋の過剰収縮、緊張を解消する成分を含み、即効的かつ根本的に表情ジワを消すことに特化。肌の内側から厚みとハリが生まれます。

【使用手順】
朝晩、お手入れの最後に使用。指先に適量をとり、目元、口元、額、眉間になじませる。

問い合わせ先

■2:ヒアルロン酸とは? 美容液でその正体を明かした注入コスメ「ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プロ フィラー コンセントレイト」

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プロ フィラー コンセントレイト 30ml ¥35,000
ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プロ フィラー コンセントレイト 30ml ¥35,000

世界でも有数の美容機関である「ラクリニック・モントルー」の先進の美容技術を取り入れたライン。まるでヒアルロン酸注入のような手法で深いシワを消してくれます。

【使用手順】
朝晩、化粧水、アイケアのあと、適量を顔全体にのばす。シワが気になる部分には重ね塗りを。

問い合わせ先

■3:15年かけて開発。抗シワ医薬部外品ブームの火付け役「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」

ポーラ リンクルショット メディカル セラム 20g ¥13,500(医薬部外品)
ポーラ リンクルショット メディカル セラム 20g ¥13,500(医薬部外品)

コラーゲンを壊す酵素の働きを抑えて、シワの根本原因を取り除く“ニールワン”を配合。シワを改善する医薬部外品として、ブームを巻き起こした逸品です。

【使用手順】
化粧水、美容液のあとに使用。やや固めなので化粧水はたっぷりと塗布しておくとなじみやすい。

問い合わせ先

■4:純粋レチノールのシワ消し威力を世に知らしめた功労者「資生堂インターナショナル バイタル パーフェクション リンクルリフト ディープレチノ ホワイト4」

資生堂インターナショナル バイタル パーフェクション リンクルリフト ディープレチノ ホワイト4 15g ¥12,000(医薬部外品)
資生堂インターナショナル バイタル パーフェクション リンクルリフト ディープレチノ ホワイト4 15g ¥12,000(医薬部外品)

薬用有効成分「純粋レチノール」がヒアルロン酸を生み出しシワを改善し、加えて美白有効成分がメラニン生成を抑制するので、シワもくすみも一掃してくれます。

【使用手順】
お手入れの最後に、小さなパール粒1個分を指先にとり、シワが気になる部分に優しく塗布を。

問い合わせ先

■5:iPS細胞研究を通じて独自成分を新開発。深いシワも消し去る「コスメデコルテ iP.Shot アドバンスト」

コスメデコルテ iP.Shot アドバンスト 20g ¥10,000(医薬部外品)
コスメデコルテ iP.Shot アドバンスト 20g ¥10,000(医薬部外品)

iPS細胞を用いたミトコンドリア研究から生まれたシワ消し美容液。活性酸素消去能力を回復させて、コラーゲン産生力が高まり、ハリが生まれ、凹みを消去。

【使用手順】
化粧水と混ざるとバーム状に変化して密着。目元、口元のシワが気になる部分に優しく塗布する。

問い合わせ先

■6:加齢で眠ってしまったコラーゲン生成機能を覚醒させる最新手法「シスレー シスレイヤ インテグラル コンセントレート デイリー ライン セラム」

シスレー シスレイヤ インテグラル コンセントレート デイリー ライン セラム 30ml ¥50,000
シスレー シスレイヤ インテグラル コンセントレート デイリー ライン セラム 30ml ¥50,000

エイジングのメカニズムを研究し、コラーゲン生成機能を覚醒させると同時に、肌の土台となる真皮の密度を高める。深くなってしまった表情ジワに対応してくれます。

【使用手順】
朝晩の化粧水のあとに使用。2プッシュを手のひらにとり、塗布後はマッサージすると効果的。

問い合わせ先

※掲載した商品はすべて税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
安倍佐和子さん ビューティエディター
BY :
『Precious2月号』小学館、2019年
化粧品会社、出版社勤務を経て独立。ビューティ・エディター、美容ジャーナリスト。女性誌や美容誌で編集・執筆活動を続けるほか広告、化粧品マーケティングなど幅広い分野で活躍。ホメオパスの資格を有し、フィトテラピーアドバイザーのスキルも。モード系メイクからサイエンス、ホリスティック系まで得意な分野は幅広い。著書に『人と比べない美人力の磨き方 美容エディター安倍佐和子のmy BEAUTY rules 』(講談社)がある。 好きなもの:ハワイ、海、サーフィン、Paris、旅、ダイヤモンド、ワイン、猫、草間彌生、パワースポット、天照大神、箱根神社、北欧デザイン、“イッタラ”、“ アラビア”、月美容、オーガニック、フィトテラピー、ADELE、桃、京都、温泉、赤倉観光リゾート&スパ
公式サイト:公式ブログ
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)