女性をスラっと優美に見せてくれるパンツのコーディネートを、カラー別(黒・グレー・ベージュ・ネイビー)にご紹介します。また、ワイドパンツやきれいめパンツを使ったコーディネートも取り上げていますのでチェックしてみてください。

【目次】

黒パンツのレディースコーデ


【1】インコテックスの黒パンツ×ベージュコート

【1】インコテックスの黒パンツ×ベージュコート
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、コート(ロエベ ジャパン)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ストール(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

チョコレートブラウンのシックな艶で、リッチな顔映えがかなうニッティングストールをひと巻き。キャメルのコートとシックな黒パンツのコーデを、よりいっそう上品に演出できます。

【2】マザーの黒パンツ×白カーディガン

【2】マザーの黒パンツ×白カーディガン
パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、靴(リエート〈サントーニ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

白カーディガン、黒パンツ、グレーのニットと、モノトーンでまとめたスタイル。さらに自分でもほれぼれするほど優美な手元を演出できる手袋をセレクト。

【3】マザーの黒パンツ×グレージュコート

【3】マザーの黒パンツ×グレージュコート
パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートと大判ストール、パンツの合わせ技で寒さ対策。大判サイズでも素材がしなやかなのできゅっと巻けるのがうれしいポイントです。

【4】アクリスの黒パンツ×ロイヤルブル―ニット

【4】アクリスの黒パンツ×ロイヤルブル―ニット
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(エミリオ・プッチ ジャパン)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

広い空間にも映える華やかロイヤルブルーのニットには黒のシンプルパンツを合わせて。

【5】アクリスの黒パンツ×赤ジャケット

【5】アクリスの黒パンツ×赤ジャケット
パンツ・ジップアップジャケット・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ダブルフェースのカシミヤのジップアップジャケットは、スポーティーなのに決してラフにならない上質さが魅力。後ろ身ごろがやや長くなり、ヒップ周りがカバーできるAラインのシルエットも、大人好みです。黒の細身パンツと白スニーカーを合わせ、軽快に着こなしましょう。

グレーパンツのレディースコーデ


【1】Theoryのダークグレーパンツ×白ニット

【1】Theoryのダークグレーパンツ×白ニット
パンツ(Theory)、マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、ミトン(カオス丸の内〈ソフィア ジー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

華やぎオーラ満載のリッチホワイトのカシミヤマント。手元に添えたのはファーのミトン。マントの白に自然となじむオペークベージュは絶妙な活躍カラーです。ボトムスはダークめのグレーをチョイスしたら、大人かわいいテイストもシックに決まります。

【2】Theoryのダークグレーパンツ×グレーニット

【2】Theoryのダークグレーパンツ×グレーニット
パンツ(Theory)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、イヤーマフ・ミトン(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(シシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ニット&パンツのワンツーフィニッシュの着こなしに、小物使いでしっかり防寒。ともすると幼く見えがちなミトンやイヤーマフは素材と色を厳選しましょう。カール ドノヒューの上質なトスカーナラムなら大人っぽく決まり、ウォームグレーの色調もシックな雰囲気を高めてくれます。

【3】インコテックスのダークグレーパンツ×白カーディガン

【3】インコテックスのダークグレーパンツ×白カーディガン
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ストール(三喜商事〈イレブンティ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ダークグレーのパンツとブラウスできちんと感を意識した着こなし。トレンド感のあるグレンチェック柄のストールは、さりげないアクセントとして活躍します。

【4】ヤクのグレーパンツ×グレーニット

【4】ヤクのグレーパンツ×グレーニット
ヤクのパンツ・プレインピープルのニット・デザイン バイ ソニアのペンダント(プレインピープル丸の内)、ニットジレ(サードカルチャー〈マチルダ カシミヤ〉)、フロアランプ『ツィギー レットゥーラ』(カッシーナ・イクスシー青山本店)、ソファ・テーブル・ラグ『マハラム セミスラグ』(ハーマンミラーストア)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

室内でこそ活用したいニットのロングジレ。動きやすいだけでなく、軽くはおるだけで佇いが変わるので、いつものパンツ&ニットスタイルが一気にあか抜けます。グレージュトーンを重ねて心安らぐ配色に。

ベージュパンツのレディースコーデ


【1】ブラミンクのベージュパンツ×黒ダウンジャケット

【1】ブラミンクのベージュパンツ×黒ダウンジャケット
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ヘルノのアウターはエレガントなラインで、品よく見えるのがうれしい。ブラミンクのニットパンツや、ムートンブーツで足元の寒さ対策もしっかりと。セリーヌのボトルネックニットとボトムの色を淡いトーンでつなげて、ダウンコートのスタイルをさらにすっきり見せるひと工夫を。ルイ・ヴィトンのファーストールはシックカラーの着こなしを華やげるパワーに満ちています。

【2】ブラミンクのベージュパンツ×黒コート

【2】ブラミンクのベージュパンツ×黒コート
パンツ・ニット(ブラミンク)、コート(エストネーション〈エストネーション〉)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

端正な顔立ちのブラックコートに、ニットのジョガーパンツとハードなショートブーツを合わせ、足元重めの旬バランスを。ローゲージニットの襟元には鮮やかなプリントスカーフをさりげなくイン。ただのカジュアルに終わらせない上級テクニックで、遊び着の要素の強いジョガーパンツも高級感のある着こなしが可能になります。

【3】ヴァレンティノのベージュパンツ×黒ブラウス

【3】ヴァレンティノのベージュパンツ×黒ブラウス
ヴァレンティノのパンツ・ブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ブラック×ベージュのシックトーンで華やぎシーンに臨むときこそ、ディテールにこだわって。ベージュのパンツは、センタープレスがきいた、キリッとしたシルエットが見事。程よい緊張感が、華やぎシーンにふさわしいオーラを生み出します。パンツにハリ感があるからこそ、シルクブラウスのなめらかさも際立つのです。

ネイビーパンツのレディースコーデ


【1】インコテックスのネイビーパンツ×ラベンダーコート

【1】インコテックスのネイビーパンツ×ラベンダーコート
インコテックスのパンツ・マンツォーニ24のコート・アリクアムのニット(ストラスブルゴ)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈ミリアム シーファー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

インとボトムをネイビーでまとめ、ラベンダー色のコートをハンサムに着こなして。白の靴を合わせると、洗練度がアップします。

【2】Theory luxeのネイビーパンツ×ブルーシャツ

【2】Theory luxeのネイビーパンツ×ブルーシャツ
パンツ(Theory luxe)、ベルテッドコート(サード マガジン)、シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

スラリと見えるアイテム選びと、コーディネートに使用する色を2色以内に絞ることがポイント。ストライプシャツとパンツをブルーでまとめて知的な雰囲気に。トップグレーのウールコートを肩からはおり、優しげなオーラを漂わせましょう。

【3】エリザベス アンド ジェームスのネイビーパンツ×グレージュコート

【3】エリザベス アンド ジェームスのネイビーパンツ×グレージュコート
パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、コート・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ストール(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

インナーとパンツは縦のラインを強調するネイビーで統一。グレージュとのメリハリを効かせる配色ワザで、キリッと辛口なカジュアルが完成します。さらにミドルグレーのニットストールを広げて肩がけすれば、色使いに奥行きが生まれ、ぐっとこなれた印象に。

40代におすすめ!ワイドパンツのレディースコーデ


【1】リビアナ・コンティの白ワイドパンツ×ファーストール

【1】リビアナ・コンティの白ワイドパンツ×ファーストール
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ファーストール(CHIE IMAI)、Tシャツ(コロネット〈エアロン〉)、ベルト(アパルトモン 青山店〈ヴィンテージ〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ファーの最高峰ともいわれているロシアンセーブルのストールを使ってジレ風のアレンジを楽しみましょう。ドレスの上に優雅にはおるのもいいけれど、カジュアルな白Tシャツ&ワイドパンツに合わせて、上からコンチャベルトをすれば、こんなにも若々しいこなれ感が生まれます。

【2】エストネーションのライトグレーワイドパンツ×グレージュコート

【2】エストネーションのグレーワイドパンツ×グレージュコート
パンツ(エストネーション〈エストネーション〉)、コート(カオス丸の内〈カオス〉)、ファーストール(CHIE IMAI)ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロンシャン・ジャパン)、グローブ(東レインターナショナル〈セルモネータ・グローブス〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

淡いベージュからサンドベージュへと優しい色を少しずつ重ねた着こなしに、さらにボリューミーなライトグレーのワイドパンツを合わせたら、一歩進んだリッチなグレージュグラデーションが完成します。共布ベルトをキュッと巻いて、余裕が漂うエレガントな装いを楽しんで。

【3】ADOREの柄ワイドパンツ×黒コート

【3】ADOREの柄ワイドパンツ×黒コート
パンツ(ADORE)、コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベスト(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

マキシ丈コートの存在感に負けない、ゆったりとしたワイドパンツを合わせ余裕ある着こなしを。しっとりとしたコート、なめらかなハイゲージニット、ふんわりとしたミンクベスト…多彩な風合いを重ねると、着こなしに深みが出ます。

【4】カオスの黒ワイドパンツ×ネイビーコート

【4】カオスの黒ワイドパンツ×ネイビーコート
パンツ(カオス丸の内〈カオス〉)、コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ブラウス(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(マルベリージャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ムートンコートを脱いでいてもおしゃれな着こなしを心がけたいから、華麗なブラウスをゆとりあるワイドパンツに合わせて。鮮やかなオレンジと、胸元を彩るボウが決め手になります。

きれいめパンツのレディースコーデ


【1】エリザベス アンドジェームスの白パンツ×黒ジャケット

【1】エリザベス アンドジェームスの白パンツ×黒ジャケット
パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

くすみのない白のパンツが、暗がりのシーンに映えて。バンドカラーのコットンシャツも、白で統一すれば、華やぎも十分。視線を集める、リッチなジャケットスタイルが完成します。

【2】インコテックスの白パンツ×グレーコート

【2】インコテックスの白パンツ×グレーコート
パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ニット(スローン)、ネックレス(カオス丸の内〈アフター シェイブ クラブ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

マニッシュなジャケットコートに、爽やかなオフホワイトのスティックパンツで、すっきりとした縦シルエットを強調。トップスには、顔周りを華やかに彩るピンクのニットを選んで、好感度アップを図りましょう。

【3】アクリスの白パンツ×ベージュカーディガン

【3】アクリスの白パンツ×ベージュカーディガン
カーディガン・ブラウス・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

最高級と称えられるモンゴル産のカシミヤ山羊の毛だけを用いてつくられる、軽くて暖かいアクリスのカシミヤニット。ルーマニアのアーティスト、ジェタ・ブラテスクの作品からインスパイアされたライン使いのデザインが、優しいニットパンツスタイルをスマートに洗練へと導きます。

【4】インコテックスの白パンツ×ブルージャケット

【4】インコテックスの白パンツ×ブルージャケット
パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ジャケット(キートン 銀座店〈キートン〉)、ニットのインナー(アクリスジャパン)、ストール(和光〈アンドレアス〉)、バッグ(和光〈サック ドゥ タン〉)、靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

パンツに苦手意識があっても、きれいな細身のパンツなら抵抗なく、タイトスカート感覚ではけるはず。淡いグレーのパンツがジャケットの強い色を品よく和らげ、パンツスタイルだけど女性らしい印象に仕上がります。ジャケットと相性のよいきれいなブルーのプリントのスカーフも洗練ポイントです。

【5】フェンディの白パンツ×黒コート

【5】フェンディの白パンツ×黒コート
パンツ・ストール・コート・バッグ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

モノトーンのシンプルシックなパンツスタイル。バッグとストールの立体的な素材感で、リッチな華やかさをプラスしましょう。

【6】フェンディの白パンツ×白ニット

【6】フェンディの白パンツ×白ニット
パンツ・バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・ニット・ストール・別売りのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

カジュアルな着こなしで過ごしたい日のコーデ。伝統的なインレイ手法で、グレーに黒と白のファーを少量ミックスした、ボリューム感のあるフォックスのストールをひと巻きしてゴージャスな雰囲気を演出しましょう。

パンツコーデの関連記事