ヴァシュロン・コンスタンタンから、待ちに待った女性向け時計『エジェリー』がお目見え

「名門」と謳われる時計ブランドのなかでも、最も古い歴史と伝統を誇るラグジュアリーメゾン、ヴァシュロン・コンスタンタン。時計の真価を知る人々にとっては、性別や国境を越え、「雲の上のブランド」として、強い憧憬を集める存在です。

そんなヴァシュロン・コンスタンタンから、この春、久しぶりに新しいレディスコレクションが登場します。その名は『エジェリー』。至高のエレガンスと時計ブランドとしての矜持が融合した、「“オート”マニュファクチュール」の世界へようこそ!

オートオルロジェリー(Haute Horlogerie=高級時計)とオートクチュール――稀少性や情熱、独創性、そして高度なクラフツマンシップの出合いによって実現する、このふたつの分野。それぞれの専門技術を結び付けることによって誕生した『エジェリー』。
オートオルロジェリー(Haute Horlogerie=高級時計)とオートクチュール――稀少性や情熱、独創性、そして高度なクラフツマンシップの出合いによって実現する、このふたつの分野。それぞれの専門技術を結び付けることによって誕生した『エジェリー』。
すべての写真を見る >>

世界の女性時計ジャーナリストが心待ちにしていた、ヴァシュロン・コンスタンタンの新しいレディスコレクション!

私自身、長年ヴァシュロン・コンスタンタンの時計を愛用していて、思い入れが深いこともあり、毎年1月に開催されていたSIHH(リシュモングループ主体の新作時計エキシビジョン)で、「今年もレディスウォッチの発表はありません」と言われるたびに、ガックリ肩を落としてきました。

それだけに、この新たなミューズの登場には、世界的に大きな注目が集まっています。

キーワードとなるのは「"オート"マニュファクチュール」。

『エジェリー』は、繊細でエレガントなオートクチュールの世界を映した、世界で唯一無二の本格時計の誕生、そう言い切っていいでしょう。

『エジェリー』に漂うのは、まるでオートクチュールのドレスをまとうようなエレガンス

まず目を奪われるのは、1時と2時の間位置に配したサークルによる、アシンメトリーなデザイン。

ヴァシュロン・コンスタンタンが19世紀初頭から取り入れてきた「オフセンター表示」というデザインコード、そこに現代的な解釈を加えた顔つきは、ただ美しいだけではなく、ひと目見ただけで強く印象に残る、ラグジュアリーなインパクトを放ちます。

4モデルで展開されるコレクションのなかでも、フェミニンで詩的な表情が際立つのが、月齢表示を搭載した『エジェリー・ムーンフェイズ』予価¥3,500,000【ケース:ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:37㎜、ストラップ:アリゲーター(付け替え可能な3本が付随)、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
4モデルで展開されるコレクションのなかでも、フェミニンで詩的な表情が際立つのが、月齢表示を搭載した『エジェリー・ムーンフェイズ』予価¥3,500,000【ケース:ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:37㎜、ストラップ:アリゲーター(付け替え可能な3本が付随)、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)

ムーンフェイズ、或いは日付を表示するサークルのアシンメトリーなデザインが『エジェリー』の主役とするなら、オートクチュールのコスチュームをまとったさまざまなディテールが、ダイヤルという舞台の上で、美しい競演を繰り広げます。

まず目を惹くのが、ダイヤル中心部と外周部に施された、プリーツ模様。オートクチュールの世界観を最も象徴的に表すこの繊細なプリーツ模様は、自社内のギョウシェ彫りの工房で、歴史的な「タペストリー技法」を駆使してつくりだされました。

また、このコレクションのために、書体を特別にデザインしたインデックスは、オートクチュールのコスチュームに施される刺繍のよう。それらを差し、時を告げるリーフ型の時分針と細い秒針は、刺繍針を彷彿とさせ、エレガントなオートクチュールの美学を完結させます。

幾層にも重ねられたマザー・オブ・パールで表現した雲を背景に、18Kゴールド製の月が輝くムーンフェイズ。ムーンストーンがセッティングされた1時と2時の間位置のリュウズと、ロマンティックなコントラストを奏でる『エジェリー・ムーンフェイズ』。
幾層にも重ねられたマザー・オブ・パールで表現した雲を背景に、18Kゴールド製の月が輝くムーンフェイズ。ムーンストーンがセッティングされた1時と2時の間位置のリュウズと、ロマンティックなコントラストを奏でる『エジェリー・ムーンフェイズ』。

『エジェリー』の美貌をより非凡なものにしているのは、その横顔。ダイヤルのアシンメトリーなデザインに呼応し、リュウズも1時と2時の間位置に。

『エジェリー・ムーンフェイズ・ダイヤモンドパヴェ』にはローズカット・ダイヤモンド、『エジェリー・ムーンフェイズ』、『エジェリー・オートマティック』、『エジェリー・クォーツ』にはカボション・カットのムーンストーンがあしらわれ、ジュエリーウォッチの優雅さも湛えています。

基幹モデルには付け替え可能なインターチェンジャブルストラップを採用。
基幹モデルには付け替え可能なインターチェンジャブルストラップを採用。

高度な複雑機構をいくつも搭載したコンプリケーションも手がけ、比較的男性的なイメージが強い「ヴァシュロン・コンスタンタン」ですが、実は女性のためのウォッチメイキングの歴史も世界最古。

伝統的に受け継がれてきた女性へのオマージュ、それらがこの『エジェリー』には多く込められています。

例えば、自由に、そしてとても簡単に付け替えることができるインターチェンジャブル・ストラップ。

『エジェリー・ムーンフェイズ』と『エジェリー・オートマティック』のピンクゴールドモデル、『エジェリー・クォーツ』には購入時に、ナイトブルー、キャンディッドチェスナッツ、ラズベリーピンクの3色のアリゲーターストラップが付随し、気分やシーンによってコーディネートを楽しめます。


女性のための時計製造の歴史も!世界最古を誇る「ヴァシュロン・コンスタンタン」

1815年に発表された、イエローゴールド製のポケットウォッチ。丹念に施された金細工、優美なローマ数字のインデックスがこの上なく優美。
1815年に発表された、イエローゴールド製のポケットウォッチ。丹念に施された金細工、優美なローマ数字のインデックスがこの上なく優美。
1889年製のジュエリーウォッチ。翼の生えたふたりの女神をかたどったブレスレットの、精緻な金細工は圧巻の美しさ。
1889年製のジュエリーウォッチ。翼の生えたふたりの女神をかたどったブレスレットの、精緻な金細工は圧巻の美しさ。
ダイヤモンドをふんだんにセッティングした1937年のジュエリーウォッチはプラチナ製。上品なケースに相応しい自社製の超小型ムーブメントを搭載している。
ダイヤモンドをふんだんにセッティングした1937年のジュエリーウォッチはプラチナ製。上品なケースに相応しい自社製の超小型ムーブメントを搭載している。

1755年から実に265年もの間、一度も途切れることなく時計製造を続けている、ヴァシュロン・コンスタンタン。

世界最古のマニュファクチュールであることは広く知られていますが、レディスウォッチにおいても、世界で最も長い歴史と伝統を誇ります。

ヴァシュロン・コンスタンタンが、女性のための時計の製造を開始したのは、ブランド創業間もないころ。

ヨーロッパの上流社会において、まだ、「時計は男性のためのもの」と認識されていた18世紀から19世紀への変わり目には、他ブランドに先駆け、エレガントな機械式時計を手がけていました。

いくたびも世紀を超えて相思相愛の関係を続けてきた、ヴァシュロン・コンスタンタンと女性たち――芸術的感性にあふれた美しいヘリテ―ジたちは、真のエレガンスの源流として、長い歳月を経てもなお、輝き続けます。


ハイジュエリーウォッチからクオーツまで!現代を生きる女性に寄り添う4モデルのバリエーション

ここからは、新作『エジェリー』の中から、働く大人の女性におすすめの4本をご紹介していきます。

■1:圧巻のダイヤモンドセッティングに魅了!『エジェリー・ムーンフェイズ・ダイヤモンドパヴェ』

『エジェリー・ムーンフェイズ・ダイヤモンドパヴェ』予価¥6,640,000【ケース:WG×ダイヤモンド、ケース径:37㎜、ストラップ:アリゲーターとサテン(付け替え可能な2本が付随) 、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
『エジェリー・ムーンフェイズ・ダイヤモンドパヴェ』予価¥6,640,000【ケース:WG×ダイヤモンド、ケース径:37㎜、ストラップ:アリゲーターとサテン(付け替え可能な2本が付随) 、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)

ケースには292個(約3カラット)、ダイヤルには510個(約1.85カラット)、そしてバックルにまで21個(約0.21カラット)ものラウンドカットダイヤモンドをセッティング。

リュウズには約0.17カラットのローズカットダイヤモンドがあしらわれ、全方向に強い輝きを放ちます。

■2:『エジェリー』のアイコニックモデル『エジェリー・ムーンフェイズ』

『エジェリー・ムーンフェイズ』予価¥3,500,000【ケース:ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:37㎜、ストラップ:アリゲーター(付け替え可能な3本が付随)、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
『エジェリー・ムーンフェイズ』予価¥3,500,000【ケース:ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:37㎜、ストラップ:アリゲーター(付け替え可能な3本が付随)、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)

マザー・オブ・パールを重ねて雲を表現したムーンフェイズ表示と、プリーツパターンを施したセンターのサークルに、輪を重ねたダイヤルがアイコニック!

搭載されている自社自動巻きムーブメントは40時間のパワーリザーブを誇り、実用性の高さも兼ね備えています。

■3:リッチカジュアルな雰囲気が今のムード!『エジェリー・オートマティック』

『エジェリー・オートマティック』¥2,160,000【ケース:ステンレススチール×ダイヤモンド、ケース径:35㎜、ブレスレット:ステンレススチール、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
『エジェリー・オートマティック』予価¥2,160,000【ケース:ステンレススチール×ダイヤモンド、ケース径:35㎜、ブレスレット:ステンレススチール、自動巻き】(ヴァシュロン・コンスタンタン)

1時と2時の間位置のサークルで日付を表示する『エジェリー・オートマティック』。『エジェリー・ムーンフェイズ』とともにラインアップされているステンレススチールケース&ブレスレットのモデルは、今のムードにマッチするリッチカジュアルな雰囲気が魅力です。

■4:小ぶりなクオーツモデル『エジェリー・クォーツ』もストラップ3本付き

『エジェリー・クォーツ』¥1,904,000【 ケース:ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:30㎜、ストラップ:アリゲーター(付け替え可能な3本が付随)、クオーツ】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
『エジェリー・クォーツ』予価¥1,904,000【 ケース:ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:30㎜、ストラップ:アリゲーター(付け替え可能な3本が付随)、クオーツ】(ヴァシュロン・コンスタンタン)
すべての写真を見る >>

クオーツムーブメント搭載のモデルまでそろえているのも、注目すべき点。

世界的に機械式時計にこだわる女性が増えている昨今ですが、機械式ムーブメント搭載の時計より小ぶりなクオーツモデルも、女性たちの根強い支持を集めています。

機械式 or クオーツ――これはもう、本当に好みなので人それぞれ。ただ、その選択肢をこの新作で与えてくれたところに、女心に寄り添うヴァシュロン・コンスタンタンのフェミニズムを感じました。

『エジェリー』の腕時計をもっと見る


個人的な話になりますが、私がヴァシュロン・コンスタンタンというブランドを知ったのは、時計の仕事を始めた20年ほど前のこと。

取材を重ねていくなかでどんどん憧れの気持ちが強くなり、数年後にやっと手にしました。それから10年以上経った今でも私の宝物で、とても大切に使っています。

2020年春に登場する『エジェリー』とはもちろん違うモデルですが、ヴァシュロン・コンスタンタンのレディスウォッチには共通して、「強さ」と「美しさ」、そして「知性」が内包されています。

それは自分が「こうでありたい」という女性像と重なり、手にするたびに「この時計が似合う自分でありたい」と思わせられる、ある意味手ごわい相棒です。

『エジェリー』も間違いなく、そんな風に、自分の生き方や人生を問いかけてくれる名品として、美しい物語を紡いでいくことでしょう。

問い合わせ先

ヴァシュロン・コンスタンタン

TEL:0120-63-1755

この記事の執筆者
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿
EDIT :
安念美和子
EDIT&WRITING :
岡村佳代