紫外線が及ぼす悪影響はもちろんのこと、今や大気汚染にブルーライトなど、私たちの肌は無意識のうちに過酷な環境と隣り合わせの毎日。戸外を歩くときだけでなく室内にいるときでさえ、つねに肌は危険にさらされ、その目に見えない脅威は乾燥、くすみ、シミ、シワ、たるみなど、あらゆる肌トラブルを引き起こすことに…。そんな現代女性のライフスタイルにおいて、私たちの肌を頼もしく守ってくれるもの、それがゲラン最高峰スキンケアラインから登場した「ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター」

ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター SPF50・PA+++ 30ml ¥19,200(税抜)

どの時代においてもつねに女性たちの肌悩みに真摯に向き合い、終わりなき美への挑戦をし続けてきたゲランだからこそ生み出せた贅沢なプロテクター、それはまさに今を生きる女性が手にするべき「本当に必要なプロテクター」。「ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター」が私たちの生活に必要な6つの理由を、雑誌『Precious』のビューティ・ディレクター五十嵐享子さんが語ります。

■理由1:室内こそ危険! 目に見えない環境ストレスから肌を守る

「これまではリゾート用とされていたSPF50のプロテクターが日常使いとしてこれだけ浸透している今、いわゆる日焼け止めの機能はもはやあたりまえ。だからSPF50であることに加えて、あらゆる有害物質・環境ストレスからのハイレベルな防御機能こそが、プロテクターを選ぶうえでの選択基準になります」(五十嵐さん)

紫外線だけでなく、ブルーライトに大気汚染…私たちの肌は、外でも内でも過酷な環境にさらされているということはすでに常識。なかでも特に気をつけたいのが、うっかり無防備で過ごしやすい室内での肌へのダメージです。

「屋外で無防備な状態で何時間も紫外線を浴び続けることは少ないし、紫外線によるダメージは意外と回避できる時代に。だからこそ今、本当に怖いのは室内。私たちが仕事でもプライベートでも手放すことのできないスマホやPCから発生するブルーライトや大気汚染などの有害物質、エイジングを加速させるさまざまな外的ストレス、それらの目には見えない要因から肌を守ることが急務なのです」(五十嵐さん)

紫外線対策への意識の高まりとともに、プロテクターに求める基準も高くなったからこそ、肌を守り、迫り来るエイジングに立ち向かうための優秀なプロテクターがマストなのです。

■理由2:ファンデーションが薄づきになった今、私たちの肌を守るのはプロテクターだけ!?

軽やかに肌と一体化するような薄づきのファンデーションが主流となり、環境ストレスから肌を守るという機能は、ますますプロテクターに委ねられることに。

「厚塗りのファンデーションという仮面がなくなった今、私たちの肌を守ってくれるものはプロテクターのみ。だからこそ本当にいいプロテクターを使うこと、これは絶対に忘れてはいけません。以前はプロテクターというと皮膜感があって、そのうえ乾燥して…と、美肌を演出するにはほど遠いものだったけれど、この『ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター』は、スキンケアをするように心地よく、みずみずしい潤いを保ち、ベースメイクをするように肌を補正してくれる。プロテクターがサブ的に扱われがちだった時代から、美の守り神ともいえるアイテムに進化を遂げているのです」(五十嵐さん)

■理由3:忙しい人こそ使ってほしい。「オーキデ」第4世代だからこそかなう美しさのその先

つねに女性の未来を見つめ、絶え間ない研究と最新のテクノロジーを駆使したゲランの美学の結晶「オーキデ アンペリアル」が、2017年、第4世代へと進化。肌の細胞呼吸に着目した第4世代は、多忙な毎日やストレスといった現代女性の生活習慣が、若々しい細胞生成のための細胞呼吸を妨げ、慢性的な低酸素状態を引き起こす大きな要因となることを発見。

「素肌でいる時間よりも、メイクをした状態で過ごす時間のほうが長い現代女性にとって、つけている間中、肌を守り続けるプロテクターは、何を使っても同じとはいえません。トラブルを引き起こすさまざまな脅威から肌を守るだけでなく、真のラグジュアリーを突き詰めたゲランの最高峰スキンケアラインのプロテクターだからこそできることがあります。

それは、美に費やす時間がどんどん短くなり、スキンケアやメイクも時短を求めがちだからこそ必要になる、“立ち止まる”という新しい視点の提案。忙しい毎日のなかで呼吸も浅くなり、酸素自体が欠乏している人も少なくありません。だからヨガをするように、深呼吸をするように、肌のケアをする…そうして“立ち止まる”ことは、疲れた現代人が必要としている、自分自身を見つめ直す時間でもあるのです。まさに、つねに女性に寄り添い、現状に甘んじることなく絶え間ない研究と開発を続けてきた、ゲランだからこそのユニークな提案といえるでしょう。女性が求めるラグジュアリーを、時代に即して的確にとらえる『オーキデ アンペリアル』の真価と進化、その先に見すえられているのは、今を生きる女性が美しさの未来を、ポジティブに生き抜くことにあるのです」(五十嵐さん)

左から/ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター SPF50・PA+++ 30ml ¥19,200(税抜)と、2017年にさらなる進化を遂げた第4世代のゲラン オーキデ アンペリアル ザ クリーム 50ml ¥54,600(税抜)

■理由4:演出家のように肌の仕上がり感を格上げする、美肌ベース効果

第4世代に進化を遂げた「ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター」は、ファンデーションとの相性も抜群によく、私たちの肌を自然に美しく見せてくれます。まるで優れた演出家のように、肌の仕上がり感を格上げしてくれるのです。

「ファンデーションの質感の幅が広がって、正装感のあるマットな肌にしてみたり、ナチュラルなツヤ肌に仕上げたり…その日のファッションに合わせて理想の肌に着替えることが可能になった今、改めて見直したいのが、肌の着こなしを支えてくれる下地の存在。『ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター』は美肌ベースとしてのスキンケア機能が高いからこそ、どんな望みの肌にも着替えることができる。理想の肌は優れた土台があってこそ。このプロテクターは重ねるファンデーションを選ばないうえに、今までコンシーラーやコントロールカラーに頼っていた色ムラやシミ、小ジワなどのエイジングサインも自然にカバーして、ファンデーションの演出家として最高の働きをしてくれるのです」(五十嵐さん)

■理由5:品格あるツヤとハリ感で、ふっくら「愛され肌」に

塗った直後から、上質なツヤと弾むようなハリ感をもたらし、繊細に発光する数種の細やかなパールが清らかな肌を演出。絹のようになめらかな美肌が瞬時に手に入る、それは大人の「愛され肌」を知りつくしたゲランならではの魔法。

「『肌がキレイ』と褒められるだけで自信に満ちあふれ、もっともっと自分の肌が好きになる…そんなポジティブな美を約束する、それこそが『愛される肌』を研究し続けてきたゲランの真骨頂。少し手を加えるだけで顔色がよくなり、褒められることでさらに人生が明るくなっていく。化粧品自体の素晴らしさはもちろんですが、それが肌の上の出来事にとどまらず、美しくなることの歓び、そして幸福感さえ与えてくれる。自らの肌を慈しむことが、人から愛されることにもつながるのです。美容が決して独りよがりでないことに、ゲランのラグジュアリーの本質を思い知らされます」(五十嵐さん)

■理由6:幸福肌を演出する軽やかで「さらもっちり」なテクスチャー

日本人の肌にしっとり落ち着く軽やかなテクスチャーで、肌表面はさらり、なかはもっちりの「さらもっちり」な後肌。みずみずしい潤い力で肌の密度を向上させたかのような弾力のある質感は、肌の老化と真摯に向き合ってきた「オーキデ アンペリアル」だからこそなせる業。この「さらもっちり」の質感は、現代女性の肌痩せをなかったことにするかのように、さらなる美しさの高みへと連れていってくれます。

「紫外線や環境ストレスの影響に加えて、偏食になりがちな現代人は、肌に十分な栄養が行き届かず、ハリが低下。表面も乾燥して水分不足を引き起こし、肌の細胞自体が痩せ細っていく人が多い。だからこそ、まるで幸福であることを象徴するような、中身のつまった弾むようなもっちり感にこそ心地よさを感じるのです。女性を魅力的に見せる充実した潤いと弾力感…そこには『愛される肌』を研究し続けてきたゲランならではの美学が宿っているのです」(五十嵐さん)

意外にもコンパクトなチューブタイプは、持ち運びにも便利。ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター SPF50・PA+++ 30ml ¥19,200(税抜)

これ一本で美肌を守り、そして「愛され」美肌をつくる「ゲラン オーキデ アンペリアル ザ プロテクター」。「オーキデ アンペリアル」第4世代だからこそのアプローチで、疲れた肌が若々しく息を吹き返し、一日中みずみずしく弾むような美肌に。朝、メイク下地として使うだけでなく、ポーチに一本。日中のメイク直しに使うたびにフレッシュな肌が目覚め、肌自体の美しさを引き出してくれます。「もはやプロテクターはスキンケアの一部!」という五十嵐さんも、この優れたプロテクターで「早くゲランの世界を知ってほしい」と、熱く語ってくれました。

プロテクター、クリームともに店舗または百貨店オンラインサイトにて発売中。「オーキデ アンペリアル」第4世代のテクノロジーを気軽に店頭でトライアルしてみては? 人気アイテムのサンプルクーポンや最新情報はゲランLINE公式アカウントをチェック!

問い合わせ先

この記事の執筆者
さまざまな年齢層の女性誌でフリーの美容エディターとして美容記事の制作のほか、化粧品ブランドの製品開発、ブランドのコンセプトづくり、広告制作などを手がける。『Precious』では創刊準備からビューティ・ディレクターとして、現在も美容特集を担当。大人が目指すべき美容をわかりやすく解説する記事に定評がある。好きなもの:リチャード・アヴェドン、エッフェル塔、スパ、ヨガ、アーユル・ヴェーダ、シルクのドレス、カシミアのセーター、犬、キリン、乗馬、モネの『印象、日の出』、海、香水、ブーケ、旅、教会、フレンチネイル、赤い口紅、アルハンブラ宮殿
EDIT&WRITING :
渋谷香菜子