涼やかさと洗練を求めて、着こなしがシンプルになる季節――。今こそ、「バッグで魅せる」おしゃれを楽しむ絶好のチャンスです。グッチの新作バッグ『オフィディア』は、その最旬回答。

GGロゴや「ウェブ ストライプ」などアイコニックなエッセンスをモードに昇華しつつ、使い勝手も抜群のラインナップは、大人の女性のさまざまなライフシーンに寄り添います。その魔法のような演出効果と、魅惑のストーリーをご紹介します。

■おすすめ1:大きめなのに軽やかな黒のモードバッグは、私のベストパートナー!

ハンドバッグとしてもショルダーとしても使える2WAY。バッグ『オフィディア』¥250,000【素材/スエード サイズ/縦27.5×横34×マチ15㎝】・ブラウス¥95,000・パンツ¥98,000・アイウェア¥43,000・シューズ¥98,000(グッチ ジャパン)

【@Office】ポジティブに仕事に向き合う大人の女性の心意気を、きれのいい黒バッグで表現

シルクのボウブラウス+パンツにローファーを合わせた、颯爽とエレガントな仕事スタイル。そこに、鮮やかな「ウェブ ストライプ」が効いた黒バッグで、いきいきとしたモード感を添えるのが最旬流儀です。

このバッグの色バリエーションや、アレンジを詳しくご紹介!


■おすすめ2:ブラックスーツに映える美配色な赤バッグで、会った瞬間から印象的に

チェーンがなめらかで、繊細な服地を傷める心配もありません。バッグ『オフィディア』¥217,000【素材/スエード サイズ/縦17.5×横26×マチ8㎝】・ジャケット¥250,000・スカート¥198,000・イヤリング¥45,000・リング¥73,000(グッチ ジャパン)

【@Restaurant】バッグでさりげなく魅せるこなれた会食スタイルは、楽しい会話のきっかけにも

深みのあるレッドと存在感のあるゴールドチェーンの組み合わせが、着映え効果を発揮。程よい収納力を備えつつ、レストランで着席したときに「椅子の背もたれと体の間」にすっきり収まるサイズも優秀です。

このバッグの色バリエーションを詳しくご紹介!


■おすすめ3:旬のマキシスカートには、リッチなのに新鮮なアリゲーターのミニバッグ

斜めがけできるよう、長さ調節できるストラップがポイントです。バッグ『オフィディア』¥1,500,000【素材/アリゲーター サイズ/縦19×横23.5×マチ8㎝】・シルクブラウス¥135,000・スカート¥198,000・ネックレス¥175,000・ブレスレット¥133,000・サンダル¥126,000(グッチ ジャパン)

【@Night Out】おしゃれの経験値が光る、モード&ラグジュアリーなナイトシーンの着こなし

マキシスタイルにエレガントなクラッチバッグでは、ありきたり…。アリゲーターのミニショルダーでリッチな抜け感を表現するのが、エレガンスを更新し続ける大人の美意識です。

このバッグの素材違い色バリエーションを詳しくご紹介!


■おすすめ4:手にするだけで心弾む大人かわいいロゴバッグで、デニムカジュアルを最旬に!

ストラップを付ければショルダーバッグにも。バッグ『オフィディア』¥208,000【素材/特殊加工で撥水性を授けた「GGスプリーム キャンバス」 サイズ/縦16×横32×マチ2㎝】・カーディガン¥190,000・デニム¥110,000・スカーフ¥56,000・左手のリング¥53,000・右手のリング¥48,000・靴¥78,000(グッチ ジャパン)

【@Week End】休日の行動力を高めるのは、程よい収納力がありつつ軽やかな「ミニボストン」

カシミアニットとデニムで過ごす休日。外出に必要なものをすっきり収納できるスマートなボストンバッグなら、心も足取りも軽やかにお出かけできます。

このバッグの色バリエーションや「GGパターン」の小物たちをご紹介!

グッチの新作バッグ『オフィディア』を公式サイトで詳しく見る

問い合わせ先

※掲載した商品はすべて税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious6月号』小学館、2018年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
熊澤 透(人物)、唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
高橋里奈
EDIT&WRITING :
岡本治子、吉川 純(Precious)
RECONSTRUCT :
安念美和子