1968年にニューヨークから日本へ上陸して50周年を迎えるエスティ ローダー。1980年代に登場した『ナイト リペア』という1本の美容液が、日本人女性の肌の未来に革命を起こしました。

「’80年代に出合った美容液は、ルックスもテクスチャーもコンセプトも何もかもが斬新で、一瞬で恋に落ちてしまいました。そのときめきと感動を、今もスキンケアのたびに思い出します」(ビューティ ディレクター・松澤章子さん)

本記事では、多忙な女性たちに、タイムレスな美しさを届け続けるエスティ ローダーの美容液の魅力を、5つの商品を通じてご紹介します。

■1:美容液の歴史はこの1本から始まった!『アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ』

とろんとした滴が肌に触れたとたんなじんでいく。その心地よさがケアを継続するモチベーションに。昼は日中の刺激やダメージから守り、夜は修復活動をサポート。24時間の見守りが翌朝の好調を生み、若々しさに差をつけます。アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ 50mL ¥13,500

若々しさは夜につくられる、忙しい人ほどその威力を実感

「女性に年齢は関係ありません。
内面からの輝きこそが、美を左右するエッセンスです」―ミセス エスティ ローダー

美容液というアイテムの誕生は、スキンケア史を塗りかえる大きな出来事でした。なかでも世界から注目を浴び、スーパースター級の存在感を示したのが“夜間修復”という、画期的なコンセプトを掲げて1982年に登場した『ナイト リペア』でした。

「肌は日中受けたダメージを夜の間に修復する」。

その自然のメカニズムに着目し、修復活動を担う成分を特定。わずか数滴に凝縮された未知なる力が翌朝の肌を変え、日々の輝きを生みだし、忙しい女性たちのライフスタイルをも向上させたのです。

その後、エスティ ローダーの研究所は、サーカディアンリズムを司る時計遺伝子に関する研究を深め、『ナイト リペア』を進化させてきました。加齢や紫外線といった、環境ストレスによって乱れた肌の時計遺伝子を同期させるテクノロジーに加え、肌内部に溜まった老廃物の浄化活動も、夜間に行われるという発見に基づき、アップデートされたのが、現在の『アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ』

さらに夜間のブルーライトが時計遺伝子に与える悪影響を明らかにした新知見を、新しいアイケアに生かしています。

潤い、ハリ、艶、透明感まで。肌を全方位から美しく健全に立て直すパワーの源は、夜間修復にある。そう立証した名品がこのブランドから生まれたのは決して偶然ではありません。

多忙なビジネスウーマンであったミセス エスティ ローダーは、女性はどんなに忙しくても美しくいられると、自ら実証してみせました。

その理念がサイエンスの力を得て、夢の美容液へと昇華。睡眠不足や不規則な生活、ハードな環境下で生きる現代女性の誰もが、簡単なケアで満ち足りた美肌を手にすることができたのです。

今も世界中で7秒に1本売れているという事実。なにより40代・50代女性の圧倒的な支持を受け、長年にわたって雑誌『Precious』のベストコスメの座に君臨しているという事実が、それを裏付けています。

悩み多きアイゾーンに多角的にアプローチする、『アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ』のプラスアイテムは…

加齢によるダメージが顕著に現れる目元。それを夜間修復のテクノロジーでフォローするアイケア2品。『アイ コンセントレイト』は瞬きで速まる老化に対応。まぶたにハリをもたらし、目がパッチリ見開くよう。『アイ SR コンプレックス』は新知見に基づき、ブルーライトの悪影響から目元をガードしてくれる、エイジングケアの急先鋒です。

■2:美容液の魅力は速攻力と教えてくれた『パーフェクショニスト[CP+R]』

最新のテクノロジーで肌本来の力をサポートする実力派でありながら、光の特性を利用して瞬時に美肌を演出する才能も。小ジワや肌の凹凸、くすみや黄ばみもきれいにカムフラージュ。パーフェクショニスト[CP+R] 50mL ¥14,700

 エネルギーレベルを高め年齢サインにアプローチ

忙しい女性たちが美容液というアイテムに望むのは“凝縮された効果”であり、それがもたらす“結果の速さ”。使ったとたんにきれいになれるコスメへの期待を盛り上げ、夢を現実に近づけてくれたのは、エスティ ローダーのサイエンスの功績です。

2012年にデビューした『パーフェクショニスト[CP+R]』が、多くのファンに支持されているのも、使用から実感までの展開が、スピーディであることが理由でしょう。

つけた直後から、肌をシルクに着替えたように、スルンとなめらかな状態に。とたんに明るさとみずみずしさがあふれ、小ジワやハリの低下といった、大人の女性の肌現象が自然に払拭されていきます。

さらにこの美容液の本領は、紫外線や加齢、外的ストレスによってエネルギーレベルが低下した肌を、パワフルなテクノロジーでバックアップすること。コラーゲンを生み出す肌本来の力を高め、ふっくらとしたハリで満たします。ケアを続けることで、実感はより鮮やかに。

■3:美容医療のプロ発想を生かした先進のセラム、『パーフェクショニスト プロ F+L セラム』

肌になじませた瞬間、ピンと心地よいタイト感が得られるテクスチャーがこの美容液の際立った個性。肌の表面はツルンと滑らかに磨かれ、輝きをまとい、自分でも驚くほど若々しい表情に。パーフェクショニスト プロ F+L セラム 50mL ¥15,500

ハリと量感が失われた肌に今再び、期待と感動を

アジア女性の肌はたるみやすい、という残念な現実があります。もともと肌を支える構造が弱いうえに皮脂層が厚いという特徴があるため、年齢を重ねるとハリやボリュームの損失による下垂が目立ちやすく、表情にまで影響が出てしまうことも。大人の女性たちが直面する悩みの中でも、最も深刻ではないでしょうか。

そこに手を差し伸べてくれるのが、『パーフェクショニスト プロ F+L セラム』

美容医療の現場から着想を得た斬新で包括的なアプローチが、今年1月のデビューから話題を呼んでいます。

たまった角質を穏やかに除去し、ハリ、弾力に関わる成分を速やかに補充。さらに潤いで満たした美肌に導く3つのアプローチを1本で担います。ピカピカに磨き上げられ、ピンッと張力を取り戻した状態は、まるでプロの手に委ねた肌のよう。

美容液に美容医療的発想をいち早く取り入れたのも、エスティ ローダー。そのチャレンジ精神は今も健在です。

■4:高機能美容液のプレシャスな真価がわかる!『リニュートリィブ ダイヤモンド デュアル セラム』

エスティ ローダーのラグジュアリーを象徴するシリーズから、時代の最高峰を目指して2014年に登場した美容液。感触や香りへのこだわりもスペシャルで、心に響くハーブ フローラルが幸せな時間をもたらしてくれる。リニュートリィブ ダイヤモンド デュアル セラム 25mL ¥45,000

若さを象徴する生命力こそ、究極のラグジュアリー

「何をおいても、美容液には投資したい」。

上質なコスメを肌で経験してきた大人の女性なら、そう考えて当然です。極上の素材から生まれた希少な成分を、惜しげもなく投入。ブランドが誇りを賭けて打ち出す高機能美容液は、クオリティの高さはもちろん、洗練されたテクスチャーで、心まで豊かに満たす才能を持っているのですから。

エスティ ローダーにおいては『リニュートリィブ ダイヤモンド デュアル セラム』が、ラグジュアリーを極めた逸品です。

自然界が産んだ奇跡といわれるブラック ダイヤモンド トリュフ エキスに秘められた力は、肌本来の生命力を呼び覚まし、若々しい印象へと誘います。

24Kゴールドや南洋真珠、長寿遺伝子サーチュイン6に着目した新成分など、多彩なカクテルも贅沢。2本のシリンダーに振り分けられた成分は使用直前に出会い、フレッシュな状態でパワーを発揮します。

息をのむほど優美な肌とは、どういうものか。それを教えてくれるのが、この美容液のプライスレスな魅力です。

■5:花々の恵みが、科学の力で美を生む滴に昇華。『リニュートリィブ UL セラム』

フローラリクシールTMデュウが高濃度に配合された美容液は、みずみずしいジェルの中にオイルの滴が浮遊。つける直前に混ざり合い、またたく間に艶と潤いの溢れる光沢美肌に整えてくれます。ケアを続けるほどに、引き締まっていく実感が。リニュートリィブ UL セラム 30mL ¥36,000

生まれ変わる力の高まりと、悪環境に負けない強さを

調香師としてフレグランスの名作を生んだミセス エスティ ローダーは、花をこよなく愛した人。彼女が魅了されたのは、麗しい花の色や香りだけではありません。むしろ繊細な美しさの中に潜む力強さ、生命の輝きに惹かれていたのです。

花の強さ、生命力の秘密はやがて、エスティ ローダーの研究者たちによって解き明かされます。彼らが注目したのは、花びらに宿る“朝つゆ”でした。それはただの水とは異なり、養分やミネラル分を豊富に含む神秘の滴。また彼らは世界中を探索し、過酷な環境下で命を紡ぎ続けるヒマラヤリンドウとハナホシクサという2種の植物と出合います。

そうした花の生命の営みをヒントに、独自成分“フローラリクシール™ デュウ”が開発され、『リニュートリィブ UL セラム』が生まれました。

加齢や環境ストレスにも揺らぐことのない強くしなやかな美しさ。それまで眠っていた再生力をスイッチオンにするような。肌の未来を委ねたいのは、そんな夢のあるエイジングケアです。

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

関連記事

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious9月号』小学館、2018年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
戸田嘉昭、池田 敦(パイルドライバー)
WRITING :
松澤章子
EDIT :
五十嵐享子(Precious)
RECONSTRUCT :
安念美和子