毎日着られる「ジョルジオ アルマーニ」のリアルクローズを買い付け!

ジョルジオ アルマーニにとっても世界初の試みとなった、ラグジュアリーファッション誌『プレシャス』とスタイリスト戸野塚かおるさんによる、イタリア本国での買い付け企画の第2弾が実現しました。

だれもが手持ちのシンプル服に合わせて着こしやすいよう、スタイリストとしてのプロ目線が生かされた、パーフェクトなセレクションのなかから、本記事では「ムートンコート」に着目します。

質感のミクスチャーで魅せるジオメトリックな模様の「ムートンコート」

コート¥880,000・トップス¥58,000・パンツ¥77,000・バッグ¥290,000・靴¥78,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) ピアス¥1,290,000(ダミアーニ 銀座タワー)

「こなれ感だけでなく、エレガントな雰囲気も備わっているので、通勤時のコートとしても活躍。コートの軽快感に合わせて、クロップドパンツやフラット靴でカジュアルに仕上げる着こなしもおすすめです」(戸野塚さん)

洗練された幾何学は、通勤にもぴったり

「リバーシブルの仕様で、両面ともに仕上がりが美しいムートンコートはデイリー使いに最適」(戸野塚さん)

コート¥880,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)

戸野塚’s EYE

「毛足の長いファーの黒コートだと着るシーンが限定されますが、ムートンのシェアリングファーなら普段使いしやすいカジュアル感が漂います。さらにこのコートは、全面ファーではなく、スキン面とのコンビネーションなので、見た目も軽やかですし、実際のウェイトも軽量に仕上がっています。

直線的なラインで浮かび上がらせた幾何学的な柄合わせと、すっきりとしたネックライン、コンパクトシルエットが端正な洗練を印象づけるので、オフィススタイルにもふさわしい一着です」(戸野塚さん)

しっとりとマットな艶が魅力のスキン面。前立てやすそ、そで口にちらりとのぞく、シェアリングファーがアクセントに。
薄手の上質なラムレザーを使用。切りっぱなしにしたエッジの始末も、カジュアル感を演出するポイントになっている。

「上質なラムレザーを使い、2㎜程に短く刈り毛したシェアリングファーは、やわらかな手触り。ボリュームも抑えられているので、すっきりとした佇いがかないます」(戸野塚さん)


ジョルジオ アルマーニ「パーフェクト・ワードローブ」関連記事

問い合わせ先

PHOTO :
熊澤 透(人物)、宗髙聡子(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
福沢京子
MODEL :
生方ななえ
EDIT&WRITING :
下村葉月、中村絵里子(Precious)
RECONSTRUCT :
安念美和子