ポール・スチュアートのファーストコート|2018年モデルを2型ご紹介します

ぐっと肌寒い日が増えて、今年はどんなコートを買おうか、考えている方も多いのでは? 今回ご紹介するポール・スチュアートの「ファーストコート」は、特に海外出張が多い方におすすめしたい名品。その特徴をご紹介していきます。

■ポイント1:カシミヤならではのリッチな質感で、驚きの軽さ

ファーストコートコート各¥180,000・ファー¥46,000・ブローチ¥15,000(ポール・スチュアート) グローブ/スタイリスト私物

どのアウターにおいても「軽さ」はコート選びの重要なファクターとして年々、需要が高まっています。こちらファーストコートは、カシミヤは中国でトップランクのカシミヤを算出する、アラシャン地域のカシミヤを使用。カシミヤ60%にウール27%、ナイロン13%を混紡し、リッチな毛流れと艶が美しいビーバー加工で仕上げられています。高級感のある見た目を裏切る、袖を通したときの軽さに驚くはず。

■ポイント2:エレガンスを高めるハンド風ステッチのあしらい

上質さをアピールするニュアンスが加わるハンド風ステッチ

高級コートに多くみられるハンドステッチのニュアンスを、ファーストコートにも採用。ステッチが生地に沈むのは、ふっくら感のある生地ならでは。ラグジュアリーな風合いが増すアクセントです。

■ポイント3:パスポートや搭乗券が入るポケットでスマートに

ファーストコートがビジネスウーマンの味方である証明の真骨頂! スッキリしたビジュアルから想像もつかない、多くのポケットが配されています。

外ポケットの内側には隠しポケット

外から見てもわからない、隠しポケットが秀逸!

すぐ使うものは、バッグにいちいちしまわずに身につけておきたいものの、外ポケットは落としたり、スリの被害にあわないか心配…。そんな時にお役立ちなのが、この内側の隠しポケット。ファスナー付きでさらに安心です。

右内側にはスマートフォンポケット

ボタンフラップ付きで、落下も防止してくれるポケット

ファーストジャケットでも好評の、スマートフォンポケットを内側に。もちろんスマートフォン以外のものを入れてもOKです。

左内側にはファスナー付きポケット

深めのポケットは、パスポートケースごとすっぽり

コート内側のファスナー付きポケットは、パスポートや搭乗券など、大切なものを入れておくのにピッタリ。

■ポイント4:スタイリスト犬走比佐乃さんコラボのノーカラーコートも新登場

コート各¥160,000・ブローチ¥15,000・スカーフ¥17,000(ポール・スチュアート)

雑誌『Precious』でも活躍中のスタイリスト、犬走比佐乃さんは、ポール・スチュアートのアドバイザー役を務めることも。ビジネスウーマンの美しい装いのベテラン、犬走さんのアドバイスで新登場したのが、ノ―カラーのファーストコートです。

ステンカラータイプと同じ素材を使用し、タックを入れてほんのりとコクーン型に仕上げられています。スッキリしたビジュアルは、モードやカジュアルな着こなしにもアレンジ合わせやすく、着こなしに鮮度をプラスしてくれます。このノーカラーコートも、内側にスマートフォンポケットを備えています。

機能コートはカジュアルなものが多いなか、ビジネスシーンやオケージョンシーンでは、エレガンス感が漂う、きちんとした佇まいで臨みたいもの。このファーストコートが1枚あれば、どんなシーンも軽やかにサポートしてくれるはずです。

※掲載した商品の価格は、すべて税抜です。

関連記事

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
大槻誠一(エーワン)
STYLIST :
関口真実
EDIT&WRITING :
安念美和子