この春夏もっとも注目すべきバッグのひとつが、BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)から登場した新作「マキシ カバ」。前クリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーの後継者に選ばれた若き才能、ダニエル・リーが手がけた初のバッグです。

トーマス・マイヤーによる名作「カバ」同様、優れた職人たちの技によってうまれる「マキシ カバ」。ブランドを象徴する「イントレチャート」を一新して幅広のリボンを編み込んだグラフィカルなデザインと、「マキシ」という名前の通り、圧倒的な存在感を放つ大きさが特徴です。今回は、ブランドの新たな代表作といえる「マキシ カバ」の魅力をご紹介します。

ボッテガ・ヴェネタが誇る職人技をモダンにアップデートした「トートバッグ」

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)の新作「マキシ カバ」

4㎝幅のレザーリボンがうむ、圧倒的な存在感

バッグ「マキシ カバ」【縦66×横42×マチ16cm】¥1,000,000(税抜)

2001年に誕生したボッテガ・ヴェネタの代表作「カバ」は、ブランドが誇る職人技「イントレチャート」を贅沢に取り入れた、シンプルで飽きのこない名品です。幅広い世代に愛されるこのマスターピースの流れを汲みながら、まったく新しい表現に挑戦したのが「マキシ カバ」。

「イントレチャート」のベースとなるダブルフェイスの細いレザーリボン「フェットゥーチェ」を4㎝の幅に刷新し、モダンアートさながらのグラフィカルなデザインに仕上げました。高さ66㎝のバッグをつくるのに必要なナッパレザーの「フェットゥーチェ」は20本。およそ丸2日分の作業時間をかけて、職人がハンドメイドでつくりあげる「マキシ カバ」の存在感は絶大です! 

軽くて容量が大きいので旅のお供にしてもいいですし、アート感覚でインテリアに活用しても。バッグの概念を超える楽しみ方をもたらす逸品です。

これだけでも活躍する!? 機能充実の付属ポーチ

「マキシ カバ」付属のミニポーチ

「カバ」と同様、「マキシ カバ」は表裏なく美しく編み込まれたデザイン。ポケットはありませんが、代わりに取り外し可能なレザー製のミニポーチが付いています。こちらが、付属品とは思えないほど使い勝手のよいアイテム。スマートなフラットポーチに、カードスロットが4つ。カードや小物入れのほか、ミニ財布としても活躍間違いなしです。

アート感覚で集めたい、洗練されたカラーバリエーション

  • ブラックと鮮やかなグリーンのバイカラー。バッグ「マキシ カバ」【縦66×横42×マチ16cm】¥1,000,000(税抜)
  • シックな単色タイプ。バッグ「マキシ カバ」【縦66×横42×マチ16cm】¥1,000,000(税抜)
  • 上部にスムースレザーを配したデザイン。バッグ「マキシ カバ」【縦66×横42×マチ16cm】¥1,000,000(税抜)

バイカラーと単色のみで構成されたカラーバリエーションも、洗練のひとこと。美しい編み込みや質感に、レザーのクオリティーの高さと職人の技術力が伺えます。モダンかつタイムレスな魅力を放つ「マキシ カバ」。投資する価値ありの、長く愛することができるバッグです。

仕様メモ
・付属ポーチ(カードスロット4)1

イントレチャートの魅力を堪能する「ポーチ」も登場

大きなサイズのカラーバリエーションは写真のグリーンに加え、ブラック、レッドの全3色。バッグ「ザ・ポーチ」【縦20×横39×マチ19cm】¥320,000(税抜)

ダニエル・リーが就任後、初めて手がけたバッグはふたつ。先にご紹介した「マキシ カバ」と、こちらの「ザ・ポーチ」です。3種類の素材展開のなかでも、注目はカーフレザーで編み込んだイントレチャートを贅沢に使用したこちら。

表のイントレチャートはうっとりするほどやわらかく、内側もオールレザー。あえて装飾やポケットを省いた、ミニマムなデザインです。硬いフレームをレザーで完全に包み込み、丸みを帯びた優美なシルエットに仕上げているのもポイント。

小さなサイズのカラーバリエーションは写真のホワイトに加え、ブラック、レッド、グリーン、ピンクの全5色。バッグ「ザ・ポーチ 20」【縦12×横22×マチ8cm】¥160,000(税抜)

「ザ・ポーチ」は大小の2サイズ。小さなサイズは、バッグ・イン・バッグにするのもオススメです。


最高級のレザーと熟練の職人技がうむボッテガ・ヴェネタのコレクション。今シーズン誕生したふたつの新作によって、そこにフレッシュな魅力と遊び心が加わりました。使うほどになじむうえ、自分だけの楽しみ方を発見できるパーソナルなバッグ、あなたもぜひ手に入れてみませんか?

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Youjin Lee(aosora)
EDIT :
石原あや乃
EDIT&WRITING :
門前直子