多彩なアイテムや新しいブランドが出展したなかで、まず気になったのがニットの豊富なバリエーションだ。ローゲージからミドルゲージを中心とした、存在感のあるアウター感覚で楽しめるタイプが目立った。

 最初は、まだ地味な存在だが、日本のマーケットを意識した、ニットも展開する“マクローレン”に着目した。1962年、スコットランドに創業したニットブランドは、現在はイタリア企業がオーナー。ブレーシャ近郊に本社を構える。

1枚羽織ればコーディネートの主役になる“マクローレン”のニット

マクローレンの色鮮やかなニット

 マルチカラーの糸をジャカードで編み上げたニットは、鮮やかさに加え懐かしさがあった。1980年代の雰囲気を彷彿とさせる、実にイタリアらしい表情が絶妙だ。やわらかなスーパージーロング・ラムズウールを使い、ほどよく生地の肉感が伝わる。襟元のデザインがモックネックのため、インナーを合わせることなく、ニット1枚で楽しめる。他にも、久しぶりに復活の兆しをみせそうな、アーガイル柄をデザインしたクルーネックのニットもよかった。

創業40年の歴史を持つニットブランド“ランベルト ロザーニ”

ピッティ初出展を果たしたニットブランド“ランベルト ロザーニ”

 今回、初出展を果たしたニットブランドが“ランベルト ロザーニ”。ニットの名産地、イタリア・ウンブリア州に1979年に創業した。レディースで人気を誇っていたが、2018年春夏からメンズを始動し、俄然話題に上ったブランドである。大人好みの、この上なく上質な、今最も高価な糸と呼ばれるカシミア×シルク混を使ったニットも展開する。

 写真のクルーネックのニットは、ノルディック調の裏編みを大胆に生かしたデザインが新鮮に映る。レディースで展開した多彩なデザインをストックするだけに、メンズのニットが華やいだ雰囲気に仕上がるのも“ランベルト ロザーニ”の妙味である。

 今年の秋冬はニットが大人気になるような気がするほど、デザインや素材、カラー展開が豊富だ。このふたつのブランドは、まずおさえておきたい。

ヴィットリオ矢部の第95回ピッティ・ウォモまとめはこちらから!

https://togetter.com/li/1316259

この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク