白スニーカーは定番中の定番であるが、だた白いカラーリングなだけでありその存在感はどこか薄く感じる。個性も重要ではあるが定番であるからこそ、セレクト力が試されるアイテムである。見た目の違いは微差であっても、そこに妥協があってはならない。納得のいくデザインのものを選んでこそ一流といえよう。

ベーシックなホワイトだからこそ上質なスニーカーを!

ボッテガ・ヴェネタのスニーカー「スピードスター」

スニーカー各¥88,000(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

ボッテガ・ヴェネタの新作スニーカー「スピードスター」は、ランニングシューズをベースとしたアッパーがオーセンティックな雰囲気だ。素材にはレザーとメッシュ×レザーのコンビ素材の2種類を用意。中央はアッパーに上質なカーフを使用したオールホワイトが爽やかな印象。両サイドはサイドをメッシュ素材に切り替えたアンライニング仕様。見た目だけでなく履き心地も軽やかなスニーカーだ。ボリュームのあるホワイトのミッドソールに、レッドやイエローのアウトソールがさりげなく足元を主張してくれる。シューレースには、写真に使用したブランドロゴ入り以外にも、無地のホワイトが同梱する(写真のカラバリの場合)。

着やすさを重視したシンプルコーディネート

スニーカーは上に同じ。コート¥400,000・カットソー¥35,000・パンツ¥430,000(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

人気のオーバーサイズのコートは、シックなブラックと明るいベージュの2面性が楽しめるリバーシブル仕様。サイズ感で遊びを持たせるため、シンプルな黒のカットソーに、素材感のあるベージュのレザーパンツで、アウターと統一性を持たせた。全体のボリュームに負けないよう、足元にもボリューミーなスニーカーを選び、クリーンなホワイトでコーディネートを引き立てる。

以上、ボッテガ・ヴェネタのスニーカーを紹介した。デザイン性や機能性だけでなくちょっとした遊び心が垣間見えるのが、他とは差がつくスニーカーだ。もちろんメゾンブランドの持つラグジュアリーさも足されるのだから、迷いなく手にすることをお勧めする。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊