ここ数年、トップブランドからきれいめ「スニーカー」が続々と登場し、エレガンス派のキャリア女性にとってもスニーカーは見過ごせない存在に。人気の理由は、着こなしに生まれる絶妙なこなれ感です。

この春、スニーカー上手になって、大人カジュアルを一気にアップデートするために、きれいめ「スニーカー」にまつわる最旬情報をお届けしていきます。

永遠の定番3ブランドを大人目線でセレクト!

だれもが知っているスポーツスニーカーブランドから大人仕様のおすすめを厳選。価格帯もこなれていて、思わず大人買いしてしまいそう。アイコニックな魅力を改めて堪能しましょう!

キャンバススニーカーの代名詞「コンバース」7選

世代を超えて愛され続ける名品が、今、大人の女性にこんなにも愛される理由はバリエーションの豊富さだけでなく、実はほっそりとした「美シルエット」にありました!

こちらの『オールスター』は、バスケットボールシューズをベースに1917年に誕生して以来、ほぼ不変のデザイン。選手名を冠して『チャックテイラー』とも呼ばれています。

■1:「キャンバス オールスター OX」

「キャンバス オールスター OX」¥5,800(コンバース)

最もベーシックな白のローカットは、ラインの赤がかわいい名品です。 

■2:「キャンバス オールスター J HI」

「キャンバス オールスター J HI」¥12,000(コンバース)

大人がハイカットを選ぶなら、まず黒がおすすめ。パンツに合わせやすいのはもちろん、黒タイツとつなげてスカートにも相性抜群です。

■3:「LEA オールスター OX」

「LEA オールスター OX」¥9,500(コンバース)

リッチな質感を求めるなら黒レザーを選び、上品カジュアルに。

■4:「オールスター クップ スエード OX」

「オールスター クップ スエード OX」¥13,000(コンバース)

春~夏の明るい差し色に最適なオレンジも、スエード素材でまろやかな印象に。 

■5:「オールスター クップ スエード OX」

「オールスター クップ スエード OX」¥13,000(コンバース)

同じくスエード素材の淡いグレーは、上品さを極める大人にふさわしい一足です。

■6:「キャンバス オールスター カラーズ OX」

「キャンバス オールスター カラーズ OX」¥6,000(コンバース)

キャンバス地なので、最愛ベージュグラデーションの程よいカジュアルダウンに使えそう。ネイビーにも好相性です。

■7:「キャンバス オールスター HI」

「キャンバス オールスター HI」¥5,800(コンバース)

ありそうでないのが洗練グレーのハイカット。着こなしの幅をグンと広げ、楽しみを増やしてくれます。

問い合わせ先

レザースニーカー永遠の名品「アディダス」5選

スポーツブランドのレザースニーカーのなかで、最もオールマイティーといわれる『スタンスミス』をはじめ、シーンを選ばず、スタイルの完成度を上げる名品の底力に脱帽。

「白レザー」スニーカーの流行を生んだアディダス オリジナルスから、上質感あふれる5足を紹介します。

■1:「アディダス スリーク」

「アディダス スリーク」¥8,990(アディダス ジャパン〈アディダス オリジナルス〉)

流れるようなシルエットに純白のパテントが眩しい。ラバーソール×パテントなら多少の雨も気兼ねなく履くことができます。 

■2:「スタンスミス W」

「スタンスミス W」¥14,000(アディダス ジャパン〈アディダス オリジナルス〉)

上品なオフ白にパイソンを効かせたラグジュアリー仕様のスタンスミスです。

■3:「キャンパス W」

「キャンパス W」¥9,990(アディダス ジャパン〈アディダス オリジナルス〉)

スリーストライプの『キャンパス』は'80年代に登場したテニスシューズの復刻版。ブルーに近いアッシュグレーのヌバックで大人のニュアンスを演出してくれます。 

■4:「スタンスミス」

「スタンスミス」¥14,000(アディダス ジャパン〈アディダス オリジナルス〉)

人気の『スタンスミス』。豊富なかかとの色バリエーションから、大人の女性におすすめはネイビーです。

■5:「POD-S3.1 W」

「POD-S3.1 W」¥12,000(アディダス ジャパン〈アディダス オリジナルス〉)

今年は快適なニット×ハイテクソールもタウンでおしゃれに履けます。合わせやすいグレーが活躍。

問い合わせ先

歩きやすさはダントツ!「ナイキ」3選

今年はクッション性の高いハイテクソールのスニーカーを、あえてフェミニンな装いに合わせたい気分。だからこそ、ランニングシューズで並ぶものがないナイキに注目です。

■1:「エア マックス 90」

「エア マックス 90」¥12,000(ナイキジャパン〈ナイキ スポーツウェア〉)

スニーカー流行のこの春なら、『エア』搭載のハイテクシューズもタウンで自信をもって履きこなせます。モノトーンのレザー使いだから、シンプルで合わせやすい。 

■2:「エア フォース 1 セージ LOW」

「エア フォース 1 セージ LOW」¥13,000(ナイキジャパン〈ナイキ スポーツウェア〉)

今年らしい厚底スニーカーを、むだのないシンプルデザインとシックな黒レザーで。

■3:「クラシック コルテッツ ナイロン」

「クラシック コルテッツ ナイロン」¥8,000(ナイキジャパン〈ナイキ スポーツウェア〉)

1972年にデザインされたクラシックなランニングシューズは、今も新鮮です。明るいネイビーで軽やかな足元に。

問い合わせ先

※掲載した商品はすべて税抜です。

PHOTO :
佐藤 彩
EDIT :
藤田由美、古里典子(Precious)