「エコー」が開発した新技術を使って作られるのは「ECCO QUANT-U(エコー クアントゥー)」シリーズ。店頭で顧客の足を計測、その場に設置された3Dプリンターでミッドソールを製作するという、画期的なカスタマイズシステムだ。

最新技術により世界初を実現した「ECCO QUANT-U」

「エコー」が開発した新技術を使って作られる自分だけの靴「ECCO QUANT-U」サービス。

コンフォートシューズで有名な「エコー」は、1963年に創立、その後、1978年には、今までの靴作りの概念を変える、一体成型で靴を製作するダイレクトインジェクション方式(現在はこれを進化させたFLUIDFORM=フルイドフォルムと呼称する)を採用した画期的な製法の「ジョーク」シリーズを発売、一躍、世界中で認知されるブランドとなった。クラシックな革靴の製法は、アッパーの部分を吊り込みという技術で引っ張りながら造型し、次にソールを別途作り、それを縫い合わせて出来上がる。これは現在も続く、靴の基本的な製法だが、「エコー」の靴は、アッパーやソールなどを個別の部材とせずに、一体として設計する。そのための部材である皮のなめしも含めて、全てを垂直統合し自社工場で行う「エコー」は、他社の靴作とは一線を画した履き心地を追求している。

そんな最高の履き心地を追求し続ける「エコー」だからこその新プロジェクト、「ECCO QUANT-U(エコー クアントゥー)」は、「エコー」の思想を究極まで押し進めたサービスだ。

店頭で、顧客の足を立体的に計測し、自社が持つ膨大な足形データを元に、店内に併設された3Dプリンターを使い、完全カスタマイズのシリコーン製ミッドソールを成形。それはまさに、自分のためだけに誂えられた履き心地だ。

一般にレザーシューズは、ある程度時間をかけて自分の足に馴染ませていくのが常識とされてきたが、「エコー」の場合は、最初に足を滑り込ませたときから自らの足に完璧にフィットする。既製靴では果たし得ない履き心地は、一度体験したらやみつきになること請け合いである。

以下、実際に体験した、「ECCO QUANT-U」のフィッティングプロセスを紹介しよう。

1.計測・測定

3D足形計測器で顧客の足形を立体的にスキャンする。精密に測定されるので、普段はき慣れた靴下がいい。
専任のシューフィッターが、足の3Dデータを見ながら説明してくれる。記者の場合は、土踏まずが広いハイアーチで、左右のウィズもかなり違い、普段履いている既製靴に、足を無理矢理合わせていることが判明。

2.計測された数値を元にパターンを作成

次に、ランニングマシーン状の計測器上で、センサーを内蔵したシューズを履いて歩き、個々人の歩き癖や、体重移動のバランスなどを複合的に計測。
センサーはミッドソールの下に配され、様々な構造シミュレーションパターンから、顧客の足に最もフィットした形状を算出する。
ミッドソールはシューズの心臓部とされ、歩行時の靴の機能と履き心地の約70%はミッドソールの良し悪しで決まるという。
オールシリコーン製のハニカム構造で成型されるミッドソールのサンプル。写真右の粗い目のモノからから左にかけて、より体格の大きな顧客向けとなる。 

3.3Dプリンターでカスタマイズされたミッドソールを出力 

店内に設置された専用の3Dプリンターにより、ゼロから成型されるミッドソール。シリコーンを射出しながら、ミッドソールができ上がる様子を見られるのは画期的。3Dプリンターは2台稼働しており、両足トータルで約60分の待ち時間だ。
自分だけのミッドソールは、3Dミッドソール専用の「SOFT 8 QUANT-U EDITION」用に成型される。全13色のアッパーから選べ、自分だけの靴が完成するのだ。写真のカーフレザーは「エコー」の職人が手染めしたもので、風合いが違う。まさしくカスタマイズされた1足が手に入るというわけだ。価格は計¥76,000 ※税別(データ計測料¥25,000、ミッドソール制作料¥25,000、靴本体¥26,000)。

この期間限定のカスタマイズ体験は、3月26日まで。伊勢丹新宿店メンズ館地下一階=紳士靴の特設コーナーで行われている。現在のところ、このサービスが受けられるのは日本でココだけ。急ぎ訪問し、シューフィッターの丁寧な説明に納得したならば、取り敢えず1足誂えてみることをおすすめする。足元が軽く、何処までも歩いて行けそうな1足は、最高級のビスポーク靴に慣れ親しんだあなたにとっても、目から鱗の、新しい体験となるに違いない。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク