2019年春、注目のレディースコーデを集めました。カジュアルな着こなしやワンピースを使った可憐なスタイルまで春らしいコーデが盛りだくさんです。ワンランク上の春服で、大人の女性のおしゃれを楽しんでいきましょう。

【目次】

2019年の春服レディースコーデ


【1】ジル・サンダーのピンクワンピース×ブレスレット

【1】ジル・サンダーのピンクワンピース×ブレスレット
ワンピース(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ブレスレット(ヴァン クリーフ&アーペル) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

可憐なシェル・ピンクのシャツワンピースをまとえば、自然と笑顔が輝きます。

【2】アニオナのイエローワンピース×ネックレス

【2】アニオナのイエローワンピース×ネックレス
ネックレス・ブレスレット・リング(ハリー・ウィンストン)、ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

愛らしい「忘れな草」をダイヤモンドとサファイアで華麗に表現。

【3】ブルネロ クチネリのベージュコート×白スニーカー

【3】ブルネロ クチネリのベージュコート×白パンツ
コート・ニット・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ベージュ~オフホワイトの淡色コーディネートにキレのよさを加えているのが、上質スニーカー。「モニーレ」と呼ばれるボールチェーン装飾が施された一足なら、ラグジュアリー感もキープできます。今の気分を感じさせつつ、上品な着こなしが完成。

【4】シクラスのキャメルブルゾン×白ニット

【4】シクラスのキャメルブルゾン×白ニット
靴(トッズ・ジャパン)、ブルゾン(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(ドレスアンレーヴ〈カピエ〉)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・リング(RHC ロンハーマン〈ソフィー モネ〉)、ペンダント・バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(ダニエル&ボブ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

スニーカースタイルをあくまでシックに仕上げたいなら、こんなニュアンスカラーの一足を。

【5】ebureのグレーニット×グレースニーカー

【5】ebureのグレーニット×グレースカート
靴『ディップ』(リエート〈サントーニ〉)、ニット(ebure)、スカート(Vince表参道店)、ネックレス(マダマ伊勢丹新宿店)、リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

グレーの色味もさることながら、シルエットの美しさも秀逸なレザースニーカーなら、洗練度抜群! 休日にも活躍すること間違いなしです。

【6】ブラミンクのパープルブラウス×キャメルワイドパンツ

【6】ブラミンクのパープルブラウス×キャメルワイドパンツ
パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(ブラミンク)、ネックレス・ゴールドのトップ(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ウエスト位置を高く見せる、トレンドデザインのパンツは、切りっぱなしのフリンジが着映えポイントです。パッと目を引くパープルのブラウスをボトムインすると、上半身をコンパクトに見せてスタイルアップしつつ大人かわいいモードスタイルが完成します。ゴールドの金具が効いた黒小物で華やかな個性をトッピング。

【7】エルメスのグリーンワンピース×黒靴

【7】エルメスのグリーンワンピース×サンダル
ワンピース・靴『タニア』・ボールペン『ノーチラス』(エルメスジャポン)、眼鏡(金子眼鏡店 青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ワークウエアのようなラフなシルエットのワンピースは、上質なカーフレザーのやわらかな肌触りも心地よく、仕事に集中。目に穏やかなグリーンクレイの色調もお気に入りです。

【8】マックスマーラのカーキワンピース×カーキジャケット

【8】マックスマーラのカーキワンピース×カーキジャケット
ジャケット・ワンピース・サングラス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) ピアス/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

マニッシュなダブルのウールジャケットに、優美なワンピースを合わせて。相対するテイストの組み合わせが、上級のおしゃれをかなえてくれます。マックスマーラの今季のコレクションは、「女神」がキーワードのひとつに。パワーショルダーのジャケットは、'80年代に活躍したデザイナー、アンヌ・マリー・ベレッタに敬意を表し、彼女のアーカイブコレクションから再構築されたものです。

【9】シクラスのグリーンスカート×白シャツ

【9】シクラスのグリーンスカート×白シャツ
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、シャツ(ebure)ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

今季の流行色、みずみずしいグリーンのスカートを休日のカジュアルスタイルに投入! 白シャツに合わせるだけでハッとするほど新鮮に。インパクトのあるバッグで着映えましょう。

【10】エアロンのブルーブラウス×ブルーパンツ

【10】エアロンのブルーブラウス×ブルーパンツ
ブラウス(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(キートン)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TOMORROWLAND〈ヴァシック〉)靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

きれい色は、トップスだけ取り入れるよりむしろ、セットアップ風に取り入れるのが今の気分。しなやかな素材のブラウスとウールのパンツ…と異素材を組み合わせることでニュアンスもアップします。白のバッグ&靴で爽やかに仕上げましょう。

ワンピースの春服コーデ


【1】ペセリコのネイビーワンピース×白バッグ

【1】ペセリコのネイビーワンピース×白バッグ
ワンピース(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ミニマルなワンピースには、マリンモチーフのバッグを添えて、大人の遊び心を演出。可憐な雰囲気でワンピースを楽しむために、足元はフラット靴を選ぶのが約束です。落ち感の美しいサテン地のコクーンワンピースは、これから夏本番にかけて活躍の予感。背面がマントスリーブ風になっているため、気になる二の腕をさりげなくカバーできるつくりになっています。

【2】ジョルジオ アルマーニの黒ワンピース×黒バッグ

【2】ジョルジオ アルマーニの黒ワンピース×黒バッグ
ワンピース・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ふんわりシルエットでボディーラインを隠すより、つかず離れずのタイトなシルエットのほうがずっとすっきり見えます。ワンピースは、ボートネックに二の腕が美しく見えるノースリーブ、視覚効果でウエストや腰をカバーするドレープ使いなど、着る人を美しく演出する工夫が随所に感じられる秀逸のデザインです。

【3】ボスの白ワンピース×黒ジャケット

【3】ボスの白ワンピース×黒ジャケット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ワンピース(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

いつもの甘めのワンピースから辛口に。シンプルなデザインですが、特別感のある白が印象的です。通常だとテーラードのジャケットを合わせがちですが、カットワークが軽快なレザーブルゾンで今どき感を出すのが正解。しかも袖は通さず肩がけにするのがポイントです。

【4】デレク ラムのイエローワンピース×白パンプス

【4】デレク ラムのイエローワンピース×白パンプス
靴 (ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ワンピース(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

イエローという幸せ色のパンプス『メイセール』を主役に、さらりと心地いいワンピースをまとって。心から笑顔があふれる贅沢な時間は、とっておきの靴とともに過ごしたいものです。

【5】ジョルジオ アルマーニのブルーワンピース×シルバー靴

【5】ジョルジオ アルマーニのブルーワンピース×シルバー靴
ワンピース(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

風をはらんで、どこまでも自由に、優雅に揺れるシルクのワンピースで、春の喜びを謳歌。繊細なマーブルを描いたような、ブルーのグラデーションに身を包めば、まるで一輪の花のように、優美な雰囲気で周囲を照らす存在になります。

【6】ブルネロ クチネリのベージュワンピース×黒靴

【6】ブルネロ クチネリのベージュワンピース×黒靴
ワンピース・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット・リング(ハリー・ウィンストン) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

細かなドレープが美しいワンピースは、「ピュアシルク・ジャポネット」と呼ばれる上質素材を用いてモダンなエレガンスを体現した一枚。春の朝日にも似た、明るいニュートラルカラーに包まれれば、神々しいまでのオーラが漂います。

春のカジュアルコーデ


【1】ebureの黒シャツ×白スニーカー

【1】ebureの黒シャツ×白スニーカー
靴『CH871』(チャーチ 表参道店)、シャツ(ebure)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(DES PRES〈アリアナ ボウサード〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

足元を白スニーカーにチェンジするだけで、黒の装いが軽やかに。カーフスキンの白にゴールド使いが映える、洗練が際立つ一足なら効果絶大です。

【2】レ・コパンのベージュカーディガン×白スニーカー

【2】レ・コパンのベージュカーディガン×白スニーカー
カーディガン・トップス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(Theor y)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

カジュアルなコーディネートをあまりしない人には、日常スタイルの延長として着られる、淡いワントーンの洗練カジュアルがお似合いです。単調にならないように素材選びに気をつければ、簡単に真似できるのもいいところ。ただし足元だけは今風にスニーカーを選びましょう。

【3】ラルフ ローレン コレクションの水色フーディ×デニムパンツ

【3】ラルフ ローレンコレクションの水色フーディ×デニムパンツ
ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

「アスレジャー(運動と余暇の造語)」と呼ばれるスポーティーなファッションが注目される今、健康的な美しさこそ、新しいエレガンスの基準に。ラフになりすぎないよう、きちんとしたおしゃれを心がけましょう。

【4】マックスマーラの白ブラウス×グラデーションスカート

【4】マックスマーラの白ブラウス×グラデーションスカート
スカート・ブラウス・ベルト・バッグ・サングラス・靴(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

長め丈のプリーツスカートは、リゾート地にも似合い、これからの季節、旅先のワードローブとしても優秀。白のリネンブラウスとアースカラーのバッグ&靴を合わせて、リラックスしたイメージに。

【5】エルメスの黒ニット×黒パンツ

【5】エルメスの黒ニット×黒パンツ
ニット・パンツ・『ニュー・ファランドール』・ネックレス・ブレスレット(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

美しい放物線を描く繊細なチェーンのジュエリーを、あえてカジュアルなニットでフランクに。平らに置くと『カレ』のような正方形。首を通す場所によって前後に流れるチェーンのボリュームが変わる仕組みです。

40代のための春服コーデ


【1】ジョルジオ アルマーニのピンクジャケット×グレージュパンツ

【1】ジョルジオ アルマーニのピンクジャケット×グレーパンツ
ジャケット・インナー・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

とろみのあるグレージュのパンツに同系色の小物を重ねて、流行のワントーンの着こなしに。白いコットンパンツやスニーカーを合わせれば休日にも活用でき、一枚でいくつもの顔が楽しめる万能さがウリです。

【2】Theoryのグリーンニット×グリーンパンツ

【2】Theoryのグリーンニット×グリーンパンツ
ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、カシミヤのニット・パンツ・靴(Theory)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

このコーディネートの最大のポイントは色使い。例えば、トップスだけグレーやベージュにすると、インパクトは半減。ワントーンでそろえるところが重要な鍵になります。また、デザインはベーシックなものにすることで、仕事中も邪魔にならず、動きやすいという利点も。簡単に洗練度アップできる「色合わせ」はぜひマスターすべきです。

【3】ブラミンクの黒ニット×グレージュスカート

【3】ブラミンクの黒ニット×グレージュスカート
スカート・ニット(ブラミンク)、ピアス(DES PRES〈エレナ ローナー〉)、ネックレス(RHC ロンハーマン〈ハルポー〉)、ぺランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

モダンなスカートに、靴でさらなる輝きをトッピング。こうして光沢感をちりばめることで着こなしにリズムが生まれます。ワントーンのコーディネートは、素材や色でメリハリを効かせましょう。

【4】エリオポールの白カーディガン×ベージュスカート

【4】エリオポールの白カーディガン×ベージュスカート
スカート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、カーディガン(エリオポール代官山〈エリオポール〉)、ニット(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・ネックレス・リング(チェリーブラウン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(RHC ロンハーマン〈ペッツァーナ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

艶めく柄スカートは、いかに抜け感を加えるかが洗練の決め手。スエードローファーで辛口に仕上げましょう。

春服コーデの関連記事