寒暖の差が激しいこの季節に大活躍するアウターといえば、トレンチコート。ベージュの正統派デザインも素敵ですが、今年はトレンチも少し遊んでみるのはいかがでしょうか?

伊勢丹新宿店バイヤーによると、日本ブランドよる変化球トレンチコートがオススメ。素材にこだわった細身デザインは、日本人の体にしっくり馴染みます。軽やかな仕上がりで、着用シーズンが長いのもうれしいポイントです。今買って初夏まで楽しめるかも! 進化を続けるジャパンメイドなトレンチコートを厳選してお届けします。

伊勢丹バイヤーのイチオシ!レディースラインを初お披露目した「CANTATE(カンタータ)のトレンチコート」

「CANTATE(カンタータ)」のトレンチコート

2015年に松島 紳氏が立ち上げた、ハイファッションブランド「CANTATE(カンタータ)」。日本最高峰の機屋や工場と直接コンタクトを取り、メイド・イン・ジャパンにこだわったスタンダード服を創り続けています。生地、そしてそれを構成する糸にまで上質を追求した、随所に妥協のない美意識を感じられる逸品ばかりです。

2019春夏コレクションよりレディースを発表。伊勢丹新宿店のバイヤーも注目する、カンタータなりの視点で表現したトレンチコートがこちらです!

トレンチコート ¥192,000(税抜)

深い前合わせのため一見ダブルに見えますが、実はシングル仕立て。肩のエポーレットは省いてシンプルに。「着心地の良さを優先して余計なところを省いた結果、生まれたデザインではないでしょうか」と、伊勢丹バイヤーもコメントします。 

タスキ型ストラップや襟裏のステッチなど「こだわりディテール」をクローズアップ!

カンタータの提案するトレンチコートには、ワッと驚くような仕掛けがたくさんあります。

背中にタスキ型のストラップを設置。

まず、肩がけした際にずり落ちてしまうのを防ぐため、タスキ型のストラップを背中の内側に付属しています。洋服の肩がけをすると、すぐにずり落ちてなかなか決まらない……。そんな女性の強い味方です。「着物のタスキがけをヒントにデザインしたそうです。デザイナーのお茶目なこだわりが感じられますね!」。

バックにはストームシールド、別名アンブレラヨークと呼ばれるディテールを採用。肩から背中にかけて生地が二重になり、雨水がコート内に侵入するのを防ぎます。右側のみに付いているのは、左手で傘をさして背中の右側だけが濡れている人をよく見かけるというデザイナーの経験に基づいています。

さらに、襟裏にはジグザグステッチが細かく入っていて、襟をきれいに立てて着用することが可能。ストールをはおったときのシルエットも様になります!

物がたっぷり入る貫通ポケット。

パッチポケットは貫通タイプで、内側のポケットを使う仕様に。デザインはシンプルなまま、携帯電話など小物をたくさん入れることができます。

ベージュ&オレンジの糸が生み出す独自の玉虫色にうっとり!

トレンチコートの醍醐味とも言える玉虫色は、美しいのひとこと。

素材は、60番双糸を使った最高級のスーピマコットン。経糸をベージュ、横糸をオレンジにして高密度で織ることで、独自の玉虫色を出しています。光沢があって高級感があり、そして光の当たり方によりピンクのような玉虫色に見えます。絶妙な色合いとはまさにこのこと!

「次のトレンチは人とは少し違うものを選びたい、という人にオススメです。個性的なところはありますが、飽きのこないデザインですしハイクオリティー。10年以上は楽しむことができると思います」

実際に着用してみると、ふわりとした軽やかさにも驚かされます。今年はロング丈のトレンチコートが多いなか、定番丈なのも特徴。お花見シーズン、そして初夏にまで活用できそうです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
大槻誠一
WRITING :
高橋京子
EDIT :
石原あや乃