男の真の格好よさが表れるのはフォーマルな装いである。そしてフォーマルをマスターせずして、真のお洒落は完結しない。そのことを念頭に、正統スタイルからアレンジスタイルまで、フォーマルの着こなし術を徹底解説する。

■正礼装のテールコート

厳格なルールに則った最も格式が高い夜会服

テールコート・ベスト・パンツ¥〈リベラーノ&リベラーノ〉・シャツ・スタッズボタン・カフリンクス〈ハンツマン〉・チーフ〈ソシアル〉/以上伊勢丹新宿店 ボウタイ(ハケット ロンドン) ハット(ブルックス ブラザーズジャパン) グローブ(和光) ステッキ(サンモトヤマ銀座本店〈フォックス アンブレラ〉) 靴(トレーディングポスト青山本店〈クロケット&ジョーンズ〉)
テールコート・ベスト・パンツ¥〈リベラーノ&リベラーノ〉・シャツ・スタッズボタン・カフリンクス〈ハンツマン〉・チーフ〈ソシアル〉/以上伊勢丹新宿店 ボウタイ(ハケット ロンドン) ハット(ブルックス ブラザーズジャパン) グローブ(和光) ステッキ(サンモトヤマ銀座本店〈フォックス アンブレラ〉) 靴(トレーディングポスト青山本店〈クロケット&ジョーンズ〉)

招待状に「ホワイトタイ」と記述があれば、テールコート着用のドレコードを指す。夜の正礼装として変わることがない、万国共通のスタイル。

■準礼装のタキシード

格式の高いパーティにふさわしい普遍的装い

タキシード・シャツ・ボウタイとカマーバンドセット・チーフ/参考商品(ゼニア カスタマーサービス〈エルメネジルド ゼニア〉) 靴(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
タキシード・シャツ・ボウタイとカマーバンドセット・チーフ/参考商品(ゼニア カスタマーサービス〈エルメネジルド ゼニア〉) 靴(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)

テールコートの着用がふさわしい場はごく限られることから、最近では準礼装から正礼装に格上げされた感もあるタキシード。招待状に「ブラックタイ」と明記があれば、正統タキシードの着用が求められている。着こなしは黒と白だけでまとめることがルール。ボウタイとカマーバンドは黒無地のセットにする。オーソドックスに徹することが、パーティの主催者や列席者への配慮となる。大人の男として、一式をそろえておくべきスタイル。

■略礼装のタキシード

アレンジを効かせた現代感覚のフォーマル

タキシード・シャツ・カマーバンド(リシュモン ジャパン〈ダンヒル〉) ボウタイサンモトヤマ銀座本店〈フィリッポ サリ〉) チーフ(伊勢丹新宿店〈アットリーニ〉)靴(ウィリー〈フラッテリ ジャコメッティ〉)
タキシード・シャツ・カマーバンド(リシュモン ジャパン〈ダンヒル〉) ボウタイサンモトヤマ銀座本店〈フィリッポ サリ〉) チーフ(伊勢丹新宿店〈アットリーニ〉)靴(ウィリー〈フラッテリ ジャコメッティ〉)

かしこまった催しではない場合、正統なタキシードでは堅苦しく見えることも。その場合には、あえてルールを破った着こなしで臨み、伊達男の本領を発揮しよう。あのウィンザー公が黒ではなく、ミッドナイトブルーと呼ばれる濃紺のタキシードを着用したことは伝説。こちらは公を連想させるモヘア×ウールのミッドナイトブルー! 赤と紺のボウタイが現代的なアレンジ技になる。

■略礼装のジャケパン

巧みなドレスダウンが洒脱感を盛り上げる

ジャケット・シャツ・パンツ(キートン)スカーフ(シーワード&スターン) チーフ(シップス 銀座店〈ブリューワー〉) 時計(ジャガー・ルクルト) 靴(トレーディングポスト青山本店〈トリッカーズ〉)
ジャケット・シャツ・パンツ(キートン)スカーフ(シーワード&スターン) チーフ(シップス 銀座店〈ブリューワー〉) 時計(ジャガー・ルクルト) 靴(トレーディングポスト青山本店〈トリッカーズ〉)

カジュアルなパーティなら、フォーマルを自分流にアレンジしてドレスダウンするのがドレスコード。黒のベルベットジャケットにグレースラックスを合わせれば、ドレス感がありつつも、肩の力が抜けた印象に。ボウタイの代わりに大判のシルクスカーフを巻けば、大人の男の色香が漂う。ベルベットのスリップオンも今どきのお洒落感を演出する絶妙なアレンジ術。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2012年冬号「必読!フォーマルの強化書」より / 2017.7.11 更新
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/熊澤 透(人物)、小池紀行(パイルドライバー/静物) スタイリスト/梶谷早織 ヘア&メーク/MASAYUKI(the VOICE)モデル/Cuba 構成/鷲尾顕司(ViVid)