紫外線は一年中、降り注いでいることから、顔用のUVケア化粧品やボディー用日焼け止めは一年中、欠かせないものです。そうとは分かってはいても「まあ、いいかな」と油断してしまう日もありますよね。

そういった油断や考え方は、日差しが強くなる季節が到来した今こそ、見直すとき! 冬の間にゆるんだ気を引き締めるためにも、紫外線による影響の恐ろしさを確認しておきましょう。

美容ジャーナリストの永富千晴さんは、紫外線の種類「UV-B」だけでなく、「UV-A」も押さえた細かな紫外線ケアを実践しているそう。

今回は永富さんが、光老化を引き起こすといわれる「UV-A」について、そして「ここまでやっている人は少ない!」という、主にUV-Aへの対策を複数教えてくれました。また、自身の過去の肌ケアにまつわる体験談も。将来の自分の肌のヒントにしてみてください。

光老化を引き起こす「UV-A」まで対策しよう

「SPF値」だけでなく、「PA値」も重要です。

日焼け止めやUVカット化粧品を使っての紫外線ケア。永富さんによると、選ぶポイントになるのが、「どの紫外線を防ぐことができるのか」ということだといいます。

「日焼け止めやUVカット化粧品を選ぶときは、UV-Bを防ぐ効果を表す『SPF値』だけでなく、UV-Aを防ぐ効果を表す『PA値』も意識するほうがベター。UV-Aは、光老化をもたらすといわれている波長で、肌の奥まで届き、シミや老化を加速させる炎症などを引き起こすといわれています」

紫外線のなかでもUV-Aは、波長が長いことから肌の奥の真皮にまで到達することがわかっています。肌の奥で「酸化」が起き、さまざまなダメージが蓄積され、シワ、たるみなどの光老化を引き起こすといわれています。

一方、UV-Bは波長が短く、主に肌の表皮に強く作用し、いわゆる肌表面が黒くなる日焼けをもたらすといわれているもの。もちろん、このUV-Bも油断はできませんが、目に見える変化がすぐに表れないUV-Aこそ、注意が必要といえるのです。

そこで、PA値の高さを表す「+」が高いものを選ぶことを永富さんはすすめます。

また、顔用のUVケア化粧品の選び方についてもお話ししてくれました。

「UVケア効果のあるファンデーションや下地には、肌を美しく見せつつ、UV効果のあるものや、汗水などの耐久性の強さを謳っているものなど各種あります。自分自身の目的が、例えば『肌を美しく見せたい』なのか、『汗水などにも崩れにくくしたいのか』などの優先順位を決め、過ごす環境に合わせて使い分ける、という先取り・先回り美容をするのをおすすめします」

もちろん、顔だけでなく、ボディーの日焼け対策も必要だといいます。

「ボディーに日焼け止めを塗るのはもちろん、UVケアを意識したサングラス、帽子、手袋、衣服、日傘、車の窓から入ってくる紫外線ケアに対応するものなど、多角度からボディーを防御することが大切です」

UVケア化粧品や日焼け止めの塗り方のポイント

塗り残しのしやすい部分も丁寧に!

続いて、UVケア化粧品や日焼け止めの塗り方についてのポイントを教えてくれました。

ファンデ下地もまめに塗り直す

「日焼け止めは一年中塗っていても、お化粧直しをまめにする、という方は少ないかもしれません。汗や水などでヨレやすくなる方は、お化粧直しをまめに行い、UVケアできるファンデやファンデ下地を、塗り直すくらいがちょうどいいと思います」

首・デコルテ・手元は塗り残しやすい!

「日焼け止めを塗り残しやすいのは、首、デコルテ、そして手元。あごを上にぐいっと上げて、あご下からデコルテ周りにも塗るのをおすすめします。手元は塗り忘れると、顔や首との肌色の差も出やすく、差があると自分でも気になって仕方なくなるので要注意。顔と一緒に首、デコルテ、手元も光老化ケアをしましょう」

真似したい!一歩先を行く自宅での紫外線対策

自宅にいても油断は禁物です。

そして、雲や窓ガラスも突き抜けるというUV-Aは、自宅にいても油断大敵だと永富さん。自宅でさまざまなUV-A対策を行っているそうです。

■1:窓にUVカットフィルムを貼る!

「ちょうど数日前に、いくつかの窓にUVカットフィルムを貼りました。依頼した内装業者によると、最近、家の窓にUVカットフィルムを貼る方が増えているそう。大きな窓の場合、自分でフィルムを貼るのは難しいので、専門の方に貼っていただくのをおすすめします。多少費用はかかっても、きれいな仕上がりになりますよ」

■2:UVカットカーテンやオーニングを設置!

「カーテンなどもUVカット効果のあるものにしたり、オーニング(日よけ)などをつけたりするなど、お部屋の雰囲気に合わせてプラスアルファの対策をするのもおすすめです」

■3:UVカット効果のある生地の洋服を着用!

「UVケアに万全な人だと、UVカット効果のある生地のお洋服で過ごすという方もいます。これは決してやりすぎではありません。それくらい、家の中でも万全の対策が必要なのです」

徹底した紫外線対策の結果は?

将来すてきな肌を手にするために、今からケアを始めましょう。

これらの細やかな紫外線対策により、永富さん自身、どのような結果が出ているのでしょうか?

「私は決して自慢できるような肌ではありません。同年代の女性には、もっと気をつけていて、雪のように白い肌の方も多くいます。私は『日焼けした肌がトレンド』という時代を過ごしてきた世代なので、20~30代ごろ、どんな風に過ごしていたかによって、今の肌は変わってきます。

私自身は当時、日焼け止めを塗りながら適度に焼きつつも、綺麗な日焼けを保つためにどうするかというケアや、どのように肌色をキレイに戻すか、というケアに取り組んでいました。そこから学んだのは、『日焼けダメージは蓄積しやすい』ということ。一度炎症を起こすと、やはり、また炎症を起こしやすくなる気がします。UV-Aによる炎症は肌の内側にまで及んでいることを、身をもって知りました。

日焼けを繰り返した肌の光老化ダメージへのケアをきちんとしておかないと、45歳を過ぎたあたりから顕著に老化として表れてきます。シミ以外にも、たるみやシワ、乾燥を気にしている方は、今からでも『守ってケアする』ことを意識すると、必ずあとで結果を実感すると思います」


永富さんの実体験から来る意見、とても参考になりますね。今表れている肌の状態は、過去の自分のケアがそのまま結果として表れているということ。

それであれば、今、自分の将来の肌のためのケア、こまめにやりたくなりますね。

これからは、どんどん紫外線量が増える時季といわれます。ぜひヒントにしてみてください。

永富千晴さん
美容ジャーナリスト
(ながとみ ちはる)ビューティーエディターとして出版社に勤めた後、美容ジャーナリストとして独立。2003年より美容感度の高い女性が集まるメンバーシップコミュニティ「club C.」を主宰。最新美容からリアルな声を反映した美容情報までさまざまな情報を執筆。アドバイザー、マーケティング、PRなどでも活躍。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利