セミロング~ロングヘア、ボブヘアなど、簡単にできる髪型のアレンジ方法をご紹介します。オバさんっぽくならず、上品にアレンジしたい女性にぴったりのヘアスタイルばかり。ぜひ忙しい朝のヘアアレンジに試してみてください。

【目次】

ロング・セミロングヘアの簡単髪型アレンジ方法


古臭いオバさんとは言わせない!今っぽい「ギブソンタック」

\ゆるっとしているのにきちんと感も。しなやかな前髪で大人の余裕も演出/

完成
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

アレンジ方法

■1: 耳裏からフロント部分の毛束をとってハーフアップに
耳裏の位置からフロント部分の毛束を両サイドとる。頭頂部から後頭部の髪は残しておくのがポイント。
耳裏の位置からフロント部分の毛束を両サイドとる。頭頂部から後頭部の髪は残しておくのがポイント。
毛束を後ろでひとつ結びにする。襟足の少し上くらいがベスト。
毛束を後ろでひとつ結びにする。襟足の少し上くらいがベスト。
■2: 結んだ毛束をくるりんぱする
1で結んだ毛束の中央を割って、毛先を上からくぐらせる。
1で結んだ毛束の中央を割って、毛先を上からくぐらせる。
■3:残した後頭部と襟足の髪をふたつに分ける
結んでいない髪の毛を左右に分けて。
結んでいない髪の毛を左右に分けて。
■4:左右に分けた毛束をくるりんぱの穴に上から通す
左右に分けた髪の毛を、それぞれ2のくるりんぱの穴に通す。穴の下から指を入れて、毛束を通すとやりやすい。
左右に分けた髪の毛を、それぞれ2のくるりんぱの穴に通す。穴の下から指を入れて、毛束を通すとやりやすい。
■5:毛先をゴムでひとつ結びにする
すべての毛先をまとめる。
すべての毛先をまとめる。
■6:毛先をもう一度くるりんぱする
2のくるりんぱの穴に毛先を上から通す。
2のくるりんぱの穴に毛先を上から通す。
■7:毛先をピンで固定する
くるりんぱした毛先をピンで固定し、お団子をつくる。
くるりんぱした毛先をピンで固定し、お団子をつくる。
■8:耳上の毛束をゆるっと引き出す
お団子を持ちながら耳にかかっている毛束をゆるく引き出す。たるませるようあイメージで。
お団子を持ちながら耳にかかっている毛束をゆるく引き出す。たるませるようあイメージで。
■9:頭頂部と後頭部の毛束をつまんで引き出す
お団子を持って、頭頂部と後頭部の毛束を引き出す。ツメでひとつまみし、細かく引き出すのがコツ。絶壁は後頭部が丸く見えるようにしっかりと引き出して。
お団子を持って、頭頂部と後頭部の毛束を引き出す。ツメでひとつまみし、細かく引き出すのがコツ。絶壁は後頭部が丸く見えるようにしっかりと引き出して。

古臭いオバさんとは言わせない!今っぽい「ギブソンタック」をつくる9ステップ

エレガンスな今っぽい上級者アレンジヘア

\女性らしさがグッと引き立つアップスタイル/

このような+サングラスをしたまとめ髪に。
このような+サングラスをしたまとめ髪に。
サイド
サイド
バック
バック

アレンジ方法

■1: 手ぐしで髪を後ろに束ねる
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
■2:ゴムで結ぶ
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
■3::毛束を結び目に巻き付ける
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
■4::トップの毛をランダムに引き出す
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
■5::毛束の毛先をほぐす
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。

サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

高級感あるハーフアップヘア

\簡単!なのにクラス感も演出できる、ディテールが決め手のハーフアップ/

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

アレンジ方法

■1:両耳の先端を結んだあたりから髪をまとめ、ゴムで留める
髪をまとめたら、もみあげの上あたりの低い位置でゴムで束ねる。
髪をまとめたら、もみあげの上あたりの低い位置でゴムで束ねる。
■2:ゴムの結び目の上で、毛束を2つに分けて輪っかをつくる
「くるりんぱ」をするために、結び目の根元に輪っかをつくる。
「くるりんぱ」をするために、結び目の根元に輪っかをつくる。
■3:輪っかに毛束を通す
毛束の毛先から輪っかに通す。
毛束の毛先から輪っかに通す。
■4:緩んだ結び目を締めるように毛束を左右に引っ張る
毛束の根元近くを持って、左右に引っ張ること。
毛束の根元近くを持って、左右に引っ張ること。
■5:結び目を抑えながら、頭頂部の髪を少しつまんで引き出す
中央だけでなく、右、左と鏡を見ながらまんべんなく引き出す。
中央だけでなく、右、左と鏡を見ながらまんべんなく引き出す。
■6:ワックスを両手のひらになじませ、毛先を握ってカールをつける
ミルクタイプのワックスをなじませた手で、毛先をくしゅくしゅと握りながらクセをつける。
ミルクタイプのワックスをなじませた手で、毛先をくしゅくしゅと握りながらクセをつける。

うねりもパサつきも解消!高級感ある「ハーフアップ」のつくりかた

ボブヘアの簡単髪型アレンジ方法


後れ毛でゆるっとラフに!大人の絶妙くるりんぱ

\色っぽくてかわいい大人の「Wくるりんぱアレンジ」/

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

アレンジ方法

■1:髪全体をアイロンで細かく巻く
アイロンは細めの26㎜を使用。根元に近い中間部分から毛先までしっかりと巻く。内巻き、外巻きとランダムに巻くと◎。
アイロンは細めの26㎜を使用。根元に近い中間部分から毛先までしっかりと巻く。内巻き、外巻きとランダムに巻くと◎。
■2:ハチまわりの髪をゴムで結ぶ
高さを出したいハチまわりだけを結ぶのがポイント。このときに前髪のすぐ横の長い後れ毛を少し残した状態で結ぶ。
高さを出したいハチまわりだけを結ぶのがポイント。このときに前髪のすぐ横の長い後れ毛を少し残した状態で結ぶ。
■3:結んだ髪をくるりんぱする
結んだ髪の上を割いて上から通す。その後、頭頂部の髪をつまんで高さを出す。
結んだ髪の上を割いて上から通す。その後、頭頂部の髪をつまんで高さを出す。
■4: 襟足の髪とくるりんぱの毛先まとめてゴムで結ぶ
このときに、うなじの後れ毛は結ばずに残して結ぶ。指でひとつまみほどの毛束を残して。
このときに、うなじの後れ毛は結ばずに残して結ぶ。指でひとつまみほどの毛束を残して。
■5:結んだ髪もくるりんぱする
二つ目のくるりんぱも、結び目の上を割って上から毛束を通す。
二つ目のくるりんぱも、結び目の上を割って上から毛束を通す。
■6:後れ毛をアイロンで外巻きにする
両サイドの後れ毛をアイロンで外巻きにする。ワンカールくらいでOK。これでフェイスラインが寂しくなくなる。
両サイドの後れ毛をアイロンで外巻きにする。ワンカールくらいでOK。これでフェイスラインが寂しくなくなる。

キュッとまとめながら、後れ毛でゆるっとラフに!大人の絶妙くるりんぱ

手軽にできるハーフアップで抜け感のあるスタイル

\外出先でも手軽にアレンジできる大人のハーフアップ/

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

アレンジ方法

■1:額から後頭部に向かって親指をジグザグに動かしながら、頭頂部の毛をまとめる
こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。
こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。
■2:頭頂部の髪をまとめたら、毛束の根元を一ねじり
束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。
束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。
■3:ねじった部分を持ち上げながら、トップに高さをつくる
鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。
鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。
■4:根元を抑えながら束ねた髪を引き出す
トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。
トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。
■5:ねじった部分を固定するようにアメピンで固定
ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。
ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。
■6:スタイリング剤をなじませながら、毛先を外ハネに
ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。
ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。

ボリュームが多くて硬い髪の人、必見!ハーフアップで抜け感のあるスタイルに

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。