フランス式のVゾーンコーデというと、どんな印象を持つだろうか。フランスの地方を描いた映画などで出てくる一般市民のコーデは、ブルーのシャツに赤いネクタイだったりグリーンのネクタイにストライプのカラーシャツだったりして、もしかして狙ってる? と思わず疑ってしまうような「独創的」なコーデが多い。

しかしながらその独創に、洗練されたモードのエッセンスが降りかかれば、たちまちのうちに圧倒的なエレガントさを醸し出すのだから、フランスは奥が深いのだ。

うまく咀嚼(そしゃく)したスタイルが、フランスのメンズファッション。どこかにフェミニンな香りが漂うのは、モード大国の出自ゆえ。そんなフランス流のVゾーンは、多彩な色で華やかに表現するか、あるいは、モノトーン使いで、知的でモードな雰囲気の着こなしを楽しむのがポイント。緻密な織りのタイや、多色使いによるシャツを多く展開するのがフランスの持ち味だが、そんなアイテムの特性を生かして、エレガントに、そしてモードなスタイルも楽しみたい。

フランス式vゾーンのつくり方
ジャカードタイとカラーシャツを選ぶ

男が一層シックに見える、華やかで甘いVゾーンがフランス流だ。
 選ぶべきタイは、鮮やかな光沢感を放つ、緻密に織られたジャカード。ソリッドや小紋、幾何学パターンまで、幅広い柄を柔軟に合わせるのがフランスのスタイルだが、ポイントは、綺麗な織り柄にこだわること。
 一方、シャツ選びは、織り柄をさりげなく施している生地を使ったタイプが、ジャカードタイとの相性がいい。しかも、ベースに淡い色を施したシャツが、よりフランスらしい甘さを加えてくれる。
 ストライプシャツも必須。単色のストライプではなく、多色使いの織りストライプ、通称ドビーストライプと呼ばれるシャツが、華やかなスタイルを具現化する。
 華やかな織り柄のタイと甘い色のシャツを調和させたVゾーンで、フランス流を楽しみたい。

French V-Zone
モノトーンと色彩のハーモニーでイギリスの正統とイタリアの色気を

スーツ¥115,500/オーダー価格(アントリム〈レノマコレクション〉)シャツ¥36,750・タイ¥21,000・チーフ¥7,350(日本橋三越本店 本館6F 特選紳士シャツ&タイ シャルベ)時計¥766,500(ジャガー・ルクルト)

グレーフランネルを使ったワイドラペルの今季注目のスーツ。シャープなシルエットでモダンな雰囲気をかもし出したスーツに、上質な白いシャツと黒のソリッドタイを合わせ、知的な大人の男を演出。ツヤのあるシルクチーフが着こなしをよりクールに仕上げてくれる。

ジャケット別Vゾーンテク

ネイビージャケットの場合、同系色の組み合わせながら、圧倒的な色気を放つ

スーツ¥184,800・チーフ¥8,400(共にオーダー価格)(ドーメル 青山店)シャツ¥19,950(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉)タイ¥21,000(日本橋三越本店 本館6F特選紳士シャツ&タイ シャルベ)

ロイヤルオックスフォードのシャツに、ドット柄を基本にしたジャカード織りのタイを合わせる。同系色ながらも、インパクトのある胸元を鮮やかに演出。

品格ある着こなしにも効果的!鮮やかな赤いタイの威力

スーツ¥184,800(オーダー価格)(ドーメル 青山店)シャツ¥19,950(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉)タイ¥12,600(トゥモローランド〈アトリエ エフアンドビー〉)チーフ¥5,250(日本橋三越本店 本館6F 特選紳士シャツ&タイ シャルベ)

淡いブルーのストライプシャツに、赤いペイズリータイで、胸元に強烈な色と柄を投入。これこそ、フランス流の醍醐味。

グレージャケットの場合

上質素材を巧みに合わせた王道の大人のスタイル

スーツ¥136,500(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉) シャツ¥31,500(オーダー価格)(ドーメル 青山店) タイ¥21,000・チーフ¥9,450(日本橋三越本店 本館6F 特選紳士シャツ&タイ シャルベ)

ポプリンの白シャツに、鮮やかな小紋を織り込んだブルーを基調とした上品なタイ。グレージャケット、白シャツ、小紋タイで、寡黙な大人の品格がにじみ出る。

しなやかなタイを主役とする一流紳士の遊び心

スーツ¥136,500(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉)シャツ¥39,900・チーフ¥5,250(日本橋三越本店 本館6F 特選紳士シャツ&タイシャルベ)タイ¥18,900(ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館〈アルニス〉)

ストライプのシャツに、幾何学模様を配した芯地のないしなやかなタイを合わせ、洒落心を演出。グレージャケットを引き立たせる上級技だ。

ツイードジャケットの場合

ツイードスタイルを格上げする極上アイテムのコーディネート

ジャケット¥115,500(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉)シャツ¥39,900・チーフ¥7,350(日本橋三越本店 本館6F 特選紳士シャツ&タイ シャルベ)タイ¥18,900(和光〈アルニス〉)

ジュアルなツイードジャケットを品よく着こなすには、上質素材のシャツとタイの組み合わせが重要。しなやかなシルクのタイと極薄のシャツで、エレガントに仕上げる。

素材感を合わせて上品な大人のカジュアルを実現

ジャケット¥115,500(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉)シャツ¥39,900・タイ¥16,800(日本橋三越本店 本館6F 特選紳士シャツ&タイ シャルベ)カーディガン¥30,030(八木通商〈ルトロワ〉)チーフ¥6,300(伊勢丹新宿店〈チフォネリ〉)

起毛したツイードジャケットには、素材感を合わせたタイがなじむ。ニットを着用し、味わい深いコーディネートを。

いかがだろうか? フランスらしい着こなし例を堪能いただけただろうか。ここで紹介したコーデを参考に、知的雰囲気漂うフランス流Vゾーンを実践していただきたい。

※価格はすべて税抜です。※価格は2012年冬号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2012年冬号「お洒落3大国、英仏伊シャツ×ネクタイのお洒落対決」より
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/川口賢典(アナーキック エージェンシー/人物)、小池紀行(パイルドライバー/静物) スタイリスト/梶谷早織 ヘア&メーク/MASAYUKI( the VOICE) モデル/Cuba 構成・文/矢部克已