ニットジャケットと言ってもその種類は無数にある。せっかく春夏の時期に着るのなら、シーズンカラーや素材などトレンドを取り入れながら爽やかで大人らしく見えるものを選びたい。今回は、その中でも春夏らしい着こなしを楽しめるお勧めのニットジャケットを紹介する。一着持っておけばあらゆるシーンで重宝することだろう。

この春夏にお勧めのニットジャケットはこれ!

メランジの爽やかなニットジャケット

左/ジャケット¥105,000(シップス 銀座店〈タリアトーレ〉)右/ジャケット¥59,000(アマン〈アルテア〉)、ニット¥26,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)

クリーンなメランジのニットジャケットは、暑さを感じさせない清涼感溢れる一着。落ち着きのある大人らしい雰囲気を出すのにうってつけだ。(左)ネイビーとホワイトのメランジ調のタリアトーレのジャケットは、シルクとリネンを混紡した生地によるシャリ感とざっくりと編んだ着心地が涼感を与え、夏の暑い日でも気持ちよく着用することができる。(右)ストレッチの効いたイージーなアルテアのジャケットは、ブラウンとネイビーの落ち着きのある配色に加えチェック柄でさりげなく遊び心を演出。あらゆるシーンで活躍できるジャケットだ。

重厚感あるダブルのジャケットもニットで柔らかな印象に早変わり

左/ジャケット¥59,000(インテレプレ〈モルガーノ〉)右/ジャケット¥65,000(ビームス 六本木ヒルズ〈ラルディーニ〉)、ニット¥25,000(スローウエアジャパン〈ザノーネ〉)

シングルのジャケットに比べ重厚感のあるダブルのジャケットは初心者には少しハードルが高いが、素材がニットになることで柔らかな印象を持ち着こなしもしやすくなる。せっかく着るのなら色や柄にチャレンジしお洒落を楽しもう。(左)ニットを専業とするファクトリーブランドのモルガーノは、ベーシックなアイテムに程よくトレンドをミックスした注目株のイタリアブランド。大胆なストライプ柄とゴールドのメタルボタンはそれだけで圧倒的な洒落感を生む。ボタンにはアンカーマークを施し夏らしさもさりげなく演出。(右)ハイゲージで編まれたミラノリブのラルディーニのジャケットは、柔らかな風合いと適度な伸縮性が着心地の良い一着。潔い真っ白なニットジャケットには赤のカットソーを合わせ、リゾートなど開放的な気分を存分に味わいたい。

色鮮やかなカラーもニットジャケットなら取り入れやすい

左・ジャケット¥59,000(三喜商事〈ティージャケット〉)、ニット¥29,000(アマン〈アルテア〉)、帽子¥5,000(シップス 銀座店〈グリッロ フォー シップス〉)右/ジャケット¥61,000(バインド ピーアール〈イレブンティ〉)

普段はコーディネートに取り入れにくい派手なカラーリングのジャケットも、カジュアルなニットジャケットなら取り入れやすい。コーディネートの幅を広げる便利なアイテムだ。(左)Tシャツ感覚で手軽にテーラリングのジャケットを楽しめることを目的として作られたティージャケットは、クリーンな印象を与えながらもリラックスした着心地の高さが絶妙なバランスだ。型崩れしにくいため旅行などにもお勧めだ。(右)ざっくりとした編み地にグリーンのカラーリングが映えるイレブンティのニットジャケットは、ふんわりとや柔らかく身体を包み込むような着心地と、なめらかな肌触りが至高の一品。

まるでカーディガンのような薄さのニットジャケット

左/ジャケット¥63,000(スローウエアジャパン〈ザノーネ〉)、カットソー¥8,000(トゥモローランド)、スカーフ¥7,000(ビームス 六本木ヒルズ〈スパッカ ネアポリス〉)右/ジャケット¥66,000(バインド ピーアール〈ドルモア〉)

ニットジャケットの中にはこんなに薄くて軽いジャケットも。ちょっとした外出時などサラリと羽織るのに重宝する。(左)落ち着いた配色のベージュとグレーの2色をミックスしたザノーネは、リネンにコットンを混紡したひんやりとしたドライタッチな生地感が快適な着心地を生む。肌寒さの残る時期から暑い夏まで長く使える一着だ。(右)スコットランド生まれの世界最古のニットブランド、ドルモアのミラノリブ編みのニットジャケットは、薄くて軽い着心地だけでなく、立体的なラペルや着用した時の美しいシルエットなど、全てが緻密に計算された一着。熟練された知識と経験に基づいた絶対的なバランスは、着る者の心を魅了してやまないだろう。

以上、ニットジャケットを紹介した。オフの日に着用するジャケットゆえバリエーション豊かで遊び心の効いたアイテムが揃う。自身の着こなしにあった一着を選べばコーディネートの幅も広がり、長く愛用することができるだろう。ぜひこの春夏に最良の一着を手に入れたし!

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊