復刻されるほどの名品には、時代を超えた魅力が備わっている。腕時計もしかり。国産メーカーから相次いでリリースされた復刻ウォッチは、週末のドライブを必ずや彩ってくれるだろう。

実は難易度が高い週末のカジュアルウォッチ

2度目の復刻を遂げたセイコーのジウジアーロモデル。運転に適した設計なのもいい!

 ファッションにこだわるのであれば、オンタイムで愛用するマスターウォッチとは別に、週末のドライブに着けるカジュアルウォッチも所有しておきたい。ただ、意外にもオフ用ウォッチ選びは難易度が高い。重厚すぎず、はじけすぎず、週末のスタイルにしっくりなじむことが要求されるからだ。そんな悩める大人にぜひおすすめしたいのが、1970年代~90年代にかけて、セイコー、シチズン、カシオの国内メーカーが発表し、各時代のエポックとなったヘリテージモデルの復刻版だ。

 いま見ても決して色あせることのない斬新なデザインや、当時の自分や家族を時計に重ねて振り返るノスタルジックな想い。さらに現代の技術が盛り込まれた実用ウォッチとしての魅力など、復刻版を所有する愉しみは尽きることがない。

 復刻されるほどエバーグリーンな、評価の高いモデルなら、身に着けるだけで自信がつく。そして密かな優越感も……。

優越感に浸れるカジュアルウォッチ3選!

セイコー ジウジアーロ・デザイン SBJG003

著名なカーデザイナー、G・ジウジアーロがデザインを手が け、1983年に初登場したデジタルクロノグラフを復刻。ハンドルを握った時に見やすいよう右へ20度傾斜した液晶ディスプレイや、ベゼルを回転させることでモード選択ができるロ ータリースイッチなども再現された。シルバーも選べる。¥39,000(税抜)

カシオ計算機 G-SHOCK DW-5900-1JF

原点回帰をテーマによみがえった、初期G-SHOCKの傑作。1990年に海外で発売されて好評を博し、逆輸入で日本に上陸。G-SHOCKブームの火付け役の一つとなった。「3つ目」の愛称の由来と なった、アイコニックな3つのデジタルグラフィックから、文字盤表記の色に至るまで、オリジナルを忠実に再現。¥11,000(税抜)

シチズン 光発電プロトタイプデザイン継承モデル BM8541-82L

シチズンから1974年にプロトタイプが発表されたものの、商品化に至らなかった幻の「太陽電池搭載ウォッチ」。プロト タイプのデザインを継承し、最新の光発電エコ・ドライブを 搭載。開発時の手書き図面を参考に、特徴的な6分割文字板などを再現。70年代独特のデザインが所有欲をくすぐる。¥25,000(税抜)

問い合わせ先

この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。
TAGS: