プレミアムSUVとして抜群の安定感を確立しているカイエン。2002年に初代モデルが登場して以来、ポルシェらしい内容で進化を続け、17年に登場した現行モデルは3世代目となる。その世界累計販売台数は80万台に迫る勢いで、すっかりポルシェの重要な大黒柱モデルになっている。最近では弟分のマカンの話題などでにぎやかだが、それでもポルシェのSUVと言えば、まずはカイエンなのだ。

 

乗りやすさの理由のひとつは、よく粘るエンジン!

テスト車両には総額700万円近いオプションが装着されていた。
テスト車両には総額700万円近いオプションが装着されていた。
すべての写真を見る >>
ずんぐりとしたスタイリングになりがちなSUVだが、最新型カイエンはライトをはじめとする巧妙なデザイン処理でスポーツカーらしさを演出している。
ずんぐりとしたスタイリングになりがちなSUVだが、最新型カイエンはライトをはじめとする巧妙なデザイン処理でスポーツカーらしさを演出している。

 今回試したのは、ベーシックなカイエンよりスポーティなカイエンS。というか、カイエンはノーマルでさえ十分にスポーツしているから、カイエンSは、さらに刺激的という方が当たっている。エンジンはV型6気筒 2.9ℓで、ツインターボ付き。440馬力/550N-mと十分なパフォーマンスを実現している。最新の8速ATと組み合わせることで最高速度は265km/h、0~100km/h加速は4.9秒というのだから、スーパースポーツと呼んでも恥ずかしくないほどの走りを披露してくれるのだ。

 ところが実際に、その仕立ての良いキャビンに収まって走り出してみると、最高速がどうとか馬力がどうとか、ほとんど気にならなくなる。ポルシェはいつの時代のモデルに乗っても「ピカイチの乗りやすさ」がある。とくにこのカイエンSのエンジンは実に粘り強いトルク特性で、日常的な速度域でパワー不足を感じることなど皆無である。低回転からキッチリと仕事をしてくれるから、不要なアクセルの踏み込みもほとんどしなくて済む。

 インテリアは911のようにタコメーターを中心とする5連メーターが並んでいたり、スポーツカーらしい佇まいはあるのだが、かといって硬派ではない。レザーの手触りもしっとりとしていてソフト。センターコンソールやダッシュボード周りは相変わらずしっかりとした作り込みで、SUVらしい質感の高さを見せている。

誰もがしっくりと座れる「ポルシェ・ポジション」

内装はクラブレザーインテリア(オプション)仕様。外装の渋めのブルー(ビスケブルーメタリック)と内装のトリュフブラウンのコーディネートが実に大人っぽい。
内装はクラブレザーインテリア(オプション)仕様。外装の渋めのブルー(ビスケブルーメタリック)と内装のトリュフブラウンのコーディネートが実に大人っぽい。
ポルシェはカイエンでも911でも、理想の着座姿勢が取れて、同じ感覚で運転できる。
ポルシェはカイエンでも911でも、理想の着座姿勢が取れて、同じ感覚で運転できる。
すべての写真を見る >>

 カイエンSの実に好ましいエンジンの味は、この贅沢で視認性の良いシートに座ることでたっぷりと楽しむことができる。ピタリと決まる良好な運転姿勢によって(本当に誰でもベストポジションが取れるんです!)、車両感覚は把握しやすく運転が楽。おまけに低速でも快適さを失うことのない乗り心地があるお陰で、不要に飛ばしてやろうなどと思うことがないのだ。

 この好ましい味わいはポルシェの伝統であり、たとえそれがSUVになったところで、まったく変わることがない。911から乗り換えても、まったく違和感なくカイエンに乗れるという、誠に不思議な、だが誰にとっても好ましい不文律がしっかりと踏襲されている。だからこそカイエンは、淑女にもファッションアイテムとして支持されているし、販売台数を世界中で伸ばしている。

 もちろん、いざとなれば440馬力というパワーを存分に発揮するためにエンジンは気持ちよく吹け上がる。レブリミットの6,800rpmまでキッチリと回ってくれるし、2,020kgのボディを軽快に走らせてくれる。ワインディングに突入してもその軽々とした身のこなしは変わることなく、ドライバーを刺激する。が、すぐに同業の同乗者がいたことを思い出し、彼らの迷惑そうな顔が浮かんだ。

 こんな運転をしなくてもカイエンSには楽しさがあることに改めて気が付く。どんな状況でも、動きに鈍さなどほとんど感じないのだから、飛ばす必要はない。望めば、いつでもあの加速が手に入る、というゆとりを抱いたまま、実に平和にドライブを楽しむことができる。

 だから、結果的に燃費も良くなる。ポルシェというメーカーはエミッションについてしっかりと取り組んできたメーカーでもある。このカイエンSはアイドリングストップ機構、バルブタイミングの制御、さらにエンジン内部の摩擦抵抗を減少させるなど効率化を進めているのだ。

 さらに、このクラスのフルサイズSUVとしては軽量の部類に入る2,020kgのボディは、走りと同時に燃費にも効いてくる。スチールとアルミニウムのボディ構造になったことで先代より65kgも減量を果たし、初代に比べると225kgも軽くなっているというから驚きである。

 こうした軽量化は日常的な使い勝手の良さに直結してくる。燃費が良くなれば燃料代だけではなく、1回の給油での航続距離も伸びて、給油の煩わしさも減る。もちろんSUVの必須条件であるラゲッジルームもスクエアで広々。実用性で大きな不満はない。これほど安定感のあるスーパーSUV、やっぱりポルシェは良い仕事をしてくれる。

<ポルシェ・カイエン>
全長×全幅×全高:4,918×1,983×1,696mm
車重:2,020kg
駆動方式:4WD
エンジン:2,894cc V型6気筒 DOHC ツインターボ
トランスミッション:8速AT(ティプトロニックS)
最高出力:324kW(440PS)/5,700~6,700rpm
最大トルク:550N-m/1,800~5,500rpm
¥12,880,000(税込・オプション除く)

問い合わせ先

この記事の執筆者
男性週刊誌、ライフスタイル誌、夕刊紙など一般誌を中心に、2輪から4輪まで「いかに乗り物のある生活を楽しむか」をテーマに、多くの情報を発信・提案を行う自動車ライター。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。
PHOTO :
篠原晃一
MOVIE :
永田忠彦(Quarter Photography)
TAGS: