フォーマルな装いが求められる催しの招待状が届いた際、出席をためらう理由のひとつは装いのルールに難しさを感じるからだろう。しかし、それは誤解。むしろ、ルールがあることによって、何を着ればよいかという悩みから解放されるのだ。

フォーマルスタイルは着分けをマスターすべし

まず、ファーマルコーデは場の格によって正礼装、準礼装、略礼装に分かれる。このうち、正礼装はすべてのアイテムのデザインからディテールまで厳密なルールがあり、アレンジが許される範囲は少ない。

準、略と下がるにつれ、ルールは緩やかになり、着くずしでお洒落を楽しむこともできる。次に留意したいのは、午後6時を境として、昼と夜によって着分けが必要となること。日本古来の礼装には時間で区別という考え方がないためか、いちばん混乱するところでもある。特にタキシードは夜間の礼装だが、昼の結婚パーティに着用する人は多い。実はこれが間違い。昼のシーンで着るのが一番恥ずかしい行為なのだ。紳士たるもの、ほかの人が着ているからと、安易に合わせないこと。国際的には間違いであることを知っておかなければならない。

フォーマルのレクチャーでは、まずルールに則り、それからルールを破る、と語られる。しかし、実際にはルールを厳格に守るべき催しは数少ない。だから、カジュアルなパーティでフォーマルのアレンジを楽しみ、いざ格式の高い会に出席する際は、堂々と正統に装うのが現実的かつ理想だ。

Day-Formal

写真左ディレクターズ スーツ/モーニングコートのすそを短くしたタイプといえるのが、ディレクターズスーツ。昼間に催される各種式典やパーティにふさわしく、活躍のシーンは幅が広い。着こなしはすべてモーニングに準じる。パンツはグレーストライプが一般的だが、白黒の細かなチェックでの代用も可。他のフォーマルスタイルも同様だが、ベルトは用いず、サスペンダーを使うことがルール。靴は黒でカーフのストレートチップが最適。夜間用のエナメルシューズはNG。ディレクターズスーツ¥150,150~/オーダー価格・チーフ¥6,195(サローネ オンダータ〈TAKIZAWA SHIGERU & CO.〉) タイ¥21,000・サスペンダー¥8,295(伊勢丹新宿店〈ハンツマン〉) 靴¥215,250(ジョン ロブ ジャパン)※すべて参考価格
写真右モーニング/国家式典、主催する公的な行事、主賓として臨む結婚式などで着用。特徴は前のすそが後方に向かって斜めにカットされていること。結び下げのタイかアスコットタイを結ぶことが決まり。ボウタイは不可。またベストはマストで、淡いグレーが正統である。モノトーン意外の色は一切、使わないことが厳格なルール。モーニング¥441,000~/コート、ベスト、パンツの3点セットオーダー価格・グローブ¥18,900〈和光〉・サスペンダー¥22,050〈アトリエF&B〉/以上和光 ベスト¥40,950・シャツ¥19,950・チーフ¥5,145(伊勢丹新宿店〈タキザワ シゲル〉) タイ¥18,900(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) 靴¥131,250(ストラスブルゴ〈エドワード グリーン〉)※すべて参考価格

Night-Formal

写真左タキシード/招待状に「ブラックタイ」とドレスコードが記されていたら、正統のタキシードのことを指す。日本ではアメリカ式にタキシードと呼ぶことが多いが、英国ではディナージャケットという。襟は黒のシルクサテンで、デザインはピークドラペルかショールカラー。どちらの格が上、ということはない。正統な着こなしでは、ボウタイとカマーバンドは黒無地のシルクでそろえることが決まり。サスペンダーも黒系を。タキシード¥210,000/オーダー価格・シャツ¥42,000~/オーダー価格・スタッズボタン¥34,650・チーフ¥8,400・ボウタイとカマーバンド/参考商品(ドーメル 青山店) サスペンダー¥26,250(日本橋三越本店〈シャルベ〉) 靴¥98,700(ストラスブルゴ〈エドワード グリーン〉)※すべて参考価格
写真右テールコート/燕尾服とも呼ばれ、国家主催のパーティ、舞踏会、主催する格式の高い結婚式などに着用。必ず白のコットンピケのボウタイを身につける。足元はオペラパンプスで。テールコート¥220,500・ベスト¥33,600・パンツ¥78,750〈リベラーノ&リベラーノ〉・シャツ¥31,500~/オーダー価格・スタッズボタン¥10,500〈ハンツマン〉・ボウタイ¥4,200・サスペンダー¥15,750・チーフ¥2,730〈ソシアル〉/以上伊勢丹新宿店 ハット¥157,500(銀座 トラヤ帽子店〈クリスティーズ〉) グローブ¥13,650(ブルックス ブラザーズ ジャパン) ステッキ¥325,000(サンモトヤマ銀座本店〈フォックス アンブレラ〉) 靴¥52,500(トレーディングポスト青山本店〈クロケット&ジョーンズ〉)※すべて参考価格

ここでは昼と夜のフォーマルの着こなしについて紹介した。まずはフオーマル着用のルールを理解していただき、シーンにあったフォーマルの着こなしを楽しんでいただきたい。

※価格は2012年冬号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
鷲尾顕司 エディター
BY :
MEN'S Precious2012年冬号「必読!フォーマルの強化書」より
雑誌、新聞、アパレルブランドのカタログなど、メンズファッションの幅広いフィールドで手腕を発揮。フォーマルスタイルやカジュアルスタイル、名品アイテムなどすべてに精通した敏腕編集者である。
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー)スタイリスト/梶谷早織 構成/鷲尾顕司(ViVid)