歴史ある名店のひしめきあう東京・銀座にあって、1930年創業の「壹番館洋服店」は、紳士服の発展に多大なる貢献をしてきた店のひとつだ。政財界をはじめとした、多くの名士たちを魅了して来た礼服は、どれも歴史を感じさせる仕上がり。「壹番館洋服店」で、礼服の最高位スタイルを身に纏うことは一流の証といえる。 現在の当主、渡辺 新氏で3代目となる「壹番館洋服店」。創業まで遡ると、いかに同店が礼服づくりとともに歩んできたテーラーかがわかる。初代、渡邊 實氏が「日本一のテーラーになろう」と決心したのは、何を隠そう修業時代に目にしたフロックコートなのである。

2代目の明治氏、そして新氏と受け継がれていくなかで、多くの名士たちが「壹番館洋服店」に通った。なかでも、大倉財閥2代目総帥の大倉喜七郎氏の存在は大きかった。

 昭和30年代、東京のテーラー有志を集めて「じゃがいも会」なる服装文化を推進する交流会を結成。後にじゃがいも会からタキシード会に発展し、その中心で活躍したのが實氏だ。それまで慣れ親しんできたモーニングだけでなく、タキシードへとフォーマルウエアが広がり、よき助言者となったのが、本場英国のタキシードを身につけていた大倉喜七郎氏だったのである。

 新氏は、まずフォーマルウエアは、歴史的な文脈を踏まえて誂えるのが大切だと話す。

「時代を経て、フロックコートからすその短いスーツになったという視点です。コートの長さを基準にして礼服をとらえなければ、今の習慣では短い着丈の礼服になります」

 つまりこうだ。礼服には礼服のバランスがあり、歴史的なルールから逸脱しないことが、かしこまった礼服を着ることの楽しみにもつながる。基本のスタイルを踏まえたうえで、伝統的な生地を選び、礼服を仕立てるのが「壹番館洋服店」の役目であり、極意でもある。

「礼装に派手さは必要ありません。控えめになればなるほど、やはり格好いいものです」

 正統的な礼服を今も大切にしているのが「壹番館洋服店」の矜持だ。 

歴代の名士が着用していた「壹番館洋服店」のスーツは、体になじむ極上のスタイル。1階の入り口を入ってすぐの所に裁断台があり、2階がオーダーサロン。常時5000種類の生地をそろえる、和洋折衷のエキゾチックな内観が魅力。 

●オーダーできるもの/フロックコート、燕尾服、モーニング、タキシードなど ●オーダー形式/フルオーダーのみ ●オーダーの仕方/生地選び、採寸、デザインの相談。仮縫い1回 ●期間/フロックコート、モーニング、タキシードなど約1か月 ●価格の目 安/フロックコート¥420,000~、タキシード (ボウタイ、カマーバンド付き)¥530,000~ ※価格はすべて2013年冬号掲載時の情報です。

いかがだろう、礼服は、自らのステータスを語る上でおろそかにできないもののひとつ。冠婚葬祭をすべてこの1着で済ませる、などどというものではない。また、若年層であっても相応の礼服を身につけることは、上位の者たちへの礼儀でもある。それゆえ、様々な催しが増える秋冬に向けて、、今から用意しておくべきものなのである。

■SHOP DATA
壹番館洋服店
住所:東京都中央区銀座5-3-12 壹番館ビル
TEL:03・3571・0021
http://www.ichibankan.com

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2012年冬号「必読!フォーマルの強化書」より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/篠原宏明 構成・文/矢部克已