コードレスクリーナーの最大の魅力は、すぐに取り出して掃除ができる手軽さだ。目に留まった汚れが瞬く間に吸引され、スッキリきれいになる快適さは、コードレス以前の掃除習慣では得ることができなかった。

この掃除をする楽しさを教えてくれたのがダイソンだ。特にコードレススティック掃除機の登場は、家電の革命で、身の回りだけを掃除するサブ機であったコードレスクリーナーを、家中の掃除に対応するメイン機へと進化させた。『Dyson V11』と『Dyson V7 Slim』は、掃除をする楽しみをさらに高めてくれる設計となっている。

コードレスの使い勝手をブラッシュアップ!液晶ディスプレイによって快適さがアップした『Dyson V11』

毎分12万5000回転の「ダイソン デジタルモーター V11」とは3段階ディフューザーを搭載。吸引力の向上だけではなくより静かになっている。やや耳障りであった機械的な音がなくなり、稼働中も快適そのもの。

『Dyson V11』は、1年前に登場した『V10』の後継機で、空気を増幅させるディフューザーが3つに増えた「デジタルモーター V11(DDM V11)」が新搭載されている。

2つのディフューザーによって、モーターから出る空気の流れを整えることで乱気流を低減し、吸引力も向上。もう一つのディフューザーが騒音を低減する。これにより『Dyson V11』では、前モデルのV10に比べ吸引力が25%アップし、運転音が11%も静音化されている。

液晶ディスプレイの便利さは想像以上

左から「エコモード」、「中モード」、「強モード」のバッテリー残量。写真に表示されているのは「強モード」稼働時の残りの運転時間。下のボタンを押すだけでモードが切り替えられる。

実際に使ってみると、本体に選択中の吸引モードや残りの運転時間といった稼働状況がリアルタイムでわかる液晶ディスプレイが実に便利。

掃除中にバッテリーが切れるといった心配が解消されるだけではなく、バッテリー残量や掃除場所に応じ、ディスプレイの下にあるボタンを押すだけで「エコモード」、「中モード」、「強モード」から、最適な吸引モードを選択できるため、より効率的に掃除をすることが可能になった。

変わらない吸引力が最長60分間持続。しかも、ユーザーの使用傾向を"学習する”アルゴリズムが採用。使用を継続することで、バッテリー残量表示の精度が向上する機能も付いている。

さらにフィルター洗浄が必要な際は、通知や洗浄方法を、異物が詰まった際は通知とその取り除き方がディスプレイに表示されるので、初めて使っても、いつも使っている掃除機のように、戸惑うことなく使いこなせるはずだ。

高密度7セル リチウムイオンバッテリーテクノロジーにより、変わらない吸引力が最長60分間持続。内蔵されたシステムモニタリングと高度センサーが毎秒4回バッテリー容量を測定して、デジタルモーターとクリーナーヘッドの出力を最適化する。これだけのパワーをもってすれば、家中の掃除もラクラクこなすことができる。  

14個のサイクロンが79,000Gの遠心力でゴミやホコリを空気から分離しクリアビンに捕らえる。捕集力が高く、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕らえ、きれいな空気として排出するので、不快なニオイもない。
“掃除好き”が絶賛するソフトローラークリーナーヘッドが付属。モーター駆動のブラシバーを覆うナイロンフェルトがゴミをしっかり捕集し、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが微細なホコリやハウスダストを床から取り除く。糸くずや髪の毛が絡みづらい設計も評価される。
クリアビンに溜まったゴミやホコリは、手に触れることなく簡単に捨てることができる。

『Dyson V11』

SPEC●サイズ:W250×D1257×H246mm(スティック時)・2.72kg●充電時間/最長仕様時間:3.5時間/最長60分(エコモードでモーター駆動のないツール使用時)●¥75,600~(Dysonストア調べ)
本体やツールを収納し充電もできる「Dyson V11専用充電ドック」。自立型なので壁に固定することなく設置ができる。『Dyson V11 Fluffy+』、『Dyson V11 Absolute』に同梱される。

日本の住まいに合わせて設計された『Dyson V7 Slim』

●サイズ: W211×D1140×H206mm(スティック時)・2.2kg ●充電時間/最長仕様時間:3.5時間/最長30分(エコモードでモーター駆動のないツール使用時) ¥45,360(Dysonストア調べ)

軽量・コンパクトながら、パワフルな吸引力と高い集じん性能を両立した『Dyson V7 Slim』。

開発にあたり、ダイソンのデザインエンジニアが実際に日本の家庭を訪問し、掃除機や掃除方法を研究したという。コンパクトなモーターヘッドと、より短くしたパイプを採用することで、小型化と最軽量2.2㎏を実現している。

手元に重心を置いているため取り回しやすく、コンパクトなクリーナーヘッドによって家具の下などの狭い隙間まで手軽に掃除ができる。

「ダイソン デジタルモーター V7」によるパワフルな吸引力と、カーボンファイバーブラシとナイロン素材のブラシを搭載したモーターヘッドで、コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取る高い集じん性能を実現。

強力なリチウムイオンバッテリーで、最長30分間変わらない吸引力を実現している。

問い合わせ先

この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。
TAGS: