デッキシューズは様々なブランドがリリースしているが、その中でも不動の人気を得ているブランドといえばパラブーツだろう。世界で唯一ソールを自社生産で作る靴ブランドの確かなモノづくりは圧倒的支持を得ている。そんなブランドのデッキシューズから、定番ではないちょっと変わったデッキシューズを紹介しよう。

レザー界のカシミヤ!ディアスキンを使ったデッキシューズ「バース」

靴各¥27,000(パラブーツ青山店)

パラブーツの定番デッキシューズは、同社オリジナルのオイルレザーを使用したシューズだが、写真のものは全てアッパーにディアスキン(鹿革)を採用。ディアスキンがもつ柔らかな質感と軽さは、今まで以上にリラックスしたフィット感を楽しむことができ、さらに従来のデッキシューズの姿形を変えることなく見事に印象を一変させた。日本企画で作られたホワイトとブラックはソールも含めワントーンでミニマルに、ブラウンとグリーンはその風合いを崩さないようラバー色のソールを採用しあえてマリン感を緩和させた通好みな一足。

あえてマリンルックに履かないのがポイント!

ジャケット¥55,000(トヨダトレーディング プレスルーム〈ジャンネット〉)、ポロシャツ¥24,000(トレメッツォ〈フェデッリ〉)、パンツ¥28,000(バインド ピーアール〈ジェルマーノ〉)靴¥27,000(パラブーツ青山店)

完成されたマリンルックも良いが、マリンな雰囲気を程よく緩和させたバースならこんな普段使いのコーディネートもあり。ジャケットやパンツで洗練された着こなしだが、素材はともにリネンを選ぶことでテロっとした柔らかな表情に。紐靴ながら柔らかな表情の靴を合わせれば清潔感と適度なリラックス感のある着こなしが楽しめる。

以上、パラブーツのデッキシューズを紹介した。素材や色が変わったことでまた新たな一面を楽しめる「バース」は、今まで以上に着こなしの幅も広がる。さらに向上した極上の履き心地をその足で体験せよ!

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊