さまざまな困難を乗り越え、2018年、ブリスベン国際で約3年ぶりのツアー優勝を果たし、待望の復活を遂げた錦織 圭(にしこり けい)選手。 Precious.jpの「今月の占い」で毎月の運勢を占っている、フォーチュンカウンセラー・深層心理セラピストの斎木サヤカ先生に、錦織選手の運命を数秘術で占っていただきました。

■錦織 圭選手の持って生まれた才能とは?

錦織 圭選手の持って生まれた才能とは?

編集部:初めてラケットを手にしたのは5歳。幼少期から数々の大会で素晴らしい成績を収めてきた、錦織 圭選手。世界ランキング自己最高位はシングルス4位(アジア男子歴代最高位)。日本男子史上初の世界ランキングトップ10入りを果たし、アジア男子史上初のグランドスラム4大大会シングルスファイナリストに。

また、当時18歳の若さでデルレイビーチ国際テニス選手権で優勝した、松岡修造氏に次いで日本男子史上2人目のATP(男子プロテニス協会)ツアーシングルス優勝者となりました。

さらに、リオデジャネイロ五輪男子シングルスでは銅メダリストとなり、テニス競技では日本選手として96年ぶりのメダルを獲得するなど、もはや説明不要の輝かしい実績にふさわしい錦織選手の能力、才能、資質とは、どのようなものなのでしょうか?

「史上初」というポジションは通過点

数秘術での誕生数’は「5」、運命数は「4」、ソウルナンバーは「2」

斎木先生:錦織 圭(にしこり けい)選手は、島根県松江市出身の1989年12月29日生まれ。ライフパスナンバーは5、ディスティニーナンバーは2です。

才能やセンスは、主にライフパスナンバーに表れますが、「5」は、常に限界をこえていこうとするナンバーなんです。

あなたの誕生数は? 運命数は?を占うならこちら

錦織選手は、前例や常識に囚われないイマジネーションを持つ人ですね。たかがイマジネーション、と思いがちですが、イメージできるかどうかは、イコール実現できるかどうか、と言ってもいいくらい。大切な素養なんです。

今までにないことをやってのけるセンスを、生まれながらに持っていると言えるかもしれません。「史上初」というポジションは、私たちから見るととてもすごいことなのですが、彼としては、いつも自然と目指してきた通過点なのでしょう。常に上を目指していく意識の持ち方が、彼の最大の強みですね。

綿密に計算して、正確に動いていくタイプ

ソウルナンバーも、ディスティニーナンバーと同じ「2」なのですが、これは、彼が「五感から感じられる実感」をとても上手に扱える人であることを示します。目や耳、皮膚感覚や体感覚…。身体全部で、ボールや相手の動き方、スピードなどをキャッチして、それで、自分はどう動くべきかを瞬時に判断する、という。

直感も優れている人ですが、経験的に培った距離感とか力加減などを、かなり綿密に計算して、ごくごく正確に動いていくタイプです。

自分に対するダメ出しはかなり鋭い

偶然に期待する…ということは、あまりないんじゃないでしょうか。これならいける、という確信のもとでボールを打ちたい、と思っていることでしょう。逆にうまくいかないときは、自分でもハマっていない、とはっきりわかると思うのです。自分に対するダメ出しはかなり鋭いでしょうね。

とはいえ、イメージトレーニングというか、ビジュアライゼーション(思ったことを映像化すること)を行うのは極めて得意なはずで、それも彼の優れた才能のひとつでしょう。

■錦織 圭選手の性格や気質とは?

錦織 圭選手の性格や気質とは?

編集部:テニスプレイヤーとしての実力はもちろん、「エアK」やノールックショット、ネット際のドロップショットなど、神業とも称される錦織 圭選手のスーパープレーの数々は、観客の心をつかんで離しません。加えて、CMで見せる表情や、インタビューでのスマートな受け答えなど、テニス以外でも私たちの注目を集め続ける錦織選手。

また2年前、利き手の右手首の負傷が大きな怪我となり、思うような結果が出せない時期が続きました。しかし昨年の全米オープンテニス以降は調子を取り戻し、世界中にその強さを改めて見せつけた錦織選手にとって、2018年は復活の年と言われています。

錦織選手の魅力的なプレーやキャラクター、そして、テニス人生が終わってしまうかもしれない怪我から復活を遂げた強靭なメンタリティーは、どこから生まれてくるのでしょうか?

プロセスがどうあれ、結果がすべて

斎木先生:ディスティニーナンバーの「2」の人は、「美しさ」を人生の軸にしている傾向にあります。錦織選手の美しいフォームなどを観ていますと、まさに彼の生き様そのものだな、と思います。人から自分がどう見えているか、そのあたりもよく考えている人ですよね。

「型」や「結果」には、彼はとてもこだわりを持つタイプ。プロセスがどうあれ、結果がすべてだと思っているので、とにかく復活するまでやめない、と、心に決めていたと思います。

「なんとかなるさ」とは思わず、練習に取り組む

ですが、前向きな考え方をする人ではあるけれど、それほど彼は楽天的な性格ではないので、「なんとかなるさ」とは思っていなかったはず。とにかくコツコツと体力を戻して、カンを戻して、練習に取り組んでいたのではないでしょうか。

諦める、ということはなかったと思いますが、調子を戻すまでの間は「こんなんじゃダメだ」と自分を責めて責めて…抜け道が見いだせない時期はあったように感じます。

努力家だけど、それを好んでやっている感じ

パーソナリティーとしては、本当に生真面目でストイックな人。たとえば、トレーニングプランを立てたら、それをいかに効率よくこなすか、を考えるのが楽しく感じるような。努力家ですけど、それを好んでやっている感じですよね。のんびりぼんやり何もしないでいるのは、苦手だったりするかもしれません。

■錦織 圭選手とマイケル・チャンコーチの出会い

錦織 圭選手とマイケル・チャンコーチの出会い

編集部:錦織 圭選手が目覚ましい活躍を見せだしたのは、2013年にコーチに就任したマイケル・チャン氏の影響が大きいといわれています。台湾系アメリカ人の元プロテニスプレイヤー、チャン氏は、シングルス自己最高ランキング2位、男子シングルスグランドスラム最年少優勝記録保持者(17歳3か月)であり、アジアにルーツを持つ男子選手として唯一の、グランドスラム優勝者です。

技術やプレーはもちろん、フィジカル面・メンタル面でも厳しい指導で知られていますが、錦織選手との相性はどのようなものなのでしょうか?​

マニアックで研究熱心なマイケル・チャンコーチ

数秘術での誕生数’は「7」、運命数は「4」

斎木先生:マイケル・ターペイ・チャン(Michael Te-Pei Chang, 中国語名:張德培(Zhāng Dépéi)氏は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ホーボーケン出身の、1972年2月22日生まれ。

マイケル・チャン氏のライフパスナンバーは「7」、ディスティニーナンバーは「4」です。

ライフパスナンバーの「7」は、一言でいうとマニアック。かなり研究熱心な方なのではないでしょうか。

あなたの誕生数は? 運命数は?を占うならこちら

テニス指導のことだけではなく、メンタルの働きのことに関しても、好んで探求していそうです。また、「4」というナンバーは、監督することや管理することと関係するナンバーですから、指導者としての素晴らしい素養のある方であることとお見受けします。

熱いマイケル・チャンコーチ、クールな錦織 圭選手

厳しい指導をされるとのことですが、それも納得ですね。ご自身の研究の成果を、錦織選手を通して表したい、という情熱も感じます。

そう、厳しいといっても、冷徹な感じではなくて、ハートが熱い感じですよね。むしろ、冷徹なのは錦織選手のほうで、彼のクールな顔の奥に潜む情熱を、コーチはあの手この手で引き出そうとしていたんじゃないでしょうか? 錦織選手って、たぶんあまりスキを見せないと思うので。

コーチと選手という関係としては、申し分のないパートナーシップ

職業上のパートナーシップは、パーソナリティーナンバーで見てゆきますが、錦織選手は「9」で、コーチは「5」。錦織選手は、関わる相手をとにかく許容する、という社会性を持ちます。柔軟性が抜群なんです。どんなコーチであれ、彼は教えられることを吸収していく人。

このふたりの場合、むしろコーチのポテンシャルを、錦織選手が引き出しているような、そんな印象もありますね。どんどん吸収する錦織選手をリードしながら、どんどんコーチ自身がコーチングの力を高めていったようにも見えます。

たとえば、これが友人関係なら「気が合う」とは言えない部分もありますが、相乗効果がうまくいっているので、コーチと選手という関係としては、申し分のないパートナーシップだと思います。

■錦織 圭選手の今後の展望とは?

錦織 圭選手の今後の展望とは?

編集部:故障から復活し、30歳を目前にプレースタイルの変更も検討しているという日本のエース錦織 圭選手。頂点を目指す錦織選手の今後はいかに?​

復活の年、2018年は「変化の時」。本当の意味で復活が完成するのはこれから

斎木先生:復活の年と言われる2018年は、彼の人生サイクルで見ますと、「変化のとき」に当たります。ご本人としては、この頃はまだ「復活した」という実感はなかったのではないでしょうか?

身体の使い方を改めて探求しているような、昨年はまだそんなプロセスにあって、それが熟成してくるのが今年。本当の意味で復活が完成するのは、運勢的に見ますと、これからだと思います。

2020年は集大成のサイクル。アスリートの方々は、この時期にひとつの大きな山場を迎える方が多いようです。

この熟成期は、苦しいときもあるのですが、それは失敗というより、次のステップの原動力になるんです。うまくいかない部分を調整するための不調やミス生じたりしますが、それが必ず未来の糧になります。ですから、今後はまた、一皮むけた錦織選手が見られるかもしれませんね。

■錦織 圭選手から学ぶべきこと、お手本すべきところは?

錦織 圭選手から学ぶべきこと、お手本すべきところは?

編集部:私たちにとって、錦織 圭選手に学ぶべきところはどんなところでしょうか? 怪我の不安を抱えながらも、昨年から今年にかけては調子を上げていき、「今年こそは…!」と世間からの無言のプレッシャーも感じているであろう錦織選手。

彼ほどの注目を集める人生ではないにせよ、キーパーソンとの出会いを大切にしたり、ある意味“普通・フラット”を感じさせる錦織選手の気張りのなさなど、お手本にすべきところがあれば教えてください。

人との出会い、環境、物、それが持つ可能性や力を最大限に活かす

錦織選手は、本当にいつもニュートラルな印象ですよね。やるべきことをやるだけ、というスタンスをいつも崩さないからなのだと思います。

こうしたメンタル面のストイックさは、多くの一流のアスリートに観られる傾向ですが、錦織選手を真の一流の選手へと押し上げたのは、キーパーソンとの出会いを大切にした、という点は大きいですよね。大切にする、というのは、つまり、それに「価値を置く」ということ。価値あるものとして大切にするので、そこから価値を引き出して、受け取ることができるのですね。

おそらく、人との出会いだけじゃなく、環境でも、物でも、それが持つ可能性とか力を最大限に活かすことを、日々、行っている人だと思うのです。

周りを大切に扱えば扱うほど、周りがあなたに「いい仕事」をしてくれる

この「価値あるものを大切にし、価値を引き出すこと」って、実はとても「幸運が巡る姿勢」なんです。

出会うもの、それが人でもモノでも、それが持つ価値は、「こんなもんだ」と思って扱えば、それは「こんなもんだ」という力しか発揮してくれません。ビジネスツールでも、新しいお仕事の依頼でも、これから出会う人も今目の前にいる人たちもそうだし、誰かの助言でもそう。

出会っている以上、あなたが引き寄せているものたちなのですから、今一度、大切に扱っているかな、と見直してみるといいかもしれません。

安ものだから、とか、好みと違うから、とか、希望通りじゃないから、興味ないから、といった気持ちはさておき。改めて大切に扱ってみましょう。大切に扱えば扱うほど、それらは、あなたに対して「いい仕事」をしてくれるはずですよ。

編集部:斎木先生、ありがとうございました!

■斎木先生が数秘術で占う「6月の運勢」をチェック!

あなたや占いたい人の生年月日から導かれる誕生数で、今月の運勢を見てみましょう。
誕生数の出し方や占い結果はこちら≫
Precious会員(小学館ID会員)になれば、気になる相手との相性なども占うことができます。

斎木サヤカさん
フォーチュン・カウンセラー/深層心理セラピスト
著書に「数秘術完全マスターガイド」(駒草出版)がある。2001年より占い師としての活動を本格始動。その後、心理カウンセリングを専門的に学ぶ。アカシック・レコードや深層心理リーディングの他、占星術や数秘術、オラクルカードを用いてカウンセリングを行い、人生をクリエイトする力、「ホープフル・マインド」の目覚めをサポートしている。
Rising Sun(斎木サヤカオフィシャルブログ)

■Precious会員(小学館ID会員/無料)になると、さらに深い数秘術占いができます

・マイページから、今日の運勢、今月の運勢、今年の運勢をまとめて確認できる
・あなたの「歩むべき人生、未来の可能性」、「人生の目的、使命」、「本当に欲しいものを⼿に⼊れる⽅法」、「周りに求められるキャラクターとその活かし方」などを知ることができる
・あなたと誰かの相性が占える
・第三者同士の相性が占える

など、豊かな人生を送るための具体的なヒントがより深く、また対人関係についてのヒントも得られる内容となっています。ぜひ会員登録ののち、ご活用ください。

Precious会員(小学館ID会員)になるにはこちら≫

※すでに会員の方は、新たにローマ字の氏名を追加で登録していただくと、会員限定の数秘術占い(相性占いなど)が楽しめます。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: