英国靴ブランド「ボードイン アンド ランジ」のベルジャンシューズ

スエード、オールレザー、コンビ素材とバリエーションは豊富!

靴(左から順に)¥79,000・¥75,000・¥80,000・¥74,000・¥75,000・¥75,000(オカベ アンド パートナーズ〈ボードイン アンド ランジ〉)

ヨーロッパ貴族が履いていたルームシューズをもとに昇華したベルジャンシューズは、その圧倒的な軽さ、フィット感、上品さの3拍子が揃ったレザーシューズだ。しなやかで柔らかなナッパレザーやスエードなどをアッパーに用い、アンライニングで仕上げたことで足に沿うように馴染み、コバの張り出しがなくすっきりとしたトゥやレザーのパイピングは上品で大人らしい印象を与える。華奢で簡単な作りのように見えるシューズだが、熟練した職人が全行程をオールハンドメイドで作ることにより紳士靴さながらの高級感を併せ持つ。素足履きで軽快感を楽しんでもよし、ソックスと合わせドレスライクなコーディネートを楽しむのもよい。

カジュアルスーツとも相性抜群だからこそ汎用性が高い!

スーツ¥85,000(バインド ピーアール〈サンタニエッロ〉)、シャツ¥23,000・タイ¥15,000(ポール・スチュアート 青山店)、ベルト¥15,000(エスディーアイ〈アンダーソンズ〉)、¥75,000(オカベ アンド パートナーズ〈ボードイン アンド ランジ〉)その他スタイリスト私物

スーツはビジネスシーンのみに着るものにあらず。リネン混の清涼感あるカジュアルなスーツには重厚さは不要。スーツの風合いを損なわないため、アンライニングのスエードのベルジャンシューズやニットタイなど随所に柔らかさのあるアイテムを合わせれば、小慣れた印象だけでなく涼しげな夏らしい正装スタイルが完成する。

以上、ボードイン アンド ランジのベルジャンシューズを紹介した。洒落者をも唸らせる注目度の高いシューズは、ドレスにもカジュアルにも幅広く使えるため、ローファーやスリッポン感覚で履くことをおすすめする。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊