素足の露出具合、爽やかに白を基調としたコーディネート。夏のサンダルコーデは、足元に色っぽさを感じないだろうか。スーツでビシッと決めるのも色っぽさを引き立たせるポイントであるが、夏は少々辛いものがある。ジャケットやスラックスで適度な脱力感を出し、カジュアルな中に艶っぽさや色気を出してもいいのではないだろうか。そこで重要になるのがサンダルだ。カジュアルにドレスにも使い回しができる使い勝手のいいサンダルを紹介する。

カジュアルもドレスにも使い回しができる「フェランテ」のレザーサンダル

サンダル¥49,000(エスディーアイ〈フェランテ〉)

紳士靴を彷彿とさせるこちらのサンダルは、通常のサンダルと比べて肌の露出が少ないのが特徴だ。また、つま先部分の開口は狭く、さらに両側は覆われているため肌が露見することがない。紳士靴でも使われるシュリンクレザーやタッセルなど素材やディテールも踏襲していることが、カジュアルな印象のサンダルをドレスアイテムとして昇華させている。とはいえ紳士靴ではないので、ソールはあえて接着ソールを採用することでサンダルが本来持つ軽さや返りの良さを実現させている。

ジャケット&スラックスを使った理想的なサンダルコーデ

ジャケット¥110,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉)、ニット¥20,000(マクローレン)、パンツ¥29,000(ポール・スチュアート 青山店)、サンダル¥49,000(エスディーアイ〈フェランテ〉)その他スタイリスト私物

ドレスライクなサンダルを最大限に生かすなら、ネイビーのジャケットにグレーのスラックスといった鉄板コーディネートでも涼しげで洒落感のある印象に早変わり。首の詰まったカットソーやニットを合わせればきちんと感は損なわれないので、実は白スニーカーよりも足元は楽チンで優雅な印象を与える。

以上、フェランテのレザーサンダルを紹介した。履くシチュエーションやコーディネートが限定されやすいサンダルだからこそ、使い勝手の良い最適な1足を選んでみては?

※価格は全て税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊