「ベース型のボブは、カットラインが重いと顔が間延びして見えたり、頭の大きさを強調することにもなる」と話すのは、表参道にある美容院・ROIのデザイナー小西浩純さん。

「普通のボブのようにカットラインを切り揃えると顔が間延びし、輪郭に目線がいきやすくなってしまいます。エラの張りが目立つだけでなく、顔全体が大きく見えてしまう原因にも」(小西さん)

では、ベース型にボブは似合わないのでしょうか?

この問いに小西さんは「髪の表面にレイヤーを入れて動きをつける」ことで、ベース型の悩みを解消できると言います。

「髪の表面と毛先に動きをつけることで全体のフォルムが丸くなり、顔をコンパクトに、小顔に見せることができます。輪郭から視線を外らし、エラを目立たせない効果もありますよ」(小西さん)

輪郭をしっかりと隠しながら小顔に見える、小西さんオススメの「レイヤーボブ」を拝見しましょう。

■髪型: 動く毛束でエラの張りが気にならない!軽やかレイヤーボブ

ベース型のボブ代表:松田純子さん(45歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

松田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「肩ラインで平行にカットしつつ、ハチ上にだけレイヤーを入れて動きを出したボブベースのレイヤースタイル。レイヤーを入れることで、髪の表面だけ独立して動くように。前にも後ろにも流れる毛束を作ることで、軽やかに仕上げています」(小西さん)

■スタイリング:毛先までコテで巻くと古臭い印象になるので注意!

「コテで髪の表面を巻く時は毛先を巻き込みすぎないようにしましょう。毛先にカールがつきすぎると重たい印象になり、頭も大きく見えてしまいます。コテの温度を上げすぎると失敗しやすいので低めの温度でチャレンジしてみてください」(小西さん)

スタイリング前

■1: 髪の表面にコテで熱を通す

コテは32mmを使用。表面の髪の根元から毛先にかけてコテで熱を通す。コテでブローするようなイメージで。毛束は細かく取ると動きが出る。

■2: ワックスを根元から揉み込む

全体にワックスを揉み込む。頭頂部は特に念入りに揉み込むと表面に動きが出やすくなる。

〈ベース型ボブヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■コテで巻く時は毛先を巻き込みすぎない
  2. ■髪の表面の毛束は細かくとって巻く
  3. ■ワックスは撫でるようにつけない

「ワックスの量は親指の爪くらいの大きさを意識して。手のひらになじませたら、髪の内側に揉み込むようにつけてください。表面になでつけるようにつけると、ベタッとした印象になるので注意して」(小西さん)

ROIのデザイナー小西浩純さん。寝起きに骨ストレッチをするのが日課なのだそう。「骨の動きをよくするストレッチで、寝起きにするようになってから目覚めがスッキリ。気持ちよく起きられるようになりました」

問い合わせ先

ROI
住所/東京都港区南青山5-7-21-B1F
TEL:03-6434-1168
営業時間:月〜金 12:00~21:00/土・日・祝 10:00~19:00
定休日:水曜・第三火曜

アンティーク調で落ち着いた雰囲気の店内。丁寧なカウンセリングで40代の髪悩みに真摯に向き合ってくれる
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑