肩ラインのボブスタイル。長いわけでも短いわけでもない、この微妙な長さに「アレンジしにくい」と思っている方も多いのでは?

手っ取り早く結んでも、後れ毛のせいで“疲れたオバさん”にまっしぐら…。

そんな悩みを解決してくれるのは、表参道にある美容院・ROIのデザイナー小西浩純さん。

小西さんが教えてくれるのは、あえて後れ毛をたくさん出したひとつ結び。「後れ毛をそのままにしていたら疲れたオバさんですが、コテで巻いてワックスをなじませれば“狙ったオシャレ感”が出るんです。ボブは他のレングスとは違い後れ毛が短め。あえて多めに引き出すことで、ラフさとこなれ感のあるスタイルになります」(小西さん)

後れ毛を巻くことでオバさんからこなれた雰囲気に。短めの後れ毛を多めに引き出した、ボブならでは後れ毛アレンジをご覧ください。

後れ毛がこの長さだから老け見えしない!ラフでこなれ感のあるひとつ結び

完成
サイド
バック

松田純子さん(45歳/主婦)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「せっかく後れ毛を引き出しても、毛先がパサパサしていたり広がっていると台無し。疲れた印象に見えてしまうので、毛先や後れ毛にはしっかりとワックスを揉み込んで。たっぷりつけると、みずみずしさやツヤがプラスされ、老け見え防止になります」(小西さん)

アレンジ前

■1: 手ぐしでゆるっとまとめてひとつ結びにする

手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。

■2: 頭頂部の毛束をつまんで引き出す

トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。

■3: 生え際に沿って後れ毛を細かく出す

結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。

■4: コテで後れ毛にニュアンスをつける

コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。

■5:毛先をワックスで散らす

ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。

「狙ったところにニュアンスをつけるなら、後れ毛をしっかりと巻くのが正解。できるだけ細めのコテで、毛先を外ハネ、内巻きワンカールと交互に巻きましょう。毛先に動きが加わって絶妙な毛流れになります」(小西さん)

ROIのデザイナー小西浩純さん。2歳の女の子のお父さん。最近は娘さんの髪のアレンジにハマっているのだとか。「2歳にしては髪が長いんですよ。胸下くらいまであるのでよくアレンジしています。『可愛いゴムを使って』という娘のリクエストにも答えながら、毎日工夫しています」

問い合わせ先

ROI
住所/東京都港区南青山5-7-21-B1F
TEL:03-6434-1168
営業時間:月〜金 12:00~21:00/土・日・祝 10:00~19:00
定休日:水曜・第三火曜

アンティーク調で落ち着いた雰囲気の店内。丁寧なカウンセリングで40代の髪悩みに真摯に向き合ってくれる。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑