マスターピースには、作り手の自信が細部にまで宿っているものだ。毎日のPCワークで手にするマウスにも、名品と呼ばれるアイテムは存在する。その条件のひとつが、長時間操作しても疲れない本体デザインだ。手のひらや手首に負担をかけないだけではなく、握った時の指の位置にまで気を配って設計されている。スクロールの速度やポインターの速度(解像度)も重要だ。特に解像度は数値が高いほど、少ない動作でポインターを動かせるので仕事の効率化に直結する。

通常1600dpiでも反応は機敏だが、ゲーミングマウスの中には1万dpiを優に超える超解像なモデルも存在する。さらに左右クリック、スクロール以外の機能を、マウスのボタンに追加できるタイプも実用度が高い。使用頻度の高い機能をボタンに割り振っておけば、ショートカットキーとして使うことも可能だ。また、握って動かすタイプ以外に、ボールを転がしてポインターを動かすトラックボールタイプも根強い人気をもっている。マウスに比べて動作スペースが少なく、手首への負荷も抑えることから、仕事用としてもぴったりだ。

ロジクールのおすすめ高級マウス【NG】

logicool(ロジクール)高級ワイヤレスレーザーマウス MX MASTER 2S【NG】

logicool(ロジクール)高級ワイヤレスレーザーマウス MX MASTER 2S

1台のマウスで、最高3台のPCをシームレスにコントロールし、PC間でテキストや画像のコピー&ペーストもできるプレミアムなワイヤレスモデル。手と手首をサポートする形状を備え、長文やウェブページをより高速にスクロール。最大4000dpiの解像度で、ガラス面をはじめとするほぼすべての表面のトラッキングを可能にしている。接続は付属のUnifyingレシーバー、Bluetoothに対応。フル充電で70日以上駆動する。

⇒楽天市場で「logicool(ロジクール)高級ワイヤレスレーザーマウス MX MASTER 2S」を探す

⇒amazonで「logicool(ロジクール)高級ワイヤレスレーザーマウス MX MASTER 2S」を探す

logicool(ロジクール)高級アドバンスエルゴノミックマウス MX VERTICAL MXV1s

logicool(ロジクール)高級アドバンスエルゴノミックマウス MX VERTICAL MXV1s

57°の角度で傾斜した本体を、握手をするように握ることで、親指が自然な形でサムレスト上に置かれ、従来の非縦型マウスに比べ筋緊張を10%低減する。最大4000dpiの高性能光学センサーは、一般的な1000dpiマウスの4倍の感度をもち、手の動きを1/4に軽減させる。最高3台のPCをシームレスに操作でき、専用ソフトウェア使ったボタンのカスタマイズにも対応。、レシーバー、ケーブル、Bluetoothの3種類で接続ができる。

⇒楽天市場で「logicool(ロジクール)高級アドバンスエルゴノミックマウス MX VERTICAL MXV1s」を探す

⇒amazonで「logicool(ロジクール)高級アドバンスエルゴノミックマウス MX VERTICAL MXV1s」を探す


ロジクールのおすすめ高級ゲーミングマウス

logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G502WL

logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G502WL

ワイヤレスでありながら、高速で安定した反応を実現する「LIGHTSPEED技術」を搭載し、充電機能付きマウスパッド「POWERPLAY」にも対応したeスポーツ向けマウス。400IPSを超えるトラッキング速度を誇るゲーミングセンサー「HERO 16K」や、操作しやすいようにカスタマイズ可能な11個のボタンを用意。1680万色から自由に設定ができるゲームの音楽やアクションに連動したライティングが、気分を盛り上げてくれる。

⇒楽天市場で「logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G502WL」を探す

⇒amazonで「logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G502WL」を探す

logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WL

logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WL

プロeスポーツプレーヤーからのアドバイスをもとに完成したワイヤレス ゲーミングマウス。高速に反応する“LIGHTSPEEDテクノロジー”と高感度なゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載し、安定した接続性と電力制御を維持しつつ超高速な応答速度1/1000を可能にしている。ハイエンド性能に加え、カスタマイズできる8つのボタンや、1680万色のライティングシステムを備えながら、約80gの超軽量ボディを実現する。

⇒楽天市場で「logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WL」を探す

⇒amazonで「logicool(ロジクール)高級ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WL」を探す


おすすめメーカーの高級マウス

Microsoft(マイクロソフト)高級ワイヤレスマウス MS Precision Mouse GHV-00007

Microsoft(マイクロソフト)高級ワイヤレスマウス MS Precision Mouse GHV-00007

超精密なスクロールや、手にしっくりとなじむエルゴノミックデザインによる抜群の快適性と操作性を備えたハイエンド向けのワイヤレスマウス。カスタマイズ可能な3つの親指ボタンで、作業を効率化でき、マルチタスク機能により、最大3台のコンピューターとペアリングしてシームレスに使用できる。Bluetoothを使ったワイヤレス接続と有線USB接続を両方サポートしているので、ユーザーに適したスタイルで使いこなせる。

⇒楽天市場で「Microsoft(マイクロソフト)高級ワイヤレスマウス MS Precision Mouse GHV-00007」を探す

⇒amazonで「Microsoft(マイクロソフト)高級ワイヤレスマウス MS Precision Mouse GHV-00007」を探す

Kensington(ケンジントン)高級トラックボールマウス SlimBlade 72327JP

Kensington(ケンジントン)高級トラックボールマウス SlimBlade 72327JP

ダブルレーザーセンサーを搭載した高精度コントロールができるトラックボールと、カスタマイズ可能な 4 つのボタンによって、マウスを超える抜群の操作を実現。右左クリックと縦横スクロールができるカーソルモード、360°スクロールやズームイン/アウトができるビューモード、ボリューム調節などに便利なメディアモードの3モードを用意している。省スペースで使え、手や手首の負担も軽減するため、長時間快適に使える。

⇒楽天市場で「Kensington(ケンジントン)高級トラックボールマウス SlimBlade 72327JP」を探す

⇒amazonで「Kensington(ケンジントン)高級トラックボールマウス SlimBlade 72327JP」を探す


おすすめメーカーの高級ゲーミングマウス

Razer(レイザー)高級ゲーミングマウス Razer Mamba Elite RZ01-02560100-R3M1

Razer(レイザー)高級ゲーミングマウス Razer Mamba Elite RZ01-02560100-R3M1

1万6000dpiのオプティカルセンサーによって高速で高精度のスワイプを実現。カスタマイズ可能な9つのボタンも用意される。「Razer Mamba Elite」は、本体のサイドに沿った広いライティングゾーンも大きな特徴で、ゲームプレイに合わせて鮮やかなイルミネーションで飾り、ライティングエフェクトなどのカスタマイズも自由にできる。手のひらや指にかかるストレスを軽減するエルゴノミクスデザインで、ロングプレイも軽快に楽しめる。

⇒楽天市場で「Razer(レイザー)高級ゲーミングマウス Razer Mamba Elite RZ01-02560100-R3M1」を探す

⇒amazonで「Razer(レイザー)高級ゲーミングマウス Razer Mamba Elite RZ01-02560100-R3M1」を探す

ASUS(エイスース)高級ゲーミングマウス ROG Spatha L701-1A

ASUS(エイスース)高級ゲーミングマウス ROG Spatha L701-1A

カスタマイズに対応した12個のボタンを搭載。ゲームに最適化された左側面にある6個の大型ボタンだけでさまざまな操作ができるオンラインゲーム特化型のゲーミングマウス。2000万回のクリックに耐えられるクリックボタンや解像度8200dpi対応の高性能レーザーセンサーを採用。USBによる有線接続と、2.4GHzワイヤレスに両対応する。ワイヤレス接続時には3色のLEDでバッテリー状態を表示。ホイール、サイドボタン、ロゴ部分にイルミネーション機能も装備される。

⇒楽天市場で「ASUS(エイスース)高級ゲーミングマウス ROG Spatha L701-1A」を探す

⇒amazonで「ASUS(エイスース)高級ゲーミングマウス ROG Spatha L701-1A」を探す

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
WRITING :
安藤政弘