サンダルの利点は、涼しく爽やかな足元を作れること。街履きで履くなら、様々なコーディネートに対応できるようカラーは黒、素材は上品に見えるレザー、過度なデザインのものは避け極力シンプルなものを選ぶのが妥当だ。サンダルをコーディネートのハズしとして使えるようになれば、たちまちセンスが見違える。サンダル使いのポイントを踏まえ理想の1足を紹介する。

綺麗にカッティングされたレザーが大人らしさを演出! イタリアの老舗「マウロ・デ・バーリ」が手がける理想的な1足

サンダル各¥19,800(アマン〈マウロ・デ・バーリ〉)

綺麗にカッティングされた一枚革のレザーサンダルは、柔らかく足馴染みが良い。ソールにラバー製のシャークソールを採用することで、クッション性だけでなく歩きやすさと滑りにくさを両立させた。黒一色に統一したことでモードな香りが漂う、この夏の買いの一足だ。

軽快なサンダルにはキレイめなコーディネートを心がけよう

ベスト¥30,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉)、シャツ¥25,000(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ¥23,000(バインド ピーアール〈ジェルマーノ〉)、鞄¥39,000(ディレクターズ〈フジト×ジョン・チャップマン〉)、サンダル¥19,800(アマン〈マウロ・デ・バーリ〉)

サンダルでコーディネートをするときは、アウトドアシーンを除きカジュアルすぎる格好は避けるのがコツ。足元がカジュアルな分、少し上品なコーディネートを意識することでサンダルが生きる。シアサッカーの襟付きベストをポイントにブルー系のワントーンで抑えれば爽やかで夏らしいスタイルの完成だ。

以上、マウロ・デ・バーリのサンダルを紹介した。レザー素材のサンダルなら適度なカジュアル感の中に上品さが生まれる。注意点としては、露出が増えるので、きちんと爪くらいは綺麗に整えておこう。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊