私がオーダーメイドで仕立てたジャケットにそでを通すとき、必ず気に留めるポイントがある。

 第一に腕の上げ下ろし。腕を上げてもジャケットの身頃がそでに引っ張られずに、体にフィットしていること。これは、ジャケットの着用感において、気にしなければならない基本中の基本で、そでつけの良し悪しが簡単に判断できる。

 次に肩入れ。肩を入れたとき、肩周りの微妙な空間の余裕やなじみ具合を感覚的に捉える。うまく仕立てられていれば、何の違和感もなくジャケットに肩が自然に収まる。

 そして、肩の載り具合。“ジャケットは肩で着る”という、テーラーの間で昔から言われている格言のようなものがあるが、ジャケットの着用感そのものは、肩の載り具合を指していると言ってもいい。つまり、肩に重みを感じるジャケットは、何か仕立てに問題が生じ、うまく仕上がっていないのである。仕立て職人はジャケットづくりで、着心地に影響を与える、えり付けやそで付け部分の肩周りに最も気を使うのである。これら3つのポイントを私は直感的に判断する。

凄腕マエストロがたどり着いたやじろべえ理論

シングル2つボタンの端正なスタイル。ノッチドラペルは標準的な大きさのクラシックスタイルで、インターナショナルで通用する顔立ちだ。

「サルトリア イプシロン」のオーナーであり凄腕のマエストロ、船橋幸彦氏が仕立てるジャケットは、そんなポイントをいとも簡単に凌駕する。新たに登場したモデル『ジャッカ  レッジェーラ』は、30年を超えるイタリア(ローマとミラノ)での服づくりに裏打ちされた一着。船橋氏が長年の服づくりでたどり着いた、やじろべえの考え方がジャケットに生かされている。

※モデル名『ジャッカ レッジェーラ』は、軽いジャケットを意味するイタリア語。

 やじろべえとはバランスである。中心となる1点から左右の重さが保たれているものだ。船橋氏は、ローマでサルトリアを営んでいたころから、このバランスを気にし続けてきたそうだ。どのように表現すれば、均整の取れたジャケットになるのか。試行錯誤を続け、近年、やじろべえ理論として結実し、国内特許を取得。今、世界特許出願申請中でもある。

胸周りのヴォリュームを見事に表現した、綺麗な曲線のバルカポケット。ラペル際の繊細なステッチに加え、フラワーホールの美しい縫製は、まさに超絶技だ。
そで回りにゆき綿を入れていないため、自然なギャザーが生まれ味のあるアクセントとなる。パッドのない肩のラインはいたって自然な傾斜を描く。

 このやじろべえ理論とは何か。それに答えるには、これまで「サルトリア イプシロン」で仕立ててきた私の体感で表そう。船橋氏がつくり上げるジャケットは、服が肩に載っているのか、載っていないのか、よくわからないほど軽い。もちろん、肩に載っているのだが、薄い空気の幕がジャケットと肩の間にあり、浮いているような感じがする。『ジャッカ レッジェーラ』を着用しなければ、なかなかわかりにくい感覚かもしれない。しかし、採寸から導き出したやじろべえ理論で、バランスを完璧に保つ仕立てに船橋氏は到達した。左右の肩の均整だけではなく、前身頃と後身頃とのバランスも保つため、ジャケットが体の動きに自然に寄り添う。座ったとき、ジャケットのボタンを閉めたままでも肩が抜けずに、上えりが首回りに吸い付いた状態をキープする。バランスが合っていなければ、まずこうはならない。

『ジャッカ レッジェーラ』は、肩パッドやゆき綿も用いず、ほんの薄いメッシュの毛芯をフロントに使っただけの構造である。ボタンや薄い芯地を除けば、生地の重さがイコール、ジャケットの重量と言えるほどだ。

このジャケットに使ったのは、“ウッドハウス”の『サマーコンフォート』というウール生地。見るからにしなやかなさが伝わる軽やかな仕立てだ。
船橋氏のステッチワークは、甘く緩やか。ジャケットを着用していくうちに、体になじむ神業的な縫製である。Photo by KATAYASU

 かつて、吉田茂首相がとあるテーラーに語ったことが、船橋氏の記憶に残る。「浴衣のような軽いジャケットをつくってほしい」と。“ジャッカ レッジェーラ”は、まるでそれに応えるかのように、イタリアで育んだ超絶技と、日本人の繊細な感性が溶け合ったジャケットである。

サルトリア イプシロン

問い合わせ先

  • サルトリア イプシロン TEL:03-6225-2257
  • 住所/東京都中央区日本橋本町4-7-2 ニュー小林ビル3F
    営業時間/10:00~19:30 正月とお盆期間休み
    価格/『ジャッカ レッジェーラ』※写真の生地の場合
    ディスティント(ほとんどの工程が手縫い)¥313,000
    ボーノ(ミシンと手縫いの併用)¥188,000
この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク