夏に履くものといえば、スニーカーとサンダルが定石。どちらも履き心地は軽やかで清涼感もあるが足りないのは品の良さ。そこで出番なのがスリッポンである。レザーやスエードを用いたスリッポンは、履き心地や清涼感だけでなく上品さや美しさが備わっているのである。これから紹介するアイテムをぜひ参考にしていただきたい。

軽快感・清涼感・美しさが揃った大人靴

ポール・スチュアートのスリッポン

靴各¥50,000(ポール・スチュアート 青山店)

アンライニング仕様でしなやかな履き口にシャープなラインと丸みのあるトゥは、足元に柔和でエレガンスな雰囲気を与えてくれる。ドレスライクな履きこなしを楽しむなら写真左の柔らかいシボ革のシングルソールタイプを、カジュアルなスタイルに上品さを加えるのなら写真右のしっとりしたスエード素材に大人らしいボルドーカラーで足元にインパクトを与えてみるのもよい。ともに型は同じだが、アッパーの素材やソールが変わるだけで与える印象はだいぶ異なる。

ダークトーンのコーディネートには足元に差し色で変化を

ニットポロ¥17,000・パンツ¥21,000・スカーフ¥2,500・靴¥50,000(ポール・スチュアート 青山店)

夏の装いは明るいカラーや柄物などを取り入れがちだが、ワントーンでシックな着こなしにすることで、半袖短パンといったカジュアルなコーディネートも大人らしい印象となる。コツは、上下で素材感を変えること。リネン100%のシャリ感のあるポロシャツに、滑かなコットンシルクのショーツでメリハリを。そこに異なる色のボルドーカラーのスリッポンを合わせれば、互いが引き立て役となってくれる。

着るもので冒険するのもファッションの楽しみだが、飽きのこないシンプルな着こなしをするのなら足元を変えることをお勧めする。それだけで印象は変わるのだから。以上、ポール・スチュアートの靴を紹介した。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊