海をすぐそばで感じられる埠頭に立地

2020年秋に誕生する「横浜ハンマーヘッド」。日本初の近代的埠頭として横浜港の中心的役割を担った新港ふ頭に誕生する注目の複合施設に、「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」が開業する。

ホテルが位置するのは、国内でも希少な海上立地。3方向を海で囲まれた埠頭にある3〜5階の低層施設ならではの眺望は解放感に溢れている。

寄港する豪華客船を眼前で楽しめる立地にある「インターコンチネンタル横浜 Pier8」

船出のひとときのような優雅なステイを

全173のゲストルームは、すべて45平方メートル以上のゆったりとした設え。

ゲストルームの大きな窓からは刻々と表情を変える横浜の海が楽しめる

さらに目の前に広がる横浜の海を満喫できるルーフトップも備え、優雅な船出のひとときのような スペシャルな滞在が楽しめる。

コーナーのスイートルームには広々としたテラスを備え、潮風を感じられる

パーソナルで温かなもてなしを提供する、ハイグレードなゲストルームであるクラブルームに宿泊すれば、約400平方メートルの広さを誇る専用クラブラウンジが利用できる。クラブラウンジの大きなガラス窓の向こうには、朝昼晩で刻々とうつろう横浜港の表情を楽しめる。

「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」に続く、みなとみらいの新しいシンボルホテルになりそうな予感の「インターコンチネンタル横浜 Pier8」は2019年11月に誕生予定だ。

この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
TAGS: