アイスクリームやかき氷など、暑い夏に欠かせないのがひんやりとしたスイーツ。全国にはおいしいスイーツを提供しているお店がたくさんありますよね。

特に、都心近郊には人気店や話題のお店も多く、どのお店がおいしいの? どんなスイーツを提供しているの? と迷ってしまう方も多いかと思います。そんな数あるお店の中から、今回オススメを教えてくれるのは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のスイーツ芸人・スイーツなかのさん。

スイーツなかのさん
芸人
(すいーつ なかの)早稲田大学卒業後、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。パンケーキハットをトレードマークに、唯一無二のスイーツ芸人として活動。多数メディア出演の他、ライター、商品監修、講演会など幅広いシーンで活躍中。
スイーツなかの Instagram

日本スイーツ協会「スイーツコンシェルジュ」の資格をもち、今までに食べたスイーツの数はなんと5,000種類以上。あらゆるスイーツに精通した、スイーツなかのさんが厳選したひんやりスイーツを5つ、ご紹介します。

スイーツなかのさんオススメ!大人が喜ぶ「夏のひんやりスイーツ」5選

■1:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ ニューヨークラウンジの「マスカットと白ワインの泡氷パフェ」(竹芝駅)

「マスカットと白ワインの泡氷パフェ」の写真
「マスカットと白ワインの泡氷パフェ」¥2,000(税・サービス料別)

ニューヨークスタイルのラグジュアリーな空間でお食事やアフタヌーンティーを楽しめる、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「ニューヨークラウンジ」。2019年6月1日〜9月5日の期間限定で提供されているのが「マスカットと白ワインの泡氷パフェ」です。

このスイーツをプロデュースしたのは、2014年「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(パティスリーの世界大会)」に日本代表として参加し、準優勝したこともある德永純司シェフ。エグゼクティブ シェフ パティシエとして「大人のパフェシリーズ」をシーズンごとに提供しています。

「フロマージュブランというチーズでつくられたエスプーマのふんわり感と、マスカットのグラニテのシャリシャリとした食感が楽しいスイーツです。マスカットの爽やかさに、ほんのりとした白ワインのジュレの風味やチーズのコクが加わった、まさに大人味のパフェ。お酒に弱い方でも、おいしくいただけると思います。お食事のシメパフェとしても楽しめますよ」(スイーツなかのさん)

他にも「マンゴーとパッションフルーツの泡氷パフェ」「桃とシャンパンの泡氷パフェ」が「夏の泡氷パフェ」としてラインナップ。どれも涼しげで夏らしいスイーツですよ。

問い合わせ先

■2:PHILIPPE CONTICINIの「ヴェリーヌパフェ ペッシュブランシュ エ リチ」(銀座駅)

「ヴェリーヌパフェ ペッシュブランシュ エ リチ」の写真
「ヴェリーヌパフェ ペッシュブランシュ エ リチ」¥2,200(税別) ※ドリンク付き

トレンドの最先端、東京・銀座のGINZA SIXにある「PHILIPPE CONTICINI(フィリップ・コンティチーニ)」。フランスのデザート業界とガストロノミー業界の巨匠、フィリップ・コンティチーニが手がけるブティック&カフェです。

バーカウンターで提供されている「ヴェリーヌパフェ」は季節のフルーツを使った期間限定スイーツ。今回ご紹介する「ヴェリーヌパフェ ペッシュブランシュ エ リチ」は桃とライチを使った7月の新作です。

「全部で20層のパフェで、桃のシャーベットやベリー系のソース、マスカルポーネのクリーム、シュトロイゼルという大きめのクッキーなど、食べる場所によって味や食感の違いを楽しめます。

全体的にスイーツ感がしっかりしていて、統一感や香りの高さが光るひと皿。桃ベースの味わいに、ライチのソルベが夏らしい爽やかさを加えています。仕上げにライチの皮が削られるので、香りもとってもすばらしいですよ」(スイーツなかのさん)

また、カウンター形式なので目の前でつくっているのが見られるのもポイントなのだとか。「夫婦や恋人同士で行くのもおすすめですよ」とスイーツなかのさん。ライブ感も楽しめるカウンター席は、会話のきっかけにもなりそうですね。

問い合わせ先

■3:BowRabit TOKYOの「プレミアムミルクチーズティー」(高田馬場駅) 

「プレミアムミルクチーズティー」の写真
「プレミアムミルクティーMサイズ」¥500 + 琥珀タピオカ¥80 + 濃厚チーズフォーム +¥100(税込)

現在、若者を中心に徐々に人気となっているのが「チーズティー」。台湾発のドリンクで、紅茶などのティーの上にふわふわのチーズフォームを乗せた飲み物です。

こちらの「BowRabit TOKYO(ボウラビット トウキョウ)」は2019年4月に高田馬場にオープンしたばかりのドリンク専門店。かわいらしいうさぎのロゴがモチーフで、自家製のフォームドチーズクリームを乗せたチーズティーが楽しめます。

「こちらは『プレミアムミルクティー』に濃厚なチーズフォームと流行のタピオカをトッピングした、夏にぴったりのドリンクです。優しい甘みのプレミアムミルクティーはほうじ茶を合わせた和テイストの味わい。すっきりしていて飲みやすいおいしさですよ」(スイーツなかのさん)

ミルクティーだけではなく、フルーツティーやコーヒーなどベースとなるドリンクの種類も豊富。タピオカも色のついていない琥珀タピオカと、黒糖タピオカの2種類から選べます。コクのある濃厚なチーズフォームのおいしさを、お好きなフレーバーとともに楽しんでみて。

問い合わせ先

 ■4: 舟和の「芋ようかんソフトクリーム」(浅草駅)

「芋ようかんソフトクリーム」の写真
「芋ようかんソフトクリーム」¥350(税込) ※価格は2019年6月現在のものです

和のひんやりスイーツとしてご紹介いただいたのが、芋ようかんで有名な「舟和」の「芋ようかんソフトクリーム」。浅草を中心に店舗をいくつか構えている「舟和」は創業明治35年の老舗和菓子店。スイーツなかのさんは浅草に行くたびに、この芋ようかんソフトクリームをリピートして食べているのだとか。

「さつまいもとバニラを合わせたすっきりとした甘さのソフトクリームです。芋ようかんを薄焼きにしてお煎餅にした『芋金貨』と芋ようかんのスライスが乗せてあります。着色料不使用で、お芋のほっくりとした味わいが楽しめます。何度も食べたくなるスイーツですよ」(スイーツなかのさん)

こちらの商品はソフトクリーム総合メーカー「日世」との共同開発でつくられたもの。お芋とバニラの絶妙なバランスを思う存分堪能してくださいね。

問い合わせ先

  • 舟和 本店 
  • 営業時間/10:00~19:00(平日)、9:30~20:00(土)、9:30~19:30(日・祝日)
  • 定休日/なし
  • TEL:03-3842-2781
  • 住所/東京都台東区浅草1-22-10

■5:MAISON GIVRÉEの「サマーリース リコピン・5号」(中央林間駅)

「サマーリース リコピン・5号」の写真
「サマーリース リコピン・5号」¥4,000(税別)

最後は華やかなアイスケーキのご紹介。「MAISON GIVRÉE(メゾンジブレー)」は神奈川県の中央林間駅近くにある洋菓子店。2015年のミラノ万博にて日本代表のチームキャプテンとして出場し、世界チャンピオンとなった江森宏之シェフが手がけています。

このお店のアイスケーキは、全国各地の農家から仕入れた野菜や果物を使っているのが一番の魅力。今回ご紹介する「サマーリース リコピン・5号」も宮崎県・おがわ農園の「香TOMATO」と栃木産のいちごを組み合わせた逸品だそうです。

「香TOMATOはトマト自体がとってもフルーティー。なのでトマト独特の臭みなどがほとんどなくて、トマトが苦手な方でも食べられそうなアイスケーキに仕上がっています。

トマトの旨みがぎゅっと凝縮されていて、シロップを染み込ませたアーモンド生地やアイスクリームとの相性も抜群ですよ。見た目もとってもインパクトがあり、華やかでかわいいので、家族の集まりやパーティーなど、人がたくさん集まる場で出すと喜ばれると思います」(スイーツなかのさん)

ほかにも全国各地のおいしい食材を使ったアイスケーキがたくさん並ぶ「MAISON GIVRÉE」。お取り寄せも可能なので、遠方に住んでいる方も、ぜひネットショップをチェックしてみてくださいね。

問い合わせ先

  • MAISON GIVRÉE(メゾンジブレー) 
  • 営業時間/10:00〜19:00
    定休日/月曜定休(火曜不定休)
  • TEL:046-283-0296

  • 住所/神奈川県大和市中央林間4-27-18
  • ※店舗営業時間とWEBSHOPサポート窓口は運営時間が異なりますのでご確認ください。

数々のスイーツを食べ尽くしたスイーツなかのさんが選ぶ、多彩なラインナップはどれも魅力的ですね。お出かけに、デートに、パーティーに、さまざまなシーンに合わせた和洋のスイーツ。この季節ならではのおいしさを、大切な友人や家族と楽しんでみてはいかがでしょうか。 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
伊東ししゃも