日本橋のPR活動を行う名橋「日本橋」保存会と、地元団体や企業などによるECO EDO 日本橋 実行委員会が「ECO EDO 日本橋 2019~五感で楽しむ、江戸の涼~」を2019年7月5日(金)から9月23日(月・祝)に開催します。

日本橋・八重洲・京橋エリアで江戸情緒を楽しむことができる夏の恒例イベント。今年で12回目となる同イベントですが、デジタルアートやライトアップなどの演出がさらにパワーアップ。江戸情緒と最新技術の融合でますます魅力的に!

五感に訴える演出の数々で日本の涼を感じる

ECOEDO日本橋2019メインビジュアル

■1:金魚大提灯参道

金魚大提灯参道(2018年の様子)

仲通り(コレド室町1、2の間)には江戸を思い起こさせる風情あふれる「金魚大提灯参道」が登場します。19:00~23:00の間、高さ約1.8mの「金魚大提灯」に明かりが灯り、デジタル花火が打ち上がり、福徳神社へ続く参道を幻想的に彩ります。

今年は日本橋に事務所を構えるクリエイティブカンパニー「flapper3」が演出を担当。昨年よりパワーアップしたデジタルライティング演出を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■2:森の風鈴小径(こみち)

森の風鈴小径(こみち)(2018年の様子)

福徳神社から福徳の森へと続く小径では約200個にも及ぶ江戸風鈴が飾られます。涼やかな風鈴の音で、暑さが和らぐような感覚を楽しむ空間に。夜間はライトアップされる森の道は、幻想的でフォトジェニックな空間になること間違いなし。

■3:金魚スイーツ&バルさんぽ 

金魚スイーツ&バルさんぽ【ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ】左:「金魚ジョーヌ」、右:「金魚ルージュ」各¥864(税込)
金魚スイーツ&バルさんぽ【マンツォヴィーノ】「月と金魚~極上黒毛和牛ユッケ トリュフ風味~」¥1,820(税込)

金魚をモチーフにしたフォトジェニックなスイーツメニュー、バルメニュー、アルコールメニューが日本橋地域の商業施設・老舗店舗など110店舗(6月5日時点)で提供されます。かわいい金魚のモチーフは涼やかで写真映えするものばかり。見ても食べても楽しめる、お気に入りの1品をぜひ見つけてくださいね。実施期間は店舗により異なります(メニュー名・価格・商品画像はすべて予定)。

■4:その他の連携イベント

ECO EDO日本橋アートアクアリウム2019メインビジュアル

期間中にはその他、連携イベントも盛りだくさん。橋楽亭ゆかたステーション(コレド室町3 3F)では浴衣のレンタル&着付けサービス(2019年7月6日(土)~9月21日(土)の毎週土曜日・事前予約制・新日屋03-5652-5403)を実施。

江戸桜通り地下歩道デジタルサイネージではSNSでも話題の写真家Naohiro Yako氏が撮影した「浴衣を着て行きたくなる」フォトジェニックスポットを放映しています。

また、日本橋三井ホールでは「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2019 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」を開催。アートアクアリウムの第一人者である木村英智氏が手がける、金魚を中心とした1万匹の観賞魚が舞い踊る空間は水族館を超えたアート作品になっています。

関連して、2019年7月20日(土)~9月1日(日)の毎週末は「アートアクアリウム夏祭り」を福徳の森にて開催。金魚すくいや金魚売りの他、全国の盆踊りを楽しめるイベントです(雨天・荒天時には中止の可能性あり)。

【まかないこすめ(コレド室町3 3F)】「金魚すくいハンドケアセット」¥2,484(税込)
【日本橋 箸長(コレド室町 3 2F)】「京焼 金魚箸置き」¥756円(税込)

周辺エリアでは、金魚をモチーフにした商品も多数登場。友人へのお土産にはもちろん、自分へのお土産にしたら、帰宅後も楽しむことができますね。


江戸時代に日本橋で育まれた納涼の知恵や工夫を、最新技術とアートでアレンジしたさまざまなイベント「ECO EDO 日本橋 2019~五感で楽しむ、江戸の涼~」。ぜひ五感で涼やかさを体感してみてくださいね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。