洋服だけでなく革小物などのレザーグッズにおいても評価が高いディオール。贅沢なシボ革は重厚な男性らしい印象に加え、新たに生まれ変わったアイコンでもある「サドル」をモチーフとしたデザイン性の高さ、現メンズ アーティスティック ディレクターであるキム・ジョーンズの卓越した感性が見事に融合したバッグは唯一無二の存在だ。どんな時代にも色褪せることなく使えるバッグは、まさに一生モノと呼ぶに相応しい。

おしゃれ意識の高い男性におすすめしたいディオールのグレインドカーフを使ったスモールレザーバッグ

新たな息吹により生まれ変わった「サドル」バッグ

【W28.6×H20×D5cm】鞄¥300,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

2000年頃に爆発的ヒットを記録したアイコニックな「サドル」バッグが、メンズバージョンとして登場。乗馬の鞍をデザインソースとしたバッグは、上品な印象に加え力強さと躍動感を感じさせる。ナイロンストラップに施されたブランドロゴやメカニックなバックルにユーモアのある遊び心が。

ハードなギアっぽさに男心がくすぐられる

【W29×H16×D8cm】鞄¥300,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

サドルのデザインを取り入れつつ、より実用的かつ大容量になったベルトバッグは、ジップのポケットが2室、サドルのフラップポケットが1室の3層構造。さらに左側にさりげなく取り付けられた正方形の小さなバッグもジップにより開閉が可能。グレインドカーフの柔らかくも重厚感のある見た目が男らしい印象だ。

まるで小さなランドセル!?

【W00×H00×D00cm】鞄¥220,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

縦型のショルダーバッグは、キム・ジョーンズが日本の小学生のランドセルを見て着想を得たとされるコロンとした愛嬌のあるバッグ。フラップを開くと手前にカードスロットが一つ、メインの収納室が一つと極めてシンプルな装い。その可愛らしい見た目から、新しいアイコンになる日も遠くないかもしれない。

以上、ディオールのスモールレザーバッグを紹介した。高級感のあるシボ革の質感はもちろんだが、遊び心の垣間見えるデザイン性の高さもカジュアルバッグの醍醐味の一つ。一度使ってみたら、病みつきになること間違いなし!

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊