オンロードだけではなく、オフロードもこなせるエンデューロ・オールラウンダーが人気だ。あらゆる場面でライダーの求めに応じた走りができる、いわばクロスオーバー2輪。各メーカーともこの手のモデルを揃えていて、パワフルでロングツーリングを楽々とこなすなら1000ccオーバーという選択もある。ただし、お手頃かつ扱いやすさでは、600~900cc辺りのモデルがちょうどいいのかもしれない。

 そこで今回、チェックしたのはBMW・F 750 GSだ。GSのGはゲレンデ(山道)、そしてSはシュトラッセ(舗装路)の頭文字から取っているから、れっきとしたエンデューロ・オールラウンダーである。BMWにはGSの上級モデルとしてR1200 GSというモデルもあるのだが、これは「かなり本気モード」のモデルであり、シート高も高いし、見るからに迫力があり、とても万人向けというか、お気軽な感じがない。

あらゆる場面を走破するパフォーマンスを、より多くの人に!

モダンでスポーティなスタイリングは、都会のライドにも合う。
すべての写真を見る >>
770〜815㎜まで、さまざまなシート高に対応する。

 F750GSは排気量だけでなく、1200 GSに比べてずっと小柄な仕立てになっているので、手ごろ感がある。最初にいっておくと、モデル名に750とあるが、実際の排気量は853ccの並列2気筒エンジンで、出力は57kW。同じエンジン、同じ排気量でF850GSというモデルもあるのだが、そちらはF750GSに比べ、よりオフロード指向のモデルとして区別される。少々ややこしいが、今回はあくまでもベーシックなF750GSがレポートのターゲットである。

 試乗のために乗り出したモデルには、容量の変更ができるパニアケースが左右に、さらに、リアのラゲッジキャリアにセットする、トップケースというプラスチック製のボックスが装備されていた。3個合わせれば100リッターほどの容量があるため、おひとり様キャンプにも十分に対応可能であるし、ツーリング中の買い物にも活用できる。これだけのボックスを装備していても車体自体が細身であり、さらにシート高77㎜の「ローシート」という低めのシートが付いていて、足つき性がかなりいい。ビギナーやリターン派のライダーにとって、安心感も実用性も高い仕様となっている。

ビジネスの足としても通用する!

専用のバッグも用意されている。UL(ウルトラライト)系のアウトドア道具を積んでのソロキャンプも楽しめる。
バイクの状態を表示する6.5インチTFTディスプレイ(オプション)。これがあればコネクティビティも万全だ。
すべての写真を見る >>

 実際に走り出せば、さらにこのモデルの素性の良さが分かる。シートは低く、セミアップハンドルは幅が広く手頃な高さ、太ももでキッチリと挟み込むことのできるタンクなど、そのライディング・ポジションは実に自然で楽。操縦性は良く、そして疲れない。さらに2気筒のエンジンだがトルクも十分。その83Nmという最大トルクの立ち上がりだが、強すぎず、弱すぎず、唐突なところがないため、街乗りや日帰りツーリングには最適なモデルだと思う。もちろん、その気なれば軽量ボディということもあり、十分な速さを披露してくれるのだが、なぜかF750GSで走っているときに、そうしたやる気モードになったことがほとんどなかった。

 風を感じ、ゆったりと流すスタイルがなぜかしっくりくるバイクだと思った。ひょっとすると、条件が許せばビジネスの足としても通用しそうなぐらいに自然体であり、これこそ、いつでも傍らにおいておきたい愛馬という感覚である。

 今回の試乗は限られた時間に限られた条件のなかで行ったため、実用使いでの燃費などは計測できていない。しかし、以前、パニアケースを装備していないモデルでロングツーリングを行ったとき、22km/Lあまりをクリアしてくれた。

 ここまで書くと、何やらこのモデルを物足りなく感じる人もいるかもしれないが、ルーツともいえるモデルは、過酷さで知られるパリ~ダカール・ラリー、現在のダカール・ラリーに参戦するマシンのベースでもあった。つまり、どのような場面でも高いレベルで対応できるモデルである事を考えれば、潜在能力の高さも理解できるだろう。どんな場面でも、どんなレベルのライダーでも受け入れてくれる懐の深さを見せるF750GS、体に馴染むのが実に早く、手放せなくなりそうだ。

<BMW・F750GS>
全長×全幅×全高:2,270×850×1,225㎜
車重:230kg
シート高:770㎜(ローシート)
トランスミッション:6速リターン
エンジン:並列2気筒DOHC 8バルブ853cc
最高出力:57kw(77PS)/7,500rpm
最大トルク:83Nm/6,000rpm
¥1,296,000(税込)

問い合わせ先

この記事の執筆者
男性週刊誌、ライフスタイル誌、夕刊紙など一般誌を中心に、2輪から4輪まで「いかに乗り物のある生活を楽しむか」をテーマに、多くの情報を発信・提案を行う自動車ライター。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。
TAGS: