レディース秋のシャツコーデまとめ。白などの定番シャツをはじめ、カーキやネイビー、ストライプなどのシャツの着こなし方から、デニムパンツなどボトムスとの組み合わせ方など、この秋参考になるシャツコーデをファッション誌『Precious』からピックアップしました。

お気に入りのコーデを見つけて、シャツをおしゃれに着こなす参考にしてみてください!

【目次】

レディース秋のシャツコーデ


【1】黒シャツ×柄スカート

シャツ・スカート・バッグ・時計(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
シャツ・スカート・バッグ・時計(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

女性の多様なライフシーンを支えてくれると評判のバッグ『フェラガモ ストゥーディオ バッグ』が、最新の柄でアップデート。仕事にもプライベートにも重宝なクラシカルなシェイプと横向きの『ガンチーニ』のクロージャーが華やかなアクセントになってくれます。同柄のスリットスカートとシンプルなシャツとの組み合わせで、柄のパワーをより高めましょう。

【2】白シャツ×柄パンツ×黒コート

コート・シャツ・パンツ・バッグ・靴・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・シャツ・パンツ・バッグ・靴・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上質素材が描く優美でクリーンなシルエットが魅力の『エッセンシャル』ライン。カシミヤをブレンドしたヴァージンウールのコートはレザーのパッチポケットが付き、シャツはレイヤードされた襟元が、ラグジュアリーな個性を物語っています。『ガンチーニ』のバッグの力強い存在感で装いを辛口にまとめましょう。

【3】カーキシャツ×カーキロングスカート

シャツ・スカート(エストネーション)ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カーキのセットアップに、フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけしましょう。

【4】ブルーストライプシャツ×ネイビーパンツ×ライトグレーコート

ベルテッドコート(サード マガジン)、シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ベルテッドコート(サード マガジン)、シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

スラリと見えるアイテム選びと、コーディネートに使用する色を2色以内に絞ることがポイント。ストライプシャツとパンツをブルーでまとめて知的な雰囲気に。トップグレーのウールコートを肩からはおり、優しげなオーラを漂わせましょう。

【5】柄シャツ×ネイビーパンツ

バッグ『シルヴィー』・シャツ・パンツ・スカーフ・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
バッグ『シルヴィー』・シャツ・パンツ・スカーフ・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

着こなしに品格を添えるネイビーのアリゲーターレザーの威力に脱帽! おなじみのモチーフをミックスさせたカラフルなプリントシャツは、アリゲーターバッグの艶めきを加えて、大人の余裕で着こなしましょう。ブランドのシグネチャーでもある、グリーン×レッドの「ウェブ ストライプ」がクラシカルな余韻をもたらしてくれます。

【6】ネイビーシャツ×ブラウンスカート×白ニット

スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、リング・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、コットンシャツ(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)、肩にかけたニット(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(showroom SESSION〈オーエーディー ニューヨーク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、リング・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、コットンシャツ(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)、肩にかけたニット(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(showroom SESSION〈オーエーディー ニューヨーク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザースカートが、華やかなリングから気さくな表情を引き出してくれます。ブルーのシャツでメリハリをつけたのもポイントです。

【7】ネイビーストライプシャツ×グレーパンツ×グレージャケット

ジャケット・パンツ・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男性的でかっちりとした印象の強かったダブルブレストのジャケットが一新! ウエストシェイプが効いてモダンな印象を与えるダブルのジャケットとエレガントなシャツが、凛とした印象を醸し出します。

【8】グレーシャツ×ブラックパンツ×カーキコート

コート・パンツ・ソックス(IZA〈ヌメロヴェントゥーノ〉)、シャツ(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)、サングラス(アイヴァン 7285トウキョウ)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・パンツ・ソックス(IZA〈ヌメロヴェントゥーノ〉)、シャツ(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)、サングラス(アイヴァン 7285トウキョウ)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ラムファー×ナイロンのリバーシブルコートにデニムというアクティブな装いを上品に印象づけているのが、グレージュのシャツ。ナチュラルな風合いの上質なコットンシャツが、洗練を宿しています。

レディース秋の白シャツコーデ


【1】白シャツ×ネイビージャケット×白パンツ

ジャケット・シルクシャツ・パンツ・バッグ (ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)ブローチ・リング・イヤリング (髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット・シルクシャツ・パンツ・バッグ (ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)ブローチ・リング・イヤリング (髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ゴールドのボタンが華麗に煌きらめくダブルブレストのネイビージャケットと白シャツ。ラルフ ローレン コレクションのラグジュアリー・ベーシックな着こなしは、まさにアメリカの上流階級の人々が登場する『刑事コロンボ』の世界観そのもの!

ゴールド×カラーストーンのブローチやダイヤモンドイヤリングとリング、ヘビ革の小さなハンドバッグ…とリッチで自由な素材ミックスが、クラシック・スタイルをパワフルに更新する秘訣です。

【2】白シャツ×黒ロングスカート

内側にシュルレアリストの画家、ルネ・マグリットによる青空に雲の絵が描かれたバッグ『タンペート MM ダン レ ニュアージュ』(デルヴォー・ジャパン)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、シルバージュエリー/ブレスレット・リング・バングル・リング(セスタンテ〈ホアキン・ベラオ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
内側にシュルレアリストの画家、ルネ・マグリットによる青空に雲の絵が描かれたバッグ『タンペート MM ダン レ ニュアージュ』(デルヴォー・ジャパン)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、シルバージュエリー/ブレスレット・リング・バングル(セスタンテ〈ホアキン・ベラオ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

クラシックなフォルムにモダンなディテールを携えた名品の誉れ高いバッグが、プレスのきいた清潔感あふれる白シャツスタイルを、とびきりラグジュアリーな美しさへと導きます。

【3】白シャツ×ベージュスカート×ネイビージャケット

ジャケット(J&M デヴィッドソン 青山店)、スカート(カオス丸の内)、白シャツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット(J&M デヴィッドソン 青山店)、スカート(カオス丸の内)、白シャツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

「メンズライクなジャケット×フェミニンなスカート」の鉄板コーディネートを際立たせるのはウールベースのマットな風合い×サテンの光沢感の異素材の重ね方。シンプルな白シャツに映え渡ります。

【4】白シャツ×白パンツ×ブランドジャケット

コート・シャツ・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・シャツ・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のアウターは上質なナッパレザーにメタリック加工を施した迫力のブロンズコート。あえて輝きを抑え、シックに仕上げているので、洗練された大人の日常着として大いに活躍しそう。肌なじみのいい極薄レザーはまとったときに、その着心地のよさを実感します。インナーに白のコットンシャツを加えることで、清潔感のあるカジュアルをアピールしましょう。

【5】白シャツ×ピンクパンツ

パンツ(プラチナ JAPAN〈プラチナ01〉)、シャツ(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド〈フレッド〉)、バッグ・ストラップ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、シャツ(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド〈フレッド〉)、バッグ・ストラップ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは腰周りのゆとりと、裾に向かって細くなるテーパードラインが、メンズから派生したパンツ専門ブランドらしい1本。裾はダブル仕立てで上品。マットなコットンの質感が、ピンクのパンツをドライに仕上げてくれます。ボリュームのあるシャツとクロップドパンツの組み合わせが旬のバランスへと更新しましょう。

【6】ブルーシャツ×ブルーニット×グレーパンツ

プルオーバー・シャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・リング(ブレゲ ブティック銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
プルオーバー・シャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・リング(ブレゲ ブティック銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

スパンコールが煌くニットは、知的なシャイニーブルーのシャツで端麗に着こなすのが大人の流儀。手元には、白いマザー・オブ・パールの神秘的な艶めきとダイヤモンドの硬質な輝きで格調高く仕上げた本格ウォッチを添えましょう。

洋服の色とリンクさせつつラグジュアリーの深奥を感じさせて。主役のニットはスパンコールを通した糸で編み上げた「カシミヤ・シルク・ダイヤモンドニット」。デコルテをきれいに見せるV開きで、少し肩が落ちたこなれ感のあるシルエットです。

【7】白シャツ×グレープリーツスカート

シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、インナー(ワコールお客様センター〈ハンロ〉)、眼鏡(モスコット トウキョウ)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、インナー(ワコールお客様センター〈ハンロ〉)、眼鏡(モスコット トウキョウ)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ハンロの名品ウールシルクインナー。腕もしっかり温めてくれる半袖タイプをシャツの下にイン。のびやかなリブは最高の着心地です。

【8】白シャツ×ブラックスカート×ブラックジャケット

ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(アクリスジャパン)、ペンダントトップ・チェーン(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(アクリスジャパン)、ペンダントトップ・チェーン(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ダークスーツが基本というかしこまった場でも、シルエットや素材感にこだわれば地味な色味でも、おしゃれに見えます。かっちりとしたフォルムのハンドバッグや、パンプスの艶感も、黒に華やぎを与えてくれるて、まさにパーフェクトな着こなし。黒のジャケットも質感があるので、ダークスーツなのに表情豊か。

【9】白シャツ×ストライプスカート

バッグ『ブック トート』・シャツ・スカート・ベルト・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
バッグ『ブック トート』・シャツ・スカート・ベルト・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

凝った図柄でも落ち着いた2色使いなので洋服に合わせやすく、上品な迫力で着こなしの印象を高めてくれます。

【10】白シャツ×柄スカート×ボルドージャケット

ジャケット・シャツ・パンツ・ピアス・リング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ジャケット・シャツ・パンツ・ピアス・リング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

軽くやわらかで、畝(うね)のあるサージ織りのウール混素材が、端正なシルエットにこなれ感を演出。ウエストの細さを強調する両サイドに配した大きなポケットは、今シーズンらしいディテールです。

レディース秋のシャツ×デニムパンツコーデ


【1】白シャツ×ブラックデニムパンツ

デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、ピアス・スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット・靴(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、ピアス・スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット・靴(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

独自に開発したデニム地は、一度知ったら虜になるほど、ソフトでフィット感が抜群! 端正な着こなしを目指したい日は、清潔感のある白シャツを合わせましょう。エルメスのスカーフやブレスレットで品格を添えるのも忘れずに。

【2】白シャツ×デニムパンツ×グレーコート

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

屋外は寒くても、屋内は暖か。寒暖差が激しい場所では、インナーダウンの脱ぎ着で温度調節するのが鉄則です。薄くて軽いからバッグにコンパクトに入れられるのも便利。ヒップが隠れる丈の白シャツの裾をのぞかせて、クリーンな抜け感を演出しましょう。

秋のシャツ着こなしの関連記事