ワイドパンツを合わせたコーデ、さらにはパンツに合わせたいトップスなど、オフィスカジュアルにぴったりな着こなしを、ファッション誌『Precious』からピックアップしました。パンツを大人らしく、スタイリッシュに着こなす見本になれば幸いです。

【目次】

レディース秋のオフィスカジュアルパンツコーデ


【1】ライトグレーパンツ×ライトブルーカーディガン×白シャツ

カーディガン(スローン)、ストラネスのシャツ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、スカーフ(コミュニオン〈ラストフレーム〉)、時計(I WC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン(スローン)、ストラネスのシャツ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、スカーフ(コミュニオン〈ラストフレーム〉)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

メタリックで品よく外すプレッピースタイル。淡いブルーのカーディガンや端正なグレーパンツというシンプルな組み合わせに、スカーフをコンパクトに巻きいて華やぎ感を出したスタイリング。

そこに光沢感のあるぽってりとしたトッズのバッグ、バックルとフレアヒールのコンビネーションが華やかな存在感を示すロジェ・ヴィヴィエのパンプスで、シャイニー感を加え、エレガンス力を高めて。

【2】白パンツ×ベージュコート×白ニット

靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、コート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

トレンチコートとヒール靴で美人度を高めた白パンツスタイル。定番のトレンチコートこそ、やぼったくならないよう、バッグはコンパクト目に、コートの袖もたくしあげて抜け感を出すのがポイント。加えて、付け根からの先細り感でドラマティックなフォルムをつくるヒール靴が、優美な女性像を演出。

【3】オレンジパンツ×グレーシャツ

‘シャルべのシャツ・‘ドゥロワーのパンツ(ドゥロワー 六本木店)、ネックレス・リング(TASAKI)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャルべのシャツ・ドゥロワーのパンツ(ドゥロワー 六本木店)、ネックレス・リング(TASAKI)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ともするとまじめな印象になりがちのグレーには、秋の景色に映えるきれい色を合わせると軽やかな印象になります。たとえばなめらかなフランネルのグレーの比翼シャツには、オレンジの発色が美しいコットンウールのパンツを合わせて、溌剌とした装いに。遊び心が光るグレーのラビットファーバッグで楽しげなアクセントを。

【4】ライトグレーパンツ×グレーニット

ニット(スローン)、カットソー(エージー ジャパン)、パンツ(ボーダレス〈ロータ〉)、ピアス・スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(スローン)、カットソー(エージー ジャパン)、パンツ(ボーダレス〈ロータ〉)、ピアス・スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミアシルクの大判ストールを、ミラノマダムのように小粋に巻いた、グレーのグラデーションコーディネート。濃淡の異なるグレーを重ねることで、奥深さが出て、洗練された女性に見せることができます。ニットのすそから白のカットソーをちらりとのぞかせて、濃淡グレーの着こなしにメリハリを。「レイラの庭・ブロック」と名付けられたストールは、天国のように美しい庭の情景が描かれた、気品あふれる一枚。

【5】ベージュパンツ×グレーチェックジャケット×ライトブルーブラウス

ジャケット(ブラミンク)、ブラウス(三喜商事?アルビーノ テオドロ?)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(wb)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン?グッチ?)、時計(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(ブラミンク)、ブラウス(三喜商事〈アルビーノ テオドロ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(wb)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

主役のテーラードジャケットは、ブラウン系を基調にした英国調チェック。ビッグなボックスシルエットが2019年秋冬の気分です。女性らしく優しく見せるために、チェックのなかの1色=サックスブルーのブラウス×上品ベージュのパンツで、全体を明るいトーンに仕上げれば、こなれた印象の着こなしに。ウエストINのきちんと感を強調する太ベルトで、スタイルアップを計るのがポイント。

【6】黒パンツ×キャメルジャケット×黒ブラウス

ジャケット(アマン〈カバナ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(アマン〈カバナ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

主役のジャケットは、ウール地にボンディング加工を施し、ハリを与えたスポーティなテーラード。ヒップを覆うたっぷりとしたロング丈が特徴です。着こなす際には、可憐なボウタイ付きのブラウスをインにして、襟元を優しく和らげる工夫を。ワイドボトムで黒をつなげれば、こっくりとしたキャメル色との大人配色が完成します。ワイドパンツは、フェミニンな落ち感のあるものを選べば、立ち姿もエレガントに見せられます。

【7】黒パンツ×黒ジャケット×黒ニット

ジャケット・ニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、メガネ(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ポワレのピアス・バングル・オーレリー ビデルマンのバングル(ポアレ ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、メガネ(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ポワレのピアス・バングル・オーレリー ビデルマンのバングル(ポアレ ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ゴールドボタンが象徴的な、正統派のネイビージャケットに、細身のパンツを合わせ、大胆なバックルベルトと足首見せで抜け感を出したスタイリング。主役のジャケットは、仕立てのよさが伝わってくるウールフラノのダブルブレスト。ジャケットの金ボタンとリンクするゴールドジュエリーをちりばめて、華やかさをアップさせて着るのがコツです。

【8】黒デニムパンツ×白シャツ

デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、ピアス・スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット・靴(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シャツ(エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット・靴(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

端正な着こなしを目指したい日の、清潔感のある白シャツをブラックデニム合わせた、きれいめカジュアル。エルメスのスカーフやブレスレットで、品格を添えるのも忘れずに。

【9】ベージュパンツ×白ブラウス

ブラウス・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ブラウスとパンツという王道の着こなしこそ、流行要素を取り入れることで一気に更新。ブラウスは女らしさが香るプルオーバータイプを、パンツはウエストが高めで落ち感のいいものを。それだけで、モードな気分が加わり、新鮮な印象に。

【10】ピンクパンツ×モカベージュコート×ベージュニット

コート・ニット・パンツ・ベルト・ストール・バッグ(三喜商事〈ア二オナ〉)、ネックレス/首元から・ (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・ベルト・ストール・バッグ(三喜商事〈ア二オナ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピンクのパンツを投入しつつ、全体のグラデーショントーンをくずすことなくまとめた、大人のかわいい系コートスタイル。ベルトやストールに少し濃いめのブラウンを差し、きりっとまとめるのがセンスアップの秘訣です。

ワイドパンツを使った秋のオフィスカジュアルコーデ


【1】白ワイドパンツ×ネイビージャケット×白シャツ

ジャケット・シルクシャツ・パンツ・バッグ (ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)ブローチ・リング・イヤリング (髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット・シルクシャツ・パンツ・バッグ (ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)ブローチ・リング・イヤリング (髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ゴールドのボタンが華麗に煌めく、ダブルブレストのネイビージャケットと白のワイドパンツの正統派トラッドスタイル。ラルフ ローレン コレクションのラグジュアリー・ベーシックな着こなしは、まさにアメリカの上流階級の人々が登場する『刑事コロンボ』の世界観そのもの! ゴールド×カラーストーンのブローチやダイヤモンドイヤリングとリング、ヘビ革の小さなハンドバッグ…とリッチで自由な素材ミックスが、クラシック・スタイルをパワフルにアップデートして見せる秘訣です。

【2】ネイビーワイドパンツ×ベージュコート×ベージュ柄ニット

コート(コロネット〈グレンフェル〉)、ニット・カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、時計・リング(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈グレンフェル〉)、ニット・カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、時計・リング(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

トレンチコートにボーダー柄とパープルを合わせ、表情豊かに見せるレイヤードスタイルです。主役のトレンチは伝統的な名素材「グレンフェル・クロス」仕立て。本格トレンチの雰囲気を、日本人に似合うシルエットで表現。ボーダー柄カーディガンを肩がけしたプルオーバー+パープルのパンツ、ニュアンスグレーのハンドバッグで、ソリッドなトレンチに立体感とメリハリを。

【3】ライトグレーワイドパンツ×ピンクブラウス

ブラウス・パンツ(ebure)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(ebure)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

大人好みの上品さを発揮する「グレー×秋色」のスタイリング、そのフューシャピンクバージョンです。

こんな鮮やか色のブラウスも派手に見せず、あくまで上品でチャーミングな印象に仕上げるのも、グレーの実力。バッグで色をリフレインしたなら、靴は黒で引き締めるバランスが、上品に見せる秘訣です。

【4】パープルワイドパンツ×グレーカーディガン×グレーブラウス

カーディガン(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、半そでブラウス・パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパンゼニス)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、半そでブラウス・パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパンゼニス)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

上半身は濃厚グレーを重ねて装いに奥行きを。そこにパープルのボトムを合わせた、艶めくシックなスタイルです。これまではベーシックカラーだったボトムを、2019年秋は流行カラーのパープルに更新。それだけで、着こなしに艶めきと大人の余裕が生まれます。

【5】グレーワイドパンツ×グレーブルゾン

レザーブルゾン・パンツ(ジョルジオアルマーニ ジャパン〈エンポリオアルマーニ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)、ピアス・バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
レザーブルゾン・パンツ(ジョルジオアルマーニ ジャパン〈エンポリオアルマーニ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)、ピアス・バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

色味と素材の異なるグレーでグラデーションをすると、豊かな美しさが生まれるブルゾン×とろみパンツのスタイリング。さらに、濃淡グレーに白を加えることで、ワントーンに奥行きが生まれます。歩くたび揺れるパンツも、ニュアンスを深める一助に。

【6】グレーツイードワイドパンツ×白ブルゾン×グレーニット

スニーカー・ブルゾン(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サンスペル 表参道店)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、時計(ブライトリング)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サンスペル 表参道店)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、時計(ブライトリング)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、スニーカー・ブルゾン(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上に続き、ブルソンに揺れるワイドパンツのスタイリング2例目。ワイドパンツの足元には適度なボリュームが必要だから、ヒールパンプスよりもスニーカーで、バランスよく今どきの抜け感を。シャンパンカラーのラメスニーカーは、色合わせがしやすく便利です。

【7】白ワイドパンツ×ライトベージュジャケット×イエローゴールドニット

ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(マックスマーラジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オーバーサイズのブルゾンに、落ち感のあるワイドパンツ…。淡いモカベージュが描くボリュームシルエットに、インナーの蛍光イエローが引き締め効果を発揮。表情をも明るく輝かせるビタミンカラーは、ほんの少し投入しただけでも気分が盛り上がり、インパクトは絶大です。

【8】グリーンワイドパンツ×黒ブラウス

パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

艶めくパンツを主役にした、トレンド感が光る着映えスタイル。ボトムが印象的なぶん、シンプルな黒のシルクブラウスや、レトロな黒の小ぶりバッグでバランスを取って。ベルトと靴、バッグのシルバーの金具ディテールのリンクがコーディネートの肝に。

【9】白ワイドパンツ×黒ジャケット×白シャツ

パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

くすみのない白のパンツが、会食やパーティなどの暗がりのシーンに映える、ジャケットのハンサムなスタイル。バンドカラーのコットンシャツも、白で統一すれば、華やぎも十分。視線を集める、リッチなジャケットスタイルが完成します。白と黒のモノトーンのバッグ&靴をリンクさせれば、都会的な印象に。

【10】濃グレーワイドパンツ×濃グレージャケット×ストライプシャツ

ジャケット・パンツ・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ウエストシェイプが効いてモダンな印象を与えるダブルのジャケットと、ボリュームたっぷりのパンツに、コンパクトなブラウスを合わせ、メリハリを効かせたお仕事スタイル。ジャケットとパンツのなかで体が泳ぎ、女性らしさがありながらも、凛とエレガントな印象を醸し出します。

オフィスカジュアルのパンツに合わせたいトップス


【1】グリーンパンツ×柄ブラウス

シャツ・パンツ・バッグ『Boxyz』(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シャツ・パンツ・バッグ『Boxyz』(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

大胆なフラワープリントのシルクシャツも、クラシカル回帰の2019秋冬シーズンは、気になる存在。全体をシックにまとめず、あえて発色のいいグリーンを合わせ、ポップに遊べばこんなにも新鮮! フェラガモのチェーン付きのスモールサイズのバッグ『Boxyz』が、ジュエリー以上の華やぎ効果を発揮しています。

【2】ライトグレーパンツ×ピンクニット×白カットソー

デニム(エージー ジャパン)、ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(TASAKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、カットソー(スローン)、デニム(エージー ジャパン)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(TASAKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

きれい色のニットと黒のウォッシュドデニムに、フリンジ付きバッグやローファーでマニッシュ感を加えた軽やかカジュアル。顔色を明るく照らすピンクニットの襟元やすそから、白のカットソーをちらりとのぞかせ、カジュアルな装いにメリハリをつけるのがポイントです。ジュエリーは逆に女らしく華奢なものを。

【3】黒パンツ×白柄ブラウス

ブラウス・パンツ・時計・イヤリング・バッグ (フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ・時計・イヤリング・バッグ (フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

気品あふれる王道エレガントな着こなしを、華やかな小物で彩る、クラシックスタイル。たっぷりとしたボウをゆるやかリボン結びにしたブラウスも、端麗パンツも、しなやかなシルク仕立て。そこに、パープルベルベットの名品バッグ『バゲット』をぴりりと効かせて…。

【4】キャメルパンツ×イエローブラウス

ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)ペンダント・リング(ブルガリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)ペンダント・リング(ブルガリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

穏やかさがありつつ、エスニックムードのあるシナモンカラーは、トップス&ボトムの色味をそろえて着ると、より2019年らしい佇たたずまいに。ソフトなシナモンのグラデーションは、おなじみのベージュワントーン感覚なので、挑戦しやすい組み合わせです。

ギャザーが優しげなコットンオーガンジーブラウスは、シリアスなビジネスシーンでも余裕ある雰囲気を醸し出して。アンティークコイン×ゴールドのペンダントが、キャリアにふさわしい風格とシャープな煌めきをもたらしてくれます。

【5】ベージュパンツ×レッド柄シャツ

パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、シャツ(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ネックレス(ピアジェ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈ティファニー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
シャツ(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ネックレス(ピアジェ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈ティファニー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

クリーンなシルエットが聡明な印象を与える、シナモン色のスティックパンツをメインにしたオフィス・スタイル。イエロー系ブラウンのシナモンカラーは、白・黒・ネイビーとも相性はいいけれど、スパイスカラー同士で着るのが大人っぽい。×レッドチリブラウスで、明るくポジティブな着こなしに昇華して。シナモンと同系のゴールドジュエリーやタンカラーのバッグ&靴が、装いをより奥行き豊かにしてくれます。

【6】グレーパンツ×ブルーニット×ブルーシャツ

プルオーバー・シャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・リング(ブレゲ ブティック銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
プルオーバー・シャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・リング(ブレゲ ブティック銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

主役のニットはスパンコールを通した糸で編み上げた「カシミア・シルク・ダイヤモンドニット」。デコルテをきれいに見せるV開きが、少し肩が落ちたこなれ感のあるシルエットを実現。知的なシャイニーブルーのシャツを合わせて、端麗に着こなすのが大人の流儀です。

手元には、白いマザー・オブ・パールの神秘的な艶めきと、ダイヤモンドの硬質な輝きで格調高く仕上げた、本格ウォッチを添えて。洋服の色とリンクさせつつ、ラグジュアリーの深奥を感じさせるコーディネートです。

【7】グレーパンツ×グレーニット

ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、パンツ(Theory)、キャミソール(栄進物産〈オスカリート〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、パンツ(Theory)、キャミソール(栄進物産〈オスカリート〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

合わせる服を選ばないミドルグレー色のクルーネックニットに、フランネルのテーパードパンツを合わせた、秋冬のデスクワーク・スタイル。ロングのパールネックレスで、のっぺりしない立体的な雰囲気に。ニットの下には、肌触りのなめらかなウールシルク天竺を使った、ダークネイビーの薄手キャミソールをIN。

【8】グレーパンツ×グレージャケット×ブラウス

ブラウス(三喜商事〈ピアッツァセンピオーネ〉)、ジャケット・パンツ(SANYOSHOKA〈I ポール・スチュアート〉)、ピアス・ネックレス(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ブラウス(三喜商事〈ピアッツァセンピオーネ〉)、ジャケット・パンツ(SANYOSHOKA〈I ポール・スチュアート〉)、ピアス・ネックレス(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとクリーンなネックラインのシルクブラウスが、いつものテーラードスーツを新しい印象に。シャツ地面のブラウン×ブルーのバイカラーが、おしゃれ感を物語ります。華やぎ感を高めたい日は、胸元にさりげなく煌くジュエリーを。

【9】ネイビーパンツ×ネイビージャケット×グレーニット

ピアス『ティファニー ハードウェア ボール フックピアス』・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ジャケット・パンツ(ヒューゴ ボスジャパン〈ボス〉)、ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ(ヒューゴ ボスジャパン〈ボス〉)、ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス『ティファニー ハードウェア ボール フックピアス』・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

きりっとしたネイビースーツにハイゲージのタートルニットを合わせたビジネス・スタイル。直線的でロングタイプのスウィングピアスを合わせると、クールなシルバーの輝きが、顔周りにエッジィなニュアンスを生んでくれます。

【10】グレーパンツ×ネイビーブラウス

スカーフ『ロザンジュ』《すべてはカレの中に》・ブレスレット・時計
00(エルメスジャポン)、ブラウス(ブラミンク)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ベルト(エ
ストネーション〈メゾン ボワネ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年
ブラウス(ブラミンク)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ『ロザンジュ』《すべてはカレの中に》・ブレスレット・時計 00(エルメスジャポン)、ベルト(エ ストネーション〈メゾン ボワネ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ネイビーの透け感のあるブラウスにグレーのパンツを合わせ、細い白ベルトで抜け感を出したコーディネート。そこにエルメスのスカーフを小さめにあしらい、最大限の華やぎ効果を狙います。菱形スカーフなら、剣先が細いので、フラットなブラウスの胸元でまとめやすい。

秋のオフィスカジュアルパンツコーデの関連記事