人気のノーカラーコートのコーディネートを、ファッション誌『Precious(プレシャス)』からピックアップしました。グレーのノーカラーコートのコーデや、ノーカラーブルゾンのコーデ、さらにノーカラーコートとワイドパンツのコーデなど、「ノーカラーコートを使った着こなし」のヒントになれば幸いです。

一枚あるだけで、簡単にこなれるノーカラーコートで、秋のおしゃれを目いっぱい楽しみましょう。

【目次】

レディース秋のノーカラーコート着こなしコーデ


【1】ネイビーノーカラーコート×ネイビーニット×グレースカート

コート(ADORE)・ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、 リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート(ADORE)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、 リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミモレ丈のノーカラーコートと、ジップアップ仕様の中綿入りのフード付きジレを組み合わせた”きれいめダウン”に、タートルニットとひざ下丈スカートを合わせたスタイリング。艶やかなローファーにコンパクトなバッグと黒タイツで、行儀正しいレディ感を演出。きれいめとカジュアルの中間地点にあるアウターによく合う、上品カジュアルの完成です。

【2】キャメルノーカラーコート×黒ニット×黒パンツ

ダブルフェースカシミアのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

MIKAKO NAKAMURAのアイコンコート「ルナ」の名品ぶりを堪能するなら、ベーシックなキャメルを選んで。顔と首のバランスが美しく見えるコンパクトなネックラインは、黒のタートルニットですっきりと強調。艶のあるスティックパンツでシャープに、華やかにまとめたい。

【3】モカベージュノーカラーコート×白ニット×白パンツ

コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) ネックレス(TASAKI)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) ネックレス(TASAKI)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

モカベージュのノーカラーコートにきれいめ白パンツを重ねてクリアに見せつつ、ワンポイントできれい色を投入。ミモザイエローはモカブラウンとも相性がよく、華やかでありながら、こなれた印象に。

【4】ブルーノーカラージャケット×ネイビーニット×ネイビーパンツ

コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)パンツ(yoshie inaba)ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカーフ(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、グローブ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)パンツ(yoshie inaba)ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカーフ(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、グローブ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

極上のカシミヤ素材のドルマンスリーブのコートに、内側のニットや細身パンツを黒でまとめたスタイリング。ドルマンスリーブのコートはクラシカルな品格が漂いながらも、動きやすいので、旅行スタイルとしても最適です。

【5】ベージュ&ボルドーノーカラーコート×黒ブラウス×グレースカート

ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、ブラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、ブラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シックなニュアンスカラーが美しいムートンに、ボルドーのラムレザーが施されたノーカラーコートは、起毛面とスムース面の両面が楽しめる、リバーシブル仕様。光沢感のあるブラウスやストッキングで、大人の艶を演出。胸元につけた大ぶりのブローチが、大人かわいい外しワンポイントになっています。

【6】ライトブルーノーカラーコート×グレーニット×白スカート

コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミヤ100%のラグジュアリーなリバー素材で、長く愛用できるようにムダをそぎ落としたebureのコートに、端正なタートルニットとロングスカートを合わせた、清潔感漂うコーディネート。シンプルを極めながらも、肩を落とした優しげなショルダーラインや、細見え効果を狙ったやや前振りのコクーンシルエットなど、旬も意識したコートのデザインが際立ちます。

【7】カーキノーカラージャケット×白Tシャツ×黒スカート

ジャケット (アマン〈アンスクリア〉)、Tシャツ (ebure)、スカート (マディソンブルー)、サングラス (アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・バングル (アトリエ ニノン)、バッグ (ドゥロワー 六本木店〈J&M デヴィッドソン〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット (アマン〈アンスクリア〉)、Tシャツ (ebure)、スカート (マディソンブルー)、サングラス (アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・バングル (アトリエ ニノン)、バッグ (ドゥロワー 六本木店〈J&M デヴィッドソン〉)、スカーフ(サンローラン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

サンローランの大人仕様のシルクバンダナで、カジュアルなノーカラージャケット&Tシャツのカジュアルコーデを格上げするスタイリング。90cm角の上質なシルク素材をコンパクト巻きすれば、こなれ感が演出できます。

【巻き方を動画で解説】90㎝角バンダナスカーフを、シンプルトップスに巻くには…

裏を上にして向かい合う2角を中心に向けてたたみます。もう2回同じようにたたみ、細長く2つ折りにして肩にかけます。

片方に結び目を緩く作り、肩にかかった方を棒状にねじって、結び目に先を通します。ネクタイのように引き出し、柄がきれいに見えるように整えたら完成です。

【8】黒ノーカラーコート

コート・ピアス・グローブ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ピアス・グローブ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

レザーパイピングをすっきりと効かせた黒のダブルフェースカシミヤのコートは、エルメスらしく乗馬から着想を得たもの。シックな赤のレザー小物をアクセントに。

【9】黒ノーカラーコート×白ブラウス×デニムパンツ

ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

MIKAKO NAKAMURAの定番Aラインノーカラーコート『ルナ』の美しい光沢をもつ黒のミンクファータイプを、白ブラウスとデニムに合わせたシンプルなデニムスタイル。

コートのサイドスリットで軽やかな印象があるので、カジュアルに着て日常的に楽しみたい。白シャツやTシャツ、シルクのドレスなど、中は薄着が断然、こなれてかっこいい。

【10】白ノーカラーブルゾン×黒ワンピース

ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ/店舗限定商品(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ/店舗限定商品(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクのロングフレアによるドレープが優雅なブラックドレスは、春夏にも秋にも登板回数の多いアイテム。白いブルゾンをはおれば、スポーティでモードなモノトーンコーデが実現。

グレーのノーカラーコート着こなしコーデ


【1】グレーノーカラーコート×グレーニット×グレースカート

コート・ニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

前身ごろはざっくりとしたツイード、そでと後ろ身ごろはシルク混のなめらかなフラノウール、そしてすその切り替えにはナイロンキルティング…。3つの異なる質感の濃淡ベージュが、着こなしを印象的に見せるポール カのノーカラーコートにスカートを合わせ、コートを主役にしたスタイリング。その軽やかな着心地は、まるでカーディガンをまとっているかのよう。

【2】グレーノーカラーコート×黒ワンピース

エブールのコート・ワンピース・キャッスのネックレス(ebure)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
エブールのコート・ワンピース・キャッスのネックレス(ebure)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ウール混のヘリンボーンツイードの立体感のあるコートは、モノトーンスタイルの上にはおるって華やかな印象に。リバー仕立てゆえの軽量感とゆったりめのテントシルエットで、ガウンのように軽やかにまとめるのが魅力です。

【3】グレーノーカラーコート×グレートップス×グレースカート

ジャケット・スカート・トップス・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・トップス・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ヒップラインにかかる長めのジャケットを、チェックプリント地にチュールが重ねられたスカートに合わせたスタイリング。着こなしをドラマティックに見せると注目のチュールスカートも、ボリュームを抑えたこんな一着なら、大人顔に。重くなりがちな秋の装いを、軽やかに見せてくれます。

【4】グレーノーカラーコート×白シャツ×黒パンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

イタリアのアウターブランド・ムーレーのインナーダウン付きカシミヤコートを主役に。防寒とリュクスな着こなしが両立する一着で、湖畔の散歩もおしゃれに、快適に過ごせます。このコートを使った着こなしバリエーションが下にふたつ、続きます。

【5】グレーノーカラーコート×白シャツ×デニムパンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

インナーダウン付きのノーカラーコートに、パンツをブーツインしたアクティブな日の装い。ヒップが隠れる丈の白シャツの裾をのぞかせて、クリーンな抜け感を演出しましょう。

屋外は寒くても、屋内は暖か。寒暖差が激しい場所では、インナーダウンの脱ぎ着で温度調節するのが鉄則です。インナーダウンは薄くて軽いから、バッグにコンパクトに入れられるのも便利。

【6】グレーノーカラーコート×グレーニット×デニムパンツ

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、コート(コロネット〈ムーレー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

コート×ジレ×タートルネックニットの、カシミヤアイテムのトリプルレイヤードで、寒さ対策もばっちり!なアジュアルエレガンス。ストレッチの効いたパンツやローファーなど、ボトムと靴は動きやすさ重視でチョイスしましょう。

【7】グレーノーカラーコート×グレーニット×デニムパンツ

コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートと大判ストールの合わせ技で、アクティブな日の寒さ対策を施した、ベージュグラデ×濃グレーの細身パンツコーディネート。ストールは大判サイズでも素材がしなやかなので、きゅっと巻けるのがうれしいポイントです。

【8】グレーノーカラーコート×レッドカーディガン×黒スカート

スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計0(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計0(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動くたびに艶やかなレザーが揺れる、着映え度満点のドラマティックなスカートに、鮮やかなトマトレッドのニットを合わせ、ノーカラーコートを肩掛けした颯爽スタイル。メリハリの効いた素材使い&配色にすることで、美人度がアップすることがわかります。

【9】グレーノーカラーコート×グレーニット×グレーパンツ

コート(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、時計(オメガお客様センター)、ソックス(ドゥロワー 日本橋店〈ブルー フォレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、時計(オメガお客様センター)、ソックス(ドゥロワー 日本橋店〈ブルー フォレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

濃いめグレージュのムートンコートは、幸福感で包み込むような優しい風合い。それでいて軽く、フォルムが美しく、スマートな印象を与えてくれる秀逸な一着。ノーストレスのジョガーパンツを合わせ、快適に。

ノーカラーコートにワイドパンツを合わせた着こなしコーデ


【1】キャメルノーカラーコート×黒ワイドパンツ

コート・ニット・パンツ・バッグ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・パンツ・バッグ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

顔周りをすっきりとシャープに見せるネックラインと、包み込むようなシルエットが着物を思わせるラップコート。カシミヤのダブルフェース素材が体になじみ、軽くはおるだけで、たおやかな女性らしさを演出してくれます。合わせるアイテムは、コクのあるキャメルになじむ、ブラウン系のトーンでまとめてシックに。ニットの柔和な白で抜け感をつくって、軽快に仕上げて。

【2】ブルーノーカラーコート×ブルーニット×グレーワイドパンツ

リバーシブルコート・カシミアニット・パンツ・カシミアストール・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、スーツケース/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
リバーシブルコート・カシミヤニット・パンツ・カシミヤストール・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、スーツケース/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

至福の肌触りに酔いしれるベビーカシミヤを、リバーシブル仕立てにしたニットガーメントのコート。ロング丈なのに驚くほど軽い着心地と抜群の暖かさで、冬旅に最適な一着に。コバルトブルーにオレンジを効かせた鮮やかな配色が、知的な華やぎを印象づけて。

【3】白ノーカラーブルゾン×グレーニット×グレーワイドパンツ

スニーカー・ブルゾン(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サンスペル 表参道店)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、時計(ブライトリング)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー・ブルゾン(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サンスペル 表参道店)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、時計(ブライトリング)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

こちらは番外編、ノーカラーのコートではなく、ブルゾンの軽快なスタイリング。ワイドパンツの足元には適度なボリュームが必要だから、ヒールパンプスよりもスニーカーで、バランスよく今どきの抜け感を。シャンパンカラーのラメスニーカーは、色合わせがしやすく便利です。

秋のノーカラーコートの着こなしの関連記事