レディースノーカラーコート着こなしまとめ。人気のノーカラーコートの着こなしコーデ、グレーノーカラーコートコーデ、ノーカラージャケット・ブルゾンコーデ、さらにノーカラーコートとワイドパンツのコーデなど、ノーカラーコートの着こなしをたっぷり集めました。秋のおしゃれの参考にぜひお役立てください。

【目次】

レディース秋の人気ノーカラー着こなしコーデ


【1】ノーカラージャケット×ブラウンニット×白パンツ

【1】ノーカラーコート×ブラウンニット×白パンツ
パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ピアジェ)、ザンチェッティのバッグ・HAUNTのニット(HAUNT代官山店/ゲストリスト)、靴(JIMMY CHOO)、ジャケット(アストラット新宿店〈アストラット〉)、 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

人に会う予定があるときは、パステル調のイエロージャケットやブルーの靴を取り入れて、好感度の高い着こなしを心がけましょう。

【2】ノーカラージャケット×黒ニット×白パンツ

【2】ノーカラージャケット×黒ニット×白パンツ
パンツ・ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きの軽やかなジャケットに、白パンツを合わせ、ミラノマダム風のこなれたモノトーンスタイルに。

【3】ノーカラージャケット×グレーワンピース

【3】ノーカラージャケット×グレーワンピース
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、イヤリング・ペンダント(ピアジェ)、グローブ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きのジャケットとワンピースで、華のある装いに。ギンガムチェックのパンプスで、ほんのりフレンチシックを意識したのがポイントです。

【4】ノーカラージャケット×タンクトップ×デニムパンツ×ストール

【4】ノーカラージャケット×タンクトップ×デニムパンツ×ストール
ラムスキンのジャケット・タンクトップ・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・リング(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈ハム〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ここではおっていたのがニットアウターだったら…この洗練感は生まれなかったはず。カットソー×デニムというおなじみの合わせも今どきに導くのがレザーアウターの魅力です。袖口を開け、素肌をのぞかせてラフさを加味すると、デニムのカジュアル感とちょうどいいバランスに仕上がります。

【5】ノーカラーコート×白シャツ×デニムパンツ

【5】ノーカラーコート×白シャツ×デニムパンツ
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーのジャケットコートを先取りした着こなし。インは白のとろみブラウスで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。

【6】ノーカラージャケット×ネイビーニット×ネイビースカート

【6】ノーカラージャケット×ネイビーニット×ネイビースカート
バーニーズ ニューヨークのジャケット・シャーロット レベックのピアス・リング(バーニーズ ニューヨーク)、ニット(アオイ〈ポール カ〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャケットは、留め具やポケットも廃した潔いデザイン。程よくゆとりのあるシルエットと深めのキャメルが、ネイビーを女らしく格上げしてくれます。

【7】ノーカラーブルゾン×黒ニット×黒スカート

【7】ノーカラーブルゾン×黒ニット×黒スカート
スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、ブルゾン(ウールン商会〈ブルーガール〉)、ニット(オルドス ファッションジャパン)、ブレスレット(showroom・SESSION〈サヤカ デイヴィス〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは起毛感のある素材が、アニマル柄をまろやかに演出。シンプルなボックスプリーツだから、応用力も高く着こなしやすいのが特徴です。インパクトのあるスカートの柄を生かすには、レザーブルゾンを合わせてシンプルにまとめましょう。

【8】ノーカラージャケット×ニット×グレーパンツ

【8】ノーカラーコート×ニット×グレーパンツ
ジャケット(アストラット新宿店〈アストラット〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴 (ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シックなネイビートーンの着こなしが地味に転ばないよう、ノーカラージャケットやバッグはポイントになるような色をプラスしましょう。

【9】ノーカラーコート×黒ニット×パンツ

【9】ノーカラーコート×黒ニット×パンツ
コート(オルドスファッション ジャパン)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

表がグレージュ、裏がグレーのダブルフェースのカシミヤガウンコートを主役に。へアカーフのバッグ、パテントのキルト付きフラットシューズの小物は黒で統一して引き締めつつ、トラッド感を演出するのがポイントです。

【10】ノーカラーコート×黒ニット×黒パンツ

【10】ノーカラーコート×黒ニット×黒パンツ
バッグ『ディヴォーション バッグ』・コート・ニット・パンツ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

繊細なピンクのバッグも、リッチなディテールゆえに洋服に負けない迫力を発揮。あえてクールなモノトーンの着こなしに投入し、おしゃれの経験を重ねた大人の美意識を香らせましょう。

【11】ノーカラージャケット×ネイビーワンピース

【11】ノーカラージャケット×ネイビーワンピース
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス(ストラスブルゴ)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパンカスタマーサービス〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のワンピースはしなやかな落ち感がエレガント。ウエスト部分はゴムになっているので、着心地も抜群です。ノーカラーのレザージャケットをはおって、やや辛口に仕上げたスタイル。細ベルトの金具がアクセントになってくれます。

【12】ノーカラージャケット×白ワンピース×ストール

【12】ノーカラージャケット×白ワンピース×ストール
バーニーズニューヨークのジャケット・ソフィー ブハイのバングル(バーニーズ ニューヨーク)、ワンピース(三喜商事〈アリュード〉)、ストール (アオイ〈マルゴン〉)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、ピアス(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈アルフィ・ダグラス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベージュ~白のミックスニットストールが、ワンピースとジャケットとのなじませ役として活躍。それ以外の小物はあえて黒で、かっこよくまとめましょう。

【13】ノーカラーブルゾン×黒ニット×デニムパンツ

【13】ノーカラーブルゾン×黒ニット×デニムパンツ
ニット・ブルゾン・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒タートルとレオパード柄に含まれた黒をリンクさせて、統一感とクールな印象を演出。ブルゾンの裾からニットをちらりとのぞかせるのが、こなれ感のポイントです。バッグと靴も黒で統一して全体のトーンを落ち着かせる一方、抜け感のあるデニムを投入して、圧巻の大人カジュアルを完成させましょう! 

【14】ノーカラーコート×トップス×ネイビーパンツ

【14】ノーカラーコート×トップス×ネイビーパンツ
コート(ドゥロワー 梅田店)、パンツ(theory luxe)、トップス(ロンハーマン)、眼鏡(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バングル(ブシュロンカスタマーサービス)、バッグ・靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはウールの混紡素材を採用したストレッチタイプ。エレガントなセンタープリーツ入りです。フェミニンなコートのボリューム感を最大限に生かすなら、すっと伸びた脚を強調するスティックパンツが好相性です。

【15】ノーカラージャケット×黒パンツ

【15】ノーカラージャケット×黒パンツ
ラムスキンのジャケット・パンツ・バッグ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

薄手のストレッチレザーが、肌と一体化するようなフィット感を実現。ウエスト下にはフロントとバック、左右4か所にジップが配されており、開けるとペプラム風に早変わりします。アウター1枚をトップス感覚で着るときは、このデザインを生かして着るのがストイックになりすぎないポイントに。小物まで黒~グレーで全身をまとめたスタイルものっぺり見えないのは、ジャケットの艶が自然な立体感をもたらしているおかげです。

【16】ノーカラーコート×白シャツ×デニムパンツ

【16】ノーカラーコート×白シャツ×デニムパンツ
デニム(リー・ジャパン〈リー〉)、コート(ADORE)、シャツ(三喜商事〈バンフォード〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

デニム界の名門ブランドがつくるトレンドデニムなら、大人世代も安心感のあるはき心地です。白のバンドカラーシャツと、グレージュのノーカラーコートで、すっきりと上品にまとめた着こなしで。

秋のグレーノーカラーコート着こなしコーデ


【1】グレーノーカラーブルゾン×黒ニット×黒パンツ

【1】グレーノーカラーブルゾン×黒ニット×黒パンツ
パンツ(アオイ〈マントゥ〉)、ブルゾン(ヴァルカナイズ・ロンドン〈カール ドノヒュー〉)、ニット(ブラミンク)、ピアス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

フォーマルシーンに活用する黒ボトムこそ、何シーズンも更新しないのは野暮! 足首を意識したバランスが、今は新鮮です。

【2】グレーノーカラーコート×黒ニット

【2】グレーノーカラーコート×黒ニット
コート・ニット・バッグ・ピアス・靴(ルック〈フィラージュ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ソフトな光沢となめらかな質感でエレガントな雰囲気を醸し出すウールベネシャン素材の薄軽コート。シャープなVネックラインと、ウエストのシェイプを強調したフィット&フレアな美シルエットで、はおるだけで様になります。全身の明度をアップするライトグレーは好感度の高い上品カラーです。

【3】グレーノーカラーコート×グレーニット×グレーパンツ

【3】グレーノーカラーコート×グレーニット×グレーパンツ
パンツ(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、コート(エンフォルド)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ファーストール(ADORE)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは上質なタスマニアウールを混紡したソフトツイル生地を使用。ハイウエストに深めのタックが新鮮です。コートのボリューム感に負けないボトムの存在感で、流れるように優雅なスタイルに。

【4】グレーノーカラーコート×黒ニット×黒パンツ

【4】グレーノーカラーコート×黒ニット×黒パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、コート(ebure)、ニット(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ロンハーマン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはおなか周りがすっきり見えるウールストレッチのノーベルトタイプ。形状記憶のセンターシームで、すらりとしたレッグラインを実現。潔くインナーをⅠラインでシックに締めれば、ムートンコートの存在が際立って、海外セレブのようなこなれ感が漂います。

ノーカラーコート×ワイドパンツ着こなしコーデ


【1】ノーカラーコート×黒ワイドパンツ×グレーニット

【1】ノーカラーコート×黒ワイドパンツ×グレーニット
コート・ニット・パンツ・バッグ・ブーツ・グローブ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

なめらかなキャメル素材で仕立てた、ノーカラーのハーフコート。身ごろの裾部分1/3ほどに、ファーのようなディテールをあしらった上品なデザインです。自然な光沢感を出したキャメル素材のミモレ丈パンツの足元は、セミシャイニーなスムースカーフのレースアップブーツを合わせてスポーティーに。

【2】ノーカラーコート×黒ワイドパンツ×白ブラウス

【2】ノーカラーコート×黒ワイドパンツ×白ブラウス
パンツ(コロネット〈グレイジェイソン ウー〉)、コート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴ ジャパン〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(ファビオ ルスコーニ六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは落ち感のあるシルキーな素材ながら、センタープレス入りできりっとした雰囲気も。カシミヤのダブルフェースコートを軽やかにはおって。インを白にすることで表情も華やかになります。