秋冬の定番アイテム・黒ニット。品よくコーデを引き締めてくれる、なくてはならない存在です。プリントものや色物を来たときのサポート役としての効果も抜群。今回は、 そんな黒ニットを使った秋コーデを、ファッション誌『Precious』からご紹介します。スキニーを合わせたり、アウターをはおったりと、洗練された着こなしに仕上がる黒ニットの着こなしを、秋冬の外出時の参考にしてみてください。

【目次】

秋の黒ニットコーデ


【1】黒ニット×ドットスカート

ニット・シャツ・スカート・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・シャツ・スカート・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

たっぷりとしたタートルネックニットにシャツをIN、おしゃれ心を満たす、繊細なレースをあしらったドット柄スカートを合わせたス大輪ング。履き口浅めのポインテッドトウパンプスで、セクシーさを加えて。パンプスには、やわらかな手触りのスエードに「DG」のレタリングを模した、芸術的なデコレーションロゴがトッピングされています。

【2】黒ニット×グレースカート

ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ローゲージの黒のタートルネックニット×ロングスカートで、犬のお散歩コーディネート。フランネル素材のハリ感のあるスカートを選んで、コンサバに見せないのも、グレーのスカートスタイルをフレッシュに見せる秘訣。ざっくりとした黒のニットに、メタリックシルバーのボディバッグを合わせて、印象をモダンに引き締めて。

【3】黒ニット×グレースカート

スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ニット(トラデュイール) スカーフ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ブレスレット(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、スカーフ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ブレスレット(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ストレートシルエットのコーディネートと相性がいいのは、縦ラインをつなげるロングブーツ。スカートのすそがブーツにかぶり、肌を隠すのが大人っぽく見せるコツです。

一見グレーの無地、よく見ると細かいモノトーンチェックのロングスカートに、シンプルなニットをINし、ロングブーツを合わせたエレガントなスタイリング。スカートのクラシックになりすぎない絶妙なシルエットが、鮮度を上げてくれます。モノトーンのコーディネートに差した、赤のスカーフが鮮やかに映えて。地味になりがちなトラッドには、色で、小物で、大人の女らしさを投入して。

【4】黒ニット×ツイードスカート

スカート・ニット・イヤリング・ネックレス・バッグ・ブーツ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート・ニット・イヤリング・ネックレス・バッグ・ブーツ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

極シンプルなカシミヤシルクのタートルニットを、ウール、シルク、モヘアなどをミックスした起毛感のあるモノトーンツイードのスカートにIN。3連の大ぶりなビジューで視線を上に、スカートの縦長ラインを生かしてコーディネートを。すそがかぶるくらいのレングスで、ロングブーツを合わせるのが正解。

【5】黒ニット×グレーファージレ×グレースカート

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

クルチアーニのカシミヤ100%のタートルネックニットに、ストレスフリーなプリーツスカートを合わせ、カシミヤファーのジレを合わせたきれいめカジュアル。ニットとブーツに黒をつなげてキレ味よく仕上げましょう。

ヘアアレンジなしでもおしゃれが決まるニットキャップは、休日に活躍。頭を温めて体温アップにつながる万能アイテムなので、外にいる時間が多い冬の日のマストアイテムです。

【6】黒ニット×ピンクパンツ

ニット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、椅子(hhstyle 青山ショールーム〈ClassiCon〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、椅子(hhstyle 青山ショールーム〈ClassiCon〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ほんのりスモーキーで、絶妙なニュアンスのあるペールピンクのパンツを主役に。ごくシンプルな黒タートルを合わせ、シャープに引き締めれば、甘いだけではなく洗練された大人の表情で着こなせます。

【7】黒ニット×スカーフ

ニット(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、スカーフ・時計(エルメスジャポン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、スカーフ・時計(エルメスジャポン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

一枚で絵になるたたずまいが成立するのが、黒タートルの魅力。潔いまでのシンプルさゆえ、パリマダムを真似て、プリントスカーフによるヘアアレンジにも違和感なく挑戦できそう。細くたたんだスカーフを後ろから前に、額の上でクロスさせて、後ろで結び、ヘアバンド風に。耳を隠すくらいが素敵。

メインの黒タートルは、カシミヤシルクの極細糸で編み上げた、ドゥロワーのリブニット。絶妙な光沢感となめらかな肌触りで、おしゃれプロのファン多数。

【8】黒ニット×黒スカート×チェックマフラー

スカート(Vince 表参道店)、ストール(エルメスジャポン)、ニット(wb)ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(wb)、スカート(Vince 表参道店)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

スリムなタートルニットにロングのレザースカートという、ダークトーンの装いに華やぎをもたらす、タータンチェックのカシミヤ大判ストールをポイントにしたコーディネート。ストールの温かな風合いは、黒レザーのクールな表情と好対照。印象の異なる素材を組み合わせることで、メリハリが生まれ、絵になる着こなしに。

【9】黒ニット×グリーンスカート

スカート・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット・スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

甘めなモヘアのローゲージニットを大人顔に仕上げるなら、レザースカートの引き締め効果を活用して。ミニマルな配色も、スタイリッシュなムードにひと役買っています。

【10】黒ニット×黒スカート

ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

素材ミックスで緩急をつけたオールブラックの装いに、ブレスレットのように付けられるファーのカフスをトッピング。手元が華やぐうえ、手首がしっかり温まるのもうれしいポイントです。

黒ニットにスキニーを合わせた秋コーデ


【1】黒ニット×黒レザースキニー×黒コート

Olivia Palermo(オリヴィア・パレルモ) 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ジゼル・ブンチェン 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

パリのシャルル・ドゴール空港でキャッチされた、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン。テントシルエットのアウターにざっくりとしたリブニット、レザーパンツと、異素材の黒を重ねることで、決して地味に陥らず、おしゃれ上級者のオーラを放っていました。「ワントーンは素材違いで」の攻略セオリーにぴったりはまった、お手本コーデです。

【2】黒ニット×ライトグレースキニー

Heidi Klum(ハイディ・クルム) 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ステラ・マッカートニー 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

カジュアルなスキニーデニムの着こなしであっても、知的な雰囲気が漂うステラ・マッカートニーのコーディネート。デザイナーらしく、ミニマルなニット×パンツを選びながらも、パイソン柄のトートバッグやクロコ柄のキャリーバッグで、辛口なメリハリを加えた旅スタイルに。足元がフラット靴で快適なのも、ジェットセッターらしい選択。

【3】黒ニット×黒スキニー

Jessica Alba(ジェシカ・アルバ) 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ヴィクトリア・ベッカム 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

夫のデビッド・ベッカムや子供たちと共に、カナダのスキーリゾート・ウィスラーを訪れたヴィクトリア。彼女の定番でもあるネイビーのタートルネックニットも、リゾート地に合わせて、ざっくり厚手のものをチョイス。雪山でも暖かく快適に過ごせるソレルのスノーブーツで、カジュアルシーンもセンス良く。

黒ニットにアウターを合わせた秋コーデ


【1】黒ニット×黒コート×ネイビーデニムパンツ

コート・カシミアニット・デニムパンツ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・カシミヤニット・デニムパンツ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ベーシックな黒のリバーシブルシェアリングコートに、薄手のカシミヤニットとデニムを合わせたハンサムコーデ。写真のように表革面を表に着ればシャープな表情に。起毛面を表にすれば、こなれ感のあるラグジュアリーアウターに。贅沢で表情豊かな黒のリバーシブルアウターは、秋冬に出番の多い一着になりそう。

【2】黒ニット×ベージュコート×チェックパンツ

コート(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(プラチナ JAPAN〈プラチナ01〉)、バッグ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、バッグ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

黒タートルニットとチェック柄パンツで仕上げた、シンプル&ベーシックな装いに、サンローランのコンパクトなトレンチコートを重ね、きりりとウエストマーク。チェーンショルダーをさりげなく手にする、こなれた女らしさの演出も、差がつくポイントです。

【3】黒ニット×黒ブルゾン×グレースカート

スカート(アマン〈アンスクリア〉)、ブルゾン(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント(MOGA)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ブルゾン(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、ペンダント(MOGA)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ロングのふんわりスカートにショートブーツを合わせた、フェミニンなコーディネート。主役のスカートは両サイドに深いタックの入ったボリュームあるAラインを選択。表面に凹凸のあるモノトーンツイードに、すそのフリンジが可憐な雰囲気を演出しています。このスカートのボリュームシルエットを生かすなら、トップスはコンパクトが条件。ショート丈のレザーブルゾンで、かっこよくてかわいい女を目指して!

【4】黒ニット×ネイビージャケット×黒パンツ

ジャケット・ニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、メガネ(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ポワレのピアス・バングル・オーレリー ビデルマンのバングル(ポアレ ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット・パンツ・ベルト・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、メガネ(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ポワレのピアス・バングル・オーレリー ビデルマンのバングル(ポアレ ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ゴールドボタンが象徴的な、正統派のネイビージャケットに、細身のパンツを合わせ、大胆なバックルベルトと足首見せで抜け感を出したスタイリング。主役のジャケットは、仕立てのよさが伝わってくるウールフラノのダブルブレスト。ジャケットの金ボタンとリンクするゴールドジュエリーをちりばめて、華やかさをアップさせて着るのがコツです。

【5】黒ニット×キャメルコート×黒パンツ

ダブルフェースカシミアのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

顔と首のバランスが美しく見えるコンパクトなネックラインのノーカラーコートは、黒のタートルニットですっきりと強調。艶のあるスティックパンツでシャープに、華やかにまとめたい。

【6】黒ニット×グリーンコート

コート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(トラデュイール)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ソフィー ブハイのピアス・リング・ストラスブルゴのバッグ(ストラスブルゴ)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(トラデュイール)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ソフィー ブハイのピアス・リング・ストラスブルゴのバッグ(ストラスブルゴ)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

フォレストグリーン×黒のビターな配色で、モードを香らせた冬コーデ。ドロップショルダーのコートは、ベルトをキュッと締めてウエスト位置高く。パールのピアスで重心を上げ、小ぶりバッグで軽やかに見せるといった、身長150㎝台の小柄な女性ばバランスよく着こなすテクニックを採用しているため、着こなしにリズムが生まれます。

【7】黒ニット×グレージュコート

コート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(コロネット〈エアロン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉)、靴(エストネーション〈チェンバー〉)、ネックレス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、グローブ(アマン〈アルポ 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(コロネット〈エアロン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉)、靴(エストネーション〈チェンバー〉)、ネックレス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、グローブ(アマン〈アルポ 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ヘアカーフ素材の黒タイトスカート×グレージュコート×黒小物という、エレガントさを極めた装い。それらをつなぎ、エレガントに導くのがモノトーンスカーフ。首周りにふんわりとボリュームをもたせた巻き方で、視線を上に。

【8】黒ニット×レッドコート

ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

肌に吸い付くようななめらかさが魅力の、極細18ゲージウールで編み上げた黒タートルニットに、九分丈パンツに合わせ、鮮やかなコートをふわり。トマトレッドのウール生地をたっぷり使ったビッグシルエットのコートを、黒一色のスリムな着こなしに合わせたら…、コントラストの美しさに、ドキッとします。

【9】黒ニット×黒ジャケット×グリーンパンツ

撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
すべてスタイリスト私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ウィークエンド マックスマーラのワイドパンツを主役にした、華やぎパーティスタイル。ボリュームボトムをバランスよく見せる秘訣は、ウエストを意識させること。このコーディネートの場合、トラデュイールの黒タートルをインにし、リビアナ・コンティの黒レザーのショート丈ブルゾンをはおってコントラストをつけると、理想のメリハリが生まれています。

【10】黒ニット×チェックジャケット×チェックパンツ

ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

デザインにポイントがある「進化系チェック」のスーツを使った通勤コーデ。やや高めのウエスト位置に施された幅広ブラックのあしらいが、端正なチェックのスーツから女らしさを引き出すアクセントに。しなやかなビスコース素材も、フェミニンムードを感じさせる一助に。マノロ ブラニクの深いブルーのヒール靴で、艶っぽさを加えて。

秋の黒ニットコーデの関連記事