バゲットをおいしく味わうのは、パリッとした食感と芳しい香りが楽しめる焼きたてに限る。フランス人がオープン前に店に並ぶのは、そのおいしさを知っているからだ。

 世界の有名レストランで愛用されるセ・クォアのブレッドバスケットは、焼きたてのパンをベストな状態にキープしてくれる保存袋。やわらかで通気性のよい麻素材は、パンの熱と水分をほどよく外へ逃がしながら、しっかりと乾燥を防ぐ。

 その秘密は2重構造になった生地に詰め込まれたたくさんのサクランボの種子。ヨーロッパでは古くから保温材として、枕やカイロなどに使われているという。フレンチの三ツ星シェフ、アラン・デュカス氏が、店のサーブ用に特別オーダーしたのも納得だ。
 オーブンやレンジで温めたものとはひと味違う、パンを愛する料理人が認めた麻のブレッドバスケット。焼きたてのバゲットを入れておけば、三ツ星レストランのような優雅な気分に。天然素材だけが持つ独特の存在感と風合いは、テーブルの上をこれまで以上に鮮やかに彩ってくれる。

2重構造の袋の中には保温材の役割を担うサクランボの種がぎっしり

上L(直径27×高さ30㎝)¥14,000・下S(直径18×高さ20㎝)¥9,500(トリコ〈セ・クォア〉)オンラインからも購入可能。http://www.bytrico.com/shopdetail/087009000005/

いかがだろうか、元来は焼きたてパンを保存するのに最も適したアイテムだが、家庭用の電子レンジ(高周波出力500W)で麻袋を約2分間温めれば、内蔵されたサクランボの種の効果で、なかにつつんだ食物を保温することも可能。パンと同様に、湿気や乾燥からも防いでくれる。アイディア次第で料理にも活用できる名品は、手に入れて損はない。

※価格はすべて税抜です。※価格はすべて2016年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
小池高弘 イラストレーター・ライター
BY :
MEN'S Precious2016年夏号「麻」名品の猛き風格より
イラストレーター・ライターとして書籍や雑誌、ウェブなどで活躍。ホームページの「Table Talk」も好評。夫婦の共著に『家がおしえてくれること』(メディアファクトリー刊)がある。
公式サイト:Table Talk
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・小池紀行(パイルドライバー/静物) スタイリスト/石川英治(tablerockstudio) 文/小池高弘